• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

覚えがめでたいのはリスクでもある

フューチャーアーキテクト金丸恭文会長兼社長

2015年6月29日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

日本記者クラブで農業改革について会見する金丸恭文氏(2014年7月23日、写真提供:日本記者クラブ)

 金丸恭文(61)は上場会社のフューチャーアーキテクトの会長兼社長だが、政府の仕事が忙しい。安倍晋三首相が議長の産業競争力会議の議員であり、規制改革会議では農業ワーキンググループの座長として農業改革を推進している。

 こうした仕事は一昔前ならば、重厚長大企業の会長、社長などのいわゆる財界人が中心になって担っていた。金丸は時代の変化を象徴しているが、同じ新興勢力の楽天の三木谷浩史会長兼社長やサントリーホールディングスの新浪剛史社長と比べて、一般になじみが薄い。

 三木谷や新浪の会社はわかりやすい。ネット販売の楽天や、新浪が社長だったコンビニエンスストアのローソンは消費者相手だ。サントリーの製品も身近にある。フューチャーアーキテクトは企業向けのIT(情報技術)コンサルティングが主要業務で、情報システムの構築などを行う。いわばプロが相手で、普通の人とは直接、接点が無い。

知名度の低さが得になる

 金丸は、知名度が低いことが時と場合によっては得だと考える。かつて挫折の歴史をたどってきた農業改革を、規制改革会議で担当することになった時である。「現状維持を望む人たちには、私は未知の人物でしょう。フューチャーアーキテクトとは何の会社かわからないし、金丸なんて聞いたこともない。おかげで私は考える平穏な時間を持てると思いました」。

 農業について門外漢と見て、何もできないだろうと腐すメディアも一部にあった。例えば雑誌「FACTA」(2014年4月号)は、農業専門紙記者の「規制改革会議はド素人」という言葉を紹介して、「ITコンサルタント会社経営の金丸恭文氏(おバカの筆頭か)を座長に」とこき下ろした。本人は「僕に期待するから、ああ書くのか、全然わかっていないのか、どちらでもいいやと思いました」と気にしていない。

 金丸はもともと一般受けするような道を歩んでこなかった。逆説的だが、それが経営者として成功し、政府の仕事に引っ張り出される原因になった。農業問題で最も厄介な農協改革に関して相当思い切った答申案をまとめたのも、困難な現実にも容易に妥協しない性格だからだろう。金丸が26年前に創業したフューチャーアーキテクト(当時フューチャーシステムコンサルティング)がそもそも特異な会社である。

 当時の業界の常識では、成り立つとは思えなかった。「よした方がいい」と忠告する人もいたほどだ。まだ汎用コンピューターが大型システムの中心で、大手コンピューターメーカーがソフトハウスを下請けに使って、主要企業のシステム作りを請け負う時代である。プログラマーを多数抱えた労務提供型の事業ならまだしも、ベンチャー企業に出る幕はないと思われた。

 金丸はどこの系列にも属さず、使用する機器やソフトもプロジュエクトに合わせて自由に取捨選択して、最適のシステムを組み上げる方針を貫いた。企業が情報システムを作る時に、大手のコンピューターメーカーを安易に使うと結果的に、そのメーカーの提供したいシステムを買わされ、不満足でも他に乗り換えるのが容易でなくなるケースがままあった。

コメント0

「森一夫が見た リーダーシップの源泉」のバックナンバー

一覧

「覚えがめでたいのはリスクでもある」の著者

森 一夫

森 一夫(もり・かずお)

ジャーナリスト

1950年東京都生まれ。72年早稲田大学政経学部卒。日本経済新聞社入社、産業部、日経BP社日経ビジネス副編集長、編集委員兼論説委員、コロンビア大学東アジア研究所、特別編集委員兼論説委員を歴任。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

全体の2~3割の人でも理解し、動き出してくれれば、会社は急速に変わります。

中村 克己 元ルノー副社長、前カルソニックカンセイ会長