• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ラリーカーの破損パーツは「戦利品」?!

極寒の中でも、ラリーは楽し!

  • 岡本 ゆかり

バックナンバー

2015年6月20日(土)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今年の2月、スウェーデンのハグフォースという街で、こんな親子に出会いました。

 子どもたちが抱えているのは、どうみても車のバンパーです。どうして、この子たちは壊れた車のパーツをうれしそうに持っているのでしょうか?

ラリーカーが落としていったバンパーをゲットした親子。拾った「戦利品」をサービスパークまで持ってきていた。当のドライバーにサインをもらうのだと張り切っている。サインする方も複雑な心境でしょう・・・

 それは、ここハグフォースで、世界ラリー選手権(World Rally Championship、以下WRC)第2戦ラリー・スウェーデンが開催されていたからです。

チームにも観客にも過酷な環境

 サーキットではなく、封鎖された一般道を舞台にして行われるラリーは、自然条件を相手に戦う競技です。雨が降って地面が濡れたり、積雪で路面の状況が一転したり。ラリードライバーはそんな変化に合わせて可能な限り速くドライビングし、3日間で300km超のコースを走り終えて、ようやくゴールという、とても過酷な競技です。

 走行中、木々や、ときには道路を突然横切ってくる野生動物にぶつかって、クラッシュすることもあります。そして、ラリーカーが落としていったパーツは、観客にとっては、いわば「戦利品」。そこで、この親子のように喜んで持ち帰る、というわけです。

 また、WRCの中でも、ラリー・スウェーデンは、唯一、路面がすべて雪という特殊なラリーです。ラリーカーは何百本ものスタッドが打ち込まれた特殊なスノータイヤを装着します。このスタッドが凍った雪の路面に突き刺さることで、タイヤがグリップします。でも、走行中にスタッドは徐々に抜けていきます。いかにタイヤを持たせて、かつ、可能な限り速く走るか、ドライバーのテクニックが問われるのです。

WRCで唯一、完全スノーイベントのラリー・スウェーデン。

コメント3

「縁の下の英雄たち~コドライバーだよ、人生は」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック