• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

日本の難民アレルギー、原風景に「バルタン星人」?

2015年11月10日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

写真:gremlin/Getty Imeges

 日経平均株価やドル/円相場など多くのマーケットが今年前半に形成したレンジの中での上下動にとどまっている時間を活用して、日本の経済・社会のさまざまな問題について、いま一度冷静に考えてみることも有意義だろう。今回は、日本の難民受け入れが他の先進国と比べて極端に少ないことを取り上げたい。

 日本の2014年の「認定難民」(出入国管理及び難民認定法、いわゆる入管法の規定に基づき難民として認定された人)は、前年の6人から増えたものの、わずか11人だった<図>。審査件数に対する認定率は0.3%にとどまり先進国では最低水準で、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)によると同年の世界平均は27%だという。

■図:認定難民数
(出所)法務省

 こうした日本における難民認定の少なさは、1951年に採択されて81年に日本も加入した難民条約における難民の定義、すなわち「人種、宗教、国籍若しくは特定の社会的集団の構成員であること又は政治的意見を理由に迫害を受けるおそれがあるという十分に理由のある恐怖を有するために、国籍国の外にいる者」に沿って、法務省が入管法をきわめて厳格に運用したことに原因があるように思われる。

 しかし、UNHCRのホームページによると、難民という言葉は今日では、政治的な迫害のほか、武力紛争や人権侵害などを逃れるために国境を越えて他国に庇護を求めた人々も指すようになっている。

難民認定に極めて慎重な日本

 また、紛争などによって住み慣れた家を追われたが国内にとどまっているか、国境を越えずに避難生活を送っている「国内避難民」も増加しており、難民と同様に外部からの援助が必要なのだという。時代の変化とともに、保護すべき「難民」の定義は拡大する方向にあると言えそうだ。

 シリア人の難民申請に対する日本の法務省の対応も、慎重なものにとどまっている。内戦が続くシリアからは約400万人が世界各国に逃れており、日本では約60人が難民申請している。だが、難民認定されたのは1家族3人だけだと、10月19日の毎日新聞夕刊が報じていた。その関連でNPO法人難民支援協会の石井宏明・常任理事のインタビュー記事も掲載されていたので、一部を引用したい。

 「難民の受け入れを『負担』の一面だけで見るべきではない。多様な人が活躍できる社会を築けば、日本はより豊かになる」

 「先日の国連総会で、安倍晋三首相は難民問題への財政的な貢献を強調した。だが、世界の主要国に受け入れ分担を求める声が上がっており、金銭的な支援だけでは『見て見ぬふり』と批判されかねない」

コメント47件コメント/レビュー

日本にはすでに60万人以上の韓国人更に最近は韓国人より多い中国人が定住するようになった。彼等を難民とよべるのではないか。朝鮮戦争で日本に逃げてきて、其の時の恐怖を話してくれた北朝鮮出身の家族たちは日本で成功して更なる自由を求めて家族の一部は米国へ行った。日本では定住権を得ても差別を感じる為だろう。日本に朝鮮戦争の後、難民の様にして来たのは元の宗主国だったからだろう。今シリア人達は元の宗主国フランスやイギリスへ難民としてわたっているのに日本は受け入れないという理屈はおかしい。又ドイツをはじめヨーロッパ全体でユダヤ迫害のためアラブ人にそのつけを払わせ中東戦争4回で欧州の勝利だった。日本は関係ない。(2015/11/21 11:31)

「上野泰也のエコノミック・ソナー」のバックナンバー

一覧

「日本の難民アレルギー、原風景に「バルタン星人」?」の著者

上野 泰也

上野 泰也(うえの・やすなり)

みずほ証券チーフMエコノミスト

会計検査院、富士銀行(現みずほ銀行)、富士証券を経て、2000年10月からみずほ証券チーフマーケットエコノミスト。迅速で的確な経済・マーケットの分析・予測で、市場のプロから高い評価を得ている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

日本にはすでに60万人以上の韓国人更に最近は韓国人より多い中国人が定住するようになった。彼等を難民とよべるのではないか。朝鮮戦争で日本に逃げてきて、其の時の恐怖を話してくれた北朝鮮出身の家族たちは日本で成功して更なる自由を求めて家族の一部は米国へ行った。日本では定住権を得ても差別を感じる為だろう。日本に朝鮮戦争の後、難民の様にして来たのは元の宗主国だったからだろう。今シリア人達は元の宗主国フランスやイギリスへ難民としてわたっているのに日本は受け入れないという理屈はおかしい。又ドイツをはじめヨーロッパ全体でユダヤ迫害のためアラブ人にそのつけを払わせ中東戦争4回で欧州の勝利だった。日本は関係ない。(2015/11/21 11:31)

>「一般市民は常に経済学的に矛盾のない行動をとる」 この命題については是非上野氏の見解をお伺いしたいものです。経済学で想定する「エコノミック・アニマル(=合理的に行動する人間)」については「人間は感情的動物だからそんなに割り切って行動しない」という批判があり、その反省から行動ファイナンス理論が盛んになりましたが、こと自分自身の人生に関する重大事には極めて経済的合理性のある行動が主流となっているように思います。日本人の貯蓄率、株式保有率、晩婚化、少子化、離婚率、持ち家率、家事分担等々。どんなに政府や有識者が啓蒙しようとしても人は頑なに経済的合理性のある方を選択し続けるように見えます。移民・難民についても経済的合理性があれば自然に受け入れの方向へ世論は向かうでしょう。移民を推進したければ、人権や国際世論を楯にするよりも有効な方策があるということです。(2015/11/18 18:37)

>移民を入れない少子高齢化先進国の一例があってもいいのではないか?

あっていいでしょう。
で、年金制度はどうします?(2015/11/18 15:35)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長