• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

読者の皆様からのフィードバック

アメリカ現代政治研究所 「米朝会談」の成果はどうであれ、これは歴史だ

レビュー

とても参考になった
 

17%

まあ参考になった
 

28%

参考にならなかった
 

53%

ぜひ読むべき
 

25%

読んだほうがよい
 

15%

どちらでもよい
 

58%

いただいたコメント

ご協力いただきありがとうございます。日経BP社は,読者の皆様からの投稿の内容につきまして,その信頼性,適法性などを一切保証いたしません。何らかのトラブルが発生した場合,日経BP社は一切,責任を負いませんので,皆様の自己責任においてご利用願います。

実際に起きた事象は全てが歴史に残る。その事象に対する評価と「歴史に残る』ということの違いにトランプは気付いていないのかな・・・他所の国人が選んだ大統領だから評価できる立場ではないですが・・・トランプとトランプを選んだアメリカ人はバカではないかと疑ってしまう。(2018/06/15 07:10)

高濱先生!MSNBCのレイチェル・メドウが世紀の大発見をしました:なんとロシアと北朝鮮は国境を接していた!だから今回のトランプと金正恩の会談は、じつはプーチンを助けるためのものだったんです。(2018/06/14 22:20)

本気になれば、北朝鮮への経済制裁は機能することがわかった。

従って、北朝鮮はその時点で「負け」なのである。ただし、内部崩壊させないために北のメンツだけは保てるような会談結果にしたんだろうと思う。内部崩壊すると余波が様々な国に及ぶ。そんなとばっちりを受けるようなやり方は愚策だ。

あまり具体的な筋書きを庶民にオープンにすれば、蜂の巣をつついたような賛否両論が飛び交い、収拾がつかなくなる。それよりも成果は小出しにしていったほうが長持ちさせられる。そう確信し、あとはトランプ大統領が自分の思うがままに料理していこうという腹積もりなんだろう。

そこに相乗りしたのが安倍総理。あまり結論がハッキリしてしまっていては自分の成果にならないからね。まあ、落としどころだけはトランプ大統領と金正恩委員長とで決めておいて、そのプロセスはそれぞれに利があるようなシナリオを描いて少しずつ出していく。そこに安倍総理もわき役として入り込めれば万々歳でしょう。(2018/06/14 15:29)

このコラムを掲載する意味があるのだろうか。(2018/06/14 14:00)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

私自身もブラックベリーとともに育った人間。そんな会社がそのまま消滅するのを見たくなかった。

ジョン・チェン カナダ・ブラックベリーCEO