• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

景気は改善するも、「エース」が不在の日本経済

本格的に景気回復する「大吉」は期待薄

2017年1月1日(日)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

お正月限定企画として、日経ビジネスの人気連載陣に、専門分野について2017年の吉凶を占ってもらいました。
今年はどんな年になるでしょう。
お正月企画の記事一覧はこちらから

内閣府、基調判断を「改善」に上方修正

 2016年12月7日に発表された10月の景気動向指数速報値で、一致指数はまとまった幅で2カ月連続の上昇を記録した。判定の条件が満たされたため、内閣府はこの指数の基調判断を「足踏みを示している」から「改善を示している」に引き上げた。判断の上方修正は22カ月ぶりのことであり、景気のベクトルは足踏み・横ばい状況を脱して、上向きに変わったと言うことができるだろう。

 今の日本経済の最大の特徴は「エースピッチャーの不在」だと、筆者は位置付けている。相応の力強さを伴って持続的・安定的に経済を成長させる需要項目が見当たらない中で、何人ものピッチャーによる継投策により日本経済はなんとかしのいで、小幅のプラス成長となっている。2016年秋からは電子部品、半導体製造装置、普通乗用車などの輸出が好調に推移して、景気を持ち上げている。

「トランプラリー」が続き、足下では株高傾向が進んでいるものの、相変わらず「エースピッチャー」が不在の日本経済。(写真:PIXTA)

「トランプラリー」による収益上振れを期待

 また、「トランプラリー」の下で急速に進んだ円安・株高が製造業・加工業種を中心に収益上振れ期待につながっている。12月14日に発表された日銀短観(全国企業短期経済観測調査)12月調査で、企業の景況感は改善した。さらに、4-6月期から半年程度は、2016年度第2次補正予算に計上された公共事業が景気を下支えすると見込まれる。

 主役不在なれどそこそこの景気回復が続くという意味で、2017年の景気は、大きな分類では「吉」の部類に入るだろう。少なくとも、景気が後退する「凶」や、金融システムが動揺するほどの大幅に景気が落ち込む「大凶」となる可能性は、現状小さい。

コメント1件コメント/レビュー

新年、あけましておめでとうございます。
「景気の改善」をどのように定義しているのか分かりかねますが、一般的な定義であるGDPの増減に関していえば、上野さんも指摘の通り牽引役不在であり、政策にも期待が持てないため「末吉」あたりが妥当であると思われます。
海外情勢に関していえば、反グローバリズムの動きが活発化し、フランスではルペン氏が大統領となりEU崩壊に拍車がかかると思われますが、日本には大きな影響はないと思われます。その影響でチャイナの景気が悪化し、あぶれた労働者が日本を目指してやってくることが考えられますが、この点において労働者の受け入れを行った場合、実質賃金の低下を招き日本の労働者にとっては「凶」と出るでしょう。(上野さん的には「大吉」かもしれませんね)
それから、「生産性向上」についてはインフラ整備(整備新幹線でも、電柱(ライフライン)地中化でも、電子カルテのマイナンバー利用の一元化でもいいと思われる)を指していると思うのですが、予算制約と政治団体の圧力がなければ具体化すると思うのですけれども?
それを後押しするのがエコノミストの役割ではないでしょうか。
株価については通貨レートで変動するため言及を避けたいところですが、フランス大統領選までは微増続伸を続け、その後ルペン氏の当選による円高によって急落、その後徐々に回復といった展開ですかね…ということで、株価「中吉」ぐらいの予測です。
さて、今年の予測を羅列しましたが、上野さんよりはマトモであると確信しています。
何かのきっかけで日本(の政策)も「反グローバル」という「グローバルな潮流」に乗って復活しないものかと期待はしているのですが・・・【あん肝】(2017/01/01 23:36)

「上野泰也のエコノミック・ソナー」のバックナンバー

一覧

「景気は改善するも、「エース」が不在の日本経済」の著者

上野 泰也

上野 泰也(うえの・やすなり)

みずほ証券チーフMエコノミスト

会計検査院、富士銀行(現みずほ銀行)、富士証券を経て、2000年10月からみずほ証券チーフマーケットエコノミスト。迅速で的確な経済・マーケットの分析・予測で、市場のプロから高い評価を得ている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

新年、あけましておめでとうございます。
「景気の改善」をどのように定義しているのか分かりかねますが、一般的な定義であるGDPの増減に関していえば、上野さんも指摘の通り牽引役不在であり、政策にも期待が持てないため「末吉」あたりが妥当であると思われます。
海外情勢に関していえば、反グローバリズムの動きが活発化し、フランスではルペン氏が大統領となりEU崩壊に拍車がかかると思われますが、日本には大きな影響はないと思われます。その影響でチャイナの景気が悪化し、あぶれた労働者が日本を目指してやってくることが考えられますが、この点において労働者の受け入れを行った場合、実質賃金の低下を招き日本の労働者にとっては「凶」と出るでしょう。(上野さん的には「大吉」かもしれませんね)
それから、「生産性向上」についてはインフラ整備(整備新幹線でも、電柱(ライフライン)地中化でも、電子カルテのマイナンバー利用の一元化でもいいと思われる)を指していると思うのですが、予算制約と政治団体の圧力がなければ具体化すると思うのですけれども?
それを後押しするのがエコノミストの役割ではないでしょうか。
株価については通貨レートで変動するため言及を避けたいところですが、フランス大統領選までは微増続伸を続け、その後ルペン氏の当選による円高によって急落、その後徐々に回復といった展開ですかね…ということで、株価「中吉」ぐらいの予測です。
さて、今年の予測を羅列しましたが、上野さんよりはマトモであると確信しています。
何かのきっかけで日本(の政策)も「反グローバル」という「グローバルな潮流」に乗って復活しないものかと期待はしているのですが・・・【あん肝】(2017/01/01 23:36)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

夢の実現にあたっては強く「念ずる」。そうした心構えを支えにビジネスの世界の荒波を渡ってきました。

後藤 忠治 セントラルスポーツ会長