• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

米民主党は上院奪還へ、下院でも大躍進の兆し

共和党候補は「疫病神トランプ」のため次々と討ち死

2016年10月27日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

共和党議会のトップ、ポール・ライアン下院議長がトランプ大統領候補を見限って、同時に行われる上下両院選で議席を死守することに集中していますね。上下両院の議席について現在の予想はどうなっていますか。

米下院議長を務める米共和党のポール・ライアン議長。トランプ現象が議会選に与える影響に危機感を募らせている(写真:AP/アフロ)

高濱:ライアン氏の危機感は大変なものです。大統領選は最終段階で米民主党のヒラリー・クリントン候補が米共和党のトランプ氏に大きく水をあけています。クリントン氏が勝利する確率を93%と予測する調査機関まで出ています。
"Who will win the presidency?" 2016 Election Forecast, FiveThirtyEight, 10/24/2016)

 「女性蔑視発言」から露骨な人種差別発言まで様々な暴言が積もり積もって、「大統領としての資格なし」といった「査定」が下されたようです。こうした見方は民主党支持者や無党派層ばかりでなく、共和党支持者の一部にも浸透しています。

 その火の粉は、2014年以降、上下両院で過半数を占めてきた共和党にも広がっています。共和党としては、たとえホワイトハウスを奪還できなくても、議会の「城明け渡し」だけは阻止したいところ。しかし「共和党が上院での過半数を堅持するにはもはや手遅れ」(米主要紙の政治記者)といった声すら聞こえてきます。

 最新の予想では、民主党が上院で過半数を得る確率は74.1%、共和党は25.9%。どうやら「城明け渡し」となる可能性が出てきました。
"Chance of winning control," 2016 Election Forecast, FiveThirtyEight, 10/26/2016)

 共和党カリフォルニア州支部の幹部の一人は、筆者にこうホンネをぶちまけています。「トランプ以外のある程度まともな大統領候補を立てていれば、共和党勢力が強い下院はもちろん、上院だって過半数を守れた。『疫病神トランプ』のお陰でひどい目に遭っている共和党現職候補がそこら中にいる。トランプの『セクハラ』のイメージが共和党候補に乗り移っているのだ」。

「女性を敵に回して選挙には勝てない」

トランプ氏の「わいせつ発言」のインパクトは「女性を尊重する国・米国」の国民にとっては想像以上に大きいのですね。それで、上院はどうなりそうですか。

高濱:上院は任期6年で、2年ごとに3分の1の議席を改選します。今回の改選数は共和党24議席、民主党10議席の合計34議席です。

選挙前の両党の勢力は以下の通りです。

民主党 共和党 独立系
現議席数 44 54 2(民主党寄り)
改選数 10 24

 選挙予想・分析の分野で全米屈指の存在である、バージニア大学政治センターのラリー・サバト教授の予想を紹介しましょう。

コメント1件コメント/レビュー

メディアと1大学教授の分析を元に積み上げているようだが、メディアが日本以上に偏向しており、殆どが民主党=クリントン支持なのだから、彼らが選挙終盤にクリントン有利とするのは定番。
実際クリントンを、健康問題及びメール問題等で危惧する人たちも大勢いる。
ちょっと前まではメディア自体もクリントン当確を打てなかったのだから。
あと少しの選挙期間で何か起きれば簡単にひっくり返る程度の差しかなく、最後までどうなるか判らないでしょう。(2016/10/27 13:30)

「アメリカ現代政治研究所」のバックナンバー

一覧

「米民主党は上院奪還へ、下院でも大躍進の兆し」の著者

高濱 賛

高濱 賛(たかはま・たとう)

在米ジャーナリスト

米政治・経済・社会情勢を日本に発信している。1969年、米カリフォルニア大学卒業、読売新聞社に入社。米特派員、総理官邸・外務省担当キャップ、デスクを経て、調査研究本部主任研究員。98年からUCバークレー校上級研究員。同年から現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

メディアと1大学教授の分析を元に積み上げているようだが、メディアが日本以上に偏向しており、殆どが民主党=クリントン支持なのだから、彼らが選挙終盤にクリントン有利とするのは定番。
実際クリントンを、健康問題及びメール問題等で危惧する人たちも大勢いる。
ちょっと前まではメディア自体もクリントン当確を打てなかったのだから。
あと少しの選挙期間で何か起きれば簡単にひっくり返る程度の差しかなく、最後までどうなるか判らないでしょう。(2016/10/27 13:30)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長