• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

米政権、ラスプーチンと将軍たちとの新たな戦い

火だねを残したホワイトハウスの人心一新

2017年8月10日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

新たに大統領首席補佐官に就任したジョン・ケリー氏(写真:AP/アフロ)

ドナルド・トランプ米大統領は、課題山積の中で17日間の夏休みに入りました。7月のホワイトハウスはまさにハリケーンが襲ったような感じでしたね。

高濱:8月に入ってもハリケーンの余波はホワイトハウスをすっぽりと包んでいます。まだまだ不安定な天候が続くと見る「政界天気予報」もあります(笑)

 トランプ大統領は、ロシアとの不透明な関係をめぐる「ロシアゲート」疑惑に対して積極的な動きをとらないと見なしているジェフ・セッションズ司法長官を更迭する可能性すらほのめかしているのですから。

 7月28日にはラインス・プリーバス大統領首席補佐官(*1)を、同31日には10日前に起用したばかりのアンソニー・スカラムチ広報部長(*1)をそれぞれ更迭しました。同26日には、ショーン・スパイサー報道官(*1)が辞任しています。
*1:プリ―バス氏の後任には7月31日、ジョン・ケリー国土安全保障長官が就任。スパイサー氏の後任はサラ・ハッカビー・サンダース副報道官が7月21日に昇格。スカラムチ氏の後任は8月6日現在未決定。

 政権発足から6カ月の間に首席補佐官、国家安全保障担当補佐官、報道官が全員交代するという異例の事態です。それでも「裸の王様」と化したトランプ大統領は、得意の「You're fired!」(*2)(お前は首だ!)の連発でした(笑)
*2:トランプ氏はかつてテレビ番組「アプレンティス」(見習い)に出演。「You're fired!」を決まり文句として使ったため、この表現は同氏のトレードマークになった。

ホワイトハウスの内紛はこれまでにも噂されてきましたね。

高濱:トランプ大統領の娘婿ジャレッド・クシュナー上級顧問に連なる中道派と、スティーブン・バノン首席戦略官・上級顧問らの保守強硬派との確執が注目されてきました。

 その中で両派の間に立って蝶つがいの役割を果たしてきたのが、プリーバス首席補佐官でした。共和党全国委員長だった経験からトランプ大統領と共和党保守本流の連絡役でもありました。そのプリ―バス氏の首を斬ったのですからワシントン政界は開いた口が塞がりません。

プリーバス氏を更迭した理由はなんですか。

高濱:プリーバス氏が「ウエストウィング」(ホワイトハウス行政府)を取り仕切ることができていたのは、一にも二にも大統領との信頼関係でした。

コメント1件コメント/レビュー

PCを操って世界を駆け巡るリーダーもいれば、私の政権期間中に〇〇や××を成就と宣うはいいが、言うばっかり(口先だけ)で何も成果物がない(どう、どのようにの方策も披瀝せず)ではないか。仲良し倶楽部宜しく、お友達親睦はいいが、狭いせまい、軽いかるいの批判は当たらずと雖も遠からずだ。核兵器保有国がいて、非保有国もいる世界にあって両方の仲立ちの役目を擁して核兵器禁止条約へのアプローチ(参加)をすると言うが、事なかれ先送りに過ぎない。先の大戦を知らない宰相には、日本國が世界で唯一無二の戦争による被爆・被害國であることがポイントであることを学び取って置いて欲しい。年寄りは、3300万人いる日本國の今、妙手を以て憲法改正(改悪)を言うより核兵器禁止の叫びこそ優先させる施策ではないのか。変なリーダーもいれば、彼を取り巻くラスプーチンや将軍、幕閣もいよう、この現世。新しい外務大臣は一寸変かな、一寸他国のリーダーとの対峙で面白いかと思っていたら、首を挿げ替えたように沖縄・北方領土担当大臣さん、民の溜飲を下げるような真面目そのもの、小手先の運用例見直しで繕ってきた不平等協約について、人柄を滲み出して沖縄の日米地位協定に言及、昨今の最痛快譚か。働き方改革の前に不作為政策の洗出しと着手、仕事人内閣に相応しい元標回帰のすすめを喫緊の課題にして欲しいと考えるが如何。(2017/08/10 10:52)

「アメリカ現代政治研究所」のバックナンバー

一覧

「米政権、ラスプーチンと将軍たちとの新たな戦い」の著者

高濱 賛

高濱 賛(たかはま・たとう)

在米ジャーナリスト

米政治・経済・社会情勢を日本に発信している。1969年、米カリフォルニア大学卒業、読売新聞社に入社。米特派員、総理官邸・外務省担当キャップ、デスクを経て、調査研究本部主任研究員。98年からUCバークレー校上級研究員。同年から現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

PCを操って世界を駆け巡るリーダーもいれば、私の政権期間中に〇〇や××を成就と宣うはいいが、言うばっかり(口先だけ)で何も成果物がない(どう、どのようにの方策も披瀝せず)ではないか。仲良し倶楽部宜しく、お友達親睦はいいが、狭いせまい、軽いかるいの批判は当たらずと雖も遠からずだ。核兵器保有国がいて、非保有国もいる世界にあって両方の仲立ちの役目を擁して核兵器禁止条約へのアプローチ(参加)をすると言うが、事なかれ先送りに過ぎない。先の大戦を知らない宰相には、日本國が世界で唯一無二の戦争による被爆・被害國であることがポイントであることを学び取って置いて欲しい。年寄りは、3300万人いる日本國の今、妙手を以て憲法改正(改悪)を言うより核兵器禁止の叫びこそ優先させる施策ではないのか。変なリーダーもいれば、彼を取り巻くラスプーチンや将軍、幕閣もいよう、この現世。新しい外務大臣は一寸変かな、一寸他国のリーダーとの対峙で面白いかと思っていたら、首を挿げ替えたように沖縄・北方領土担当大臣さん、民の溜飲を下げるような真面目そのもの、小手先の運用例見直しで繕ってきた不平等協約について、人柄を滲み出して沖縄の日米地位協定に言及、昨今の最痛快譚か。働き方改革の前に不作為政策の洗出しと着手、仕事人内閣に相応しい元標回帰のすすめを喫緊の課題にして欲しいと考えるが如何。(2017/08/10 10:52)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

組織を正しい方向に導き、 作り変えていける人が、優れたリーダーです。

ジェニー・ダロック 米ピーター・F・ドラッカー伊藤雅俊経営大学院学長