• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

読者の皆様からのフィードバック

上野泰也のエコノミック・ソナー 「幼児教育・保育無償化」の落とし穴

レビュー

とても参考になった
 

25%

まあ参考になった
 

2%

参考にならなかった
 

71%

ぜひ読むべき
 

25%

読んだほうがよい
 

0%

どちらでもよい
 

74%

いただいたコメント

ご協力いただきありがとうございます。日経BP社は,読者の皆様からの投稿の内容につきまして,その信頼性,適法性などを一切保証いたしません。何らかのトラブルが発生した場合,日経BP社は一切,責任を負いませんので,皆様の自己責任においてご利用願います。

教育無償化の目的は、少子化でつぶれて行く学校の延命でしょう。学校にお金ばらまくわけですから利権だらけで議員にとっても役人にとってもおいしい話です。幼児教育、保育無償化はその付けたしみたいなものではないかと。だから無償化の実質的な効果などどうでもよくて、誰にどれだけの金が入るのかしか政治は見ていない。その辺もちょっとは書いてほしかった。(2017/12/08 11:35)

>認可外保育所の場合は認可保育所の平均保育料である月3万5000円支給を検討

詳しく知らないが、認可外保育所に子供を入れる大半の人は認可保育所に入れられなかったからでは?3万5000円を超える差額は、運が悪かった親の罰なのだろうか?
むしろ認可保育所の場合はそのままで、認可外保育所の場合は認可保育所との差額を全額支給すべきでは?
お稽古ごとのように内容が充実しているが故の高額な認可外保育所があるなら、それは別だが。(2017/12/07 22:24)

単純な人は一部業種の求人倍率のみで、人手不足と単純に考えてしまう。しかし、もう少し注意して考えれば、GDPの推移や、低い求人倍率の業種の存在くらいからでも、そんなに単純でないことが理解できるはずだ。分かりやすい尺度としては、賃金がどんどん上昇するようになれば、不足気味になってきたと言えるだろう。

しかし株からの配当を期待する投資家にとっては、賃金上昇は配当を下げるので好ましくないことだ。労働者は余っていて、買い手市場にしておきたいから、足りていない状況でも、いかにも余っていると思えるような情報ばかり盛んに発信し、移民を勧めたりする。

教育に対する国の支援には反対する理由はないだろう。反対するとすれば、財源とか財政均衡重視とかによるものであろうが、それは貨幣とは何かということを理解していない誤りである。(2017/12/07 09:47)

>貴方のような低劣な差別論者が、“外国人労働者”を犯罪に追いやるんじゃないんですか?

実際にどうなるかはおいて、って書いたでしょ?
違う文化、法律の下で暮らしてきた人が沢山入ってきたらトラブルが増えるし、人が増えれば単純に犯罪が増える。
ただその中でも、それまであまり聞いたことがなかった外国人労働者による犯罪がよく見聞きされるようになれば「治安が悪くなった」と思うのが普通の人でしょう。
自分の頭の悪さを棚に上げて他人を差別論者呼ばわりとかいい加減にして欲しいね。
それとも「そういう差別をベースにした考え方があるということ自体を容認しているから差別論者」とか本気で思っている人?(2017/12/05 23:51)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長