• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「デスノート」から浮かび上がる「現代の若者」像

2015年11月17日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

若者の未来を真剣に考えよう

 日本という国が将来どういうコースをたどり、繁栄・衰退いずれに向かうのかを最終的に決めるのが、現在の若い世代であることは論を待たない。そうした問題意識も抱きつつ、筆者はさまざまなジャンルの本を読むようにしている。ここでは、最近読んだものの中から3冊から引用して、取り上げたい。いずれも問題点の率直な指摘や考えさせられる内容を含んでいた。

「精神的な飢え」が頑張る原動力に

①がんばる芸能人の「精神的な飢え」を指摘した、中森明夫『寂しさの力』(新潮新書)

第3章「芸能界は、さみしさの王国」

「私はこれまでにたくさんの芸能人を取材してきました。そうして彼ら、彼女らに共通するところがあるのに気づいた」

「実に複雑な家庭で育った人が多いんですよ」

「端的に言って、片親。幼くして両親が離婚している。父や母が亡くなっている。親が再婚して血のつながらない兄弟姉妹がいる。義理の父や母に子供の頃からいじめられたり、虐待を受けた者も珍しくない」

「ハングリー精神という言葉があります。貧しいから、がんばる。飢えているから、欲望が強い。成功したい。お金が欲しい。偉くなりたい。今より高い地位、豊かな生活をめざしたい」

「人間にある基本的な原動力です」

「とはいえ、今や飢えて死ぬような貧しい人は、もうこの国にはいないでしょう。経済的なハングリーではない。たとえば家族関係に恵まれない―といった精神的な飢えが浮上する」

「芸能界は大変なところです。入ってみたら、見かけの華やかさと違って、とてもきびしい。縛りはきついし、毎日が激しい生存競争で、成功して生き残るのは至難の業。たいていの人は、すぐにやめてしまう」

「そう、やめてしまうのが普通なんですよ。やめないとしたら、よほどの理由がある。たとえば、そう、ハングリー精神。お金じゃないんですね。精神的な飢えのようなもの。そこで片親の子供、複雑な家庭で育った娘といった話になるんです」

「あるオーディションの審査会でのこと。主催の芸能プロダクションの社長さんが候補者の履歴書を見ていて、こういった。『おっ、この子は片親だな。いいよ。片親の子はがんばるから見込みがある』」

 日本で人気が出ているタレントはたしかに、子どもの頃に両親が離婚して母親だけに育てられるなど、不幸な家庭環境で育ったケースが少なくないように思う。親のすねをかじるといった甘えが通用しないからこそ、芸能界という厳しい世界で孤独に耐えながらじっと努力を続けることができて、それが最終的な飛躍につながるのだろう。

コメント15

「上野泰也のエコノミック・ソナー」のバックナンバー

一覧

「「デスノート」から浮かび上がる「現代の若者」像」の著者

上野 泰也

上野 泰也(うえの・やすなり)

みずほ証券チーフMエコノミスト

会計検査院、富士銀行(現みずほ銀行)、富士証券を経て、2000年10月からみずほ証券チーフマーケットエコノミスト。迅速で的確な経済・マーケットの分析・予測で、市場のプロから高い評価を得ている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員