• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

米国と北朝鮮の協議は「入り口」が難しい

トランプ氏は素直な「幼稚園児」でいられるか?

2017年12月12日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

予測不可能な、2つの国の指導者。(写真:写真:AFP/アフロ)

マーケットで影の薄くなった「北朝鮮情勢」

 マーケットでは最近、北朝鮮情勢の影がすっかり薄くなっている。11月29日に大陸間弾道ミサイル(ICBM)を久しぶりに発射した際も、市場参加者の反応はごくわずか。米国では議会での税制改革法案の審議動向の方がはるかに大きな関心事で、翌30日のウォールストリートジャーナル1面の紙面構成もそのようになっていた。日本の新聞は米国本土まで届き得る射程距離があるとみられるICBM「火星15」発射を1面トップでこぞって報じたが、東京株式市場で日経平均株価は29日も30日も堅調に推移した。

 11月29日に「火星15」を発射するまで約2カ月半も挑発行動をとらなかった北朝鮮は、米国との間で外交交渉を開始することを強く望んでいるように見える。

 それは、核・ミサイル開発がゴールに近づいて交渉に応じる態勢ができたこともあるが、より直接的には首都平壌におけるガソリン不足など、国連安保理で決議されたものを中心とする経済制裁の効果がじわり出てきたからだろう。また、トランプ米大統領による度重なる脅しのメッセージ発信が、予測不可能な言動をとりがちなこの人物による「まさか」的なケース発生への警戒感につながった面もあるかもしれない。

コメント13件コメント/レビュー

>アメリカ国民は候補者を良く見て良く聞いて選挙をやっています。

とてもそうとは思えぬ。買い被りすぎでは。
では日本はどうでしょう?欧州の各国はどうでしょう?そのほかの地域はどうでしょう?
全体を俯瞰してみれば、特段、吟味の末に優れた候補を選出しているというわけではない、ということは判るように思うけれど、違うのでしょうか。(2017/12/14 14:18)

「上野泰也のエコノミック・ソナー」のバックナンバー

一覧

「米国と北朝鮮の協議は「入り口」が難しい」の著者

上野 泰也

上野 泰也(うえの・やすなり)

みずほ証券チーフMエコノミスト

会計検査院、富士銀行(現みずほ銀行)、富士証券を経て、2000年10月からみずほ証券チーフマーケットエコノミスト。迅速で的確な経済・マーケットの分析・予測で、市場のプロから高い評価を得ている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

>アメリカ国民は候補者を良く見て良く聞いて選挙をやっています。

とてもそうとは思えぬ。買い被りすぎでは。
では日本はどうでしょう?欧州の各国はどうでしょう?そのほかの地域はどうでしょう?
全体を俯瞰してみれば、特段、吟味の末に優れた候補を選出しているというわけではない、ということは判るように思うけれど、違うのでしょうか。(2017/12/14 14:18)

>鈴置リポートを妄信し過ぎな人多くない?

過去の予測が誰よりも当たっているのですから、未来の予測も精度が高いだろうと推測するのはある意味当然の話では?
「妄信」ということなら、他コラムに数多ありますよね。やれ「日本が財政破綻する」だの「メルケルは過去最高の指導者」だの「AIIBに不参加の日本は愚か」だの(笑)。メディアリテラシーを鍛える場だと思って閲覧しています。(2017/12/14 10:40)

鈴置リポートを妄信し過ぎな人多くない?(2017/12/13 22:17)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

生産性が悪いというのは、集中してやる、時間内に仕事を終えるという気持ちが足りないんです。

岡藤 正広 伊藤忠商事社長