• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

なぜ世界のエリートは日本企業を避けるのか

森田 朗×出口治明 特別対談(3)

2016年1月25日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

「移民」ではなく「留学生」で外国人を増やす

出口:人口が減少していく社会において、どういう手を打つか。「子どもを増やす」という発想もたしかにありますが、歴史的に見ると、もう1つ世界中でおこなわれていることがあります。それは、「外から人を入れる」ということ。

森田:いわゆる移民政策ですね。

出口 治明(でぐち・はるあき) ライフネット生命保険会長兼CEO(最高経営責任者)/1948年三重県生まれ。京都大学を卒業後、1972年に日本生命保険に入社。企画部や財務企画部にて経営企画を担当。ロンドン現地法人社長、国際業務部長などを経て、同社を退職。2006年にネットライフ企画株式会社設立、代表取締役就任。2008年にライフネット生命保険株式会社に社名を変更、生命保険業免許を取得。2013年6月より現職。

出口:エイミー・チュアの『最強国の条件』によると、1995年から2010年にかけてシリコンバレーにできたベンチャー企業の52.4%は、外国人留学生が創業メンバーに入っていたそうです。Googleだって二人の創業者のうち、セルゲイ・ブリンはロシア出身です。Yahoo!の創業者メンバーであるジェリー・ヤンも、台湾生まれ。二人とも、子どもの頃にアメリカに移住していますが。なかには、アメリカ人だけという企業もあると思いますが、数字を見ると外国から来た人材とアメリカ人がお互いに刺激しあってベンチャーをつくっていることが類推できます。

森田:国の生産性を上げたいなら、新しい産業に優秀な人材を引き入れることは不可欠ですね。

出口:そうなんです。そこで、移民というと抵抗がある人が多いと思うのですが、留学生を増やすと考えたらどうでしょうか。つまり、大学にもっと外国人を受け入れていくのです。そうすると、日本人も刺激を受けますし、優秀な研究者・起業家が日本に残ってがんばるケースも増える。人口減少に対して大学を国際化するというのは、整合性のある政策だと考えています。

森田:それは、成功すると非常に効果があるでしょうね。そのためにはまず、日本の社会構造から変えていく必要があると思います。優秀な人に来てもらっても今のままでは、大企業に就職すると年功序列のシステムによって活躍させることができない。かといって、起業を応援する風土もない。けっきょく、留学期間が終わるとまた日本から出て行ってしまう。私は2011年にシンガポール国立大学に行きました。そこで聞いたのは、大学生の「日本企業には就職したくない」という声でした。

出口:うーん。

コメント6件コメント/レビュー

▼ このことは真剣に考えてみる必要がありますね。世界の知を呼び寄せても、それが日本に還元できていないのは何故なのか。何が問題なのか。せっかく来てくれたのに、もったいないですよね。▼ けど日本人のドクターも満足に扱えない企業が、外国人マスター、ドクターを扱えるとは思えません。制度もそうですが、受け入れ側の心構えの問題もあります。彼らに対しては「郷に入れば郷に従う」の基準を緩め、多少は彼らのスタイルに合わせる必要があります。なのにここは日本なんだからとか、今までそういうふうにやってきたからとか、非理知的なことを言えば彼らはそりゃ失望しますよ。▼ そこまで彼らに配慮するのはちょっと、というなら自分たちで頑張れば良いですが、世界を席捲したイノベーションは、ほぼ日本人以外から生まれているという事実は重いと思いますけどね。▼ 世界の先端をゆく研究が日本語で行われていることが先進国の証とは思いますが、それをしている彼らのほぼ全てが、英語で世界の人々とコミュニケートできるという側面もあります。逆を言えば英語でコミュニケートできないと先端技術の域までは行けない、と言うことです。大学も玉石混交ですからね。(2016/01/28 09:15)

「人口減少時代のウソ/ホント」のバックナンバー

一覧

「なぜ世界のエリートは日本企業を避けるのか」の著者

森田 朗

森田 朗(もりた・あきら)

国立社会保障・人口問題研究所所長

行政学者。東京大学大学院法学政治学研究科教授、東京大学公共政策大学院教授、同大学院院長、総長特任補佐、東京大学政策ビジョン研究センター長、学習院大学法学部教授などを歴任。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

▼ このことは真剣に考えてみる必要がありますね。世界の知を呼び寄せても、それが日本に還元できていないのは何故なのか。何が問題なのか。せっかく来てくれたのに、もったいないですよね。▼ けど日本人のドクターも満足に扱えない企業が、外国人マスター、ドクターを扱えるとは思えません。制度もそうですが、受け入れ側の心構えの問題もあります。彼らに対しては「郷に入れば郷に従う」の基準を緩め、多少は彼らのスタイルに合わせる必要があります。なのにここは日本なんだからとか、今までそういうふうにやってきたからとか、非理知的なことを言えば彼らはそりゃ失望しますよ。▼ そこまで彼らに配慮するのはちょっと、というなら自分たちで頑張れば良いですが、世界を席捲したイノベーションは、ほぼ日本人以外から生まれているという事実は重いと思いますけどね。▼ 世界の先端をゆく研究が日本語で行われていることが先進国の証とは思いますが、それをしている彼らのほぼ全てが、英語で世界の人々とコミュニケートできるという側面もあります。逆を言えば英語でコミュニケートできないと先端技術の域までは行けない、と言うことです。大学も玉石混交ですからね。(2016/01/28 09:15)

大学について、植民地があったイギリスの例よりも、日本に状況が似ている植民地があまりなかったドイツの例が知りたいですね。インドの人が英語で授業をしない日本の大学を敬遠するのは当然でしょう。第二母国語が英語の国の例を出されても説得力ありませんよ。コメントにもあるように母国語で大学院の教育ができる国が先進国ですよ。国連の公用語でない言語でそれができるのは日本くらいのはずです。その良さを否定しないでほしい。母国語で大学院教育ができる国のノーベル賞受賞者が多いという事実を見てほしいです。非母国語での高等教育は学生の負担が大きく専門能力を大きく伸ばす妨げになっていると思います。
▽留学生にとって日本の大学を出ても就職が難しいということが一番の問題だと思います。多くの場合偏見によって外国人は日本人より使い難いと思っているためではないでしょうか。しかし、日本人と違うので雇用契約を厳密に行なえば、自分たちの望む形で雇用できるはずです。そんな知恵もないのが今の日本の経営者な気がします。(2016/01/25 21:51)

「インドのエリート学生はみんなそもそも英語を話すのです。だから、なぜ日本語でしか講義をしていない大学に行かなければいけないのか」
これは、日本が先進国であることの証しです。日本は、先端科学技術や社会科学も日本語に落とし込んでいる国。翻って、インドは後進国なので、先端科学技術や社会科学の文献が現地の言葉に落とし込まれてない。
また、インドは30の主要言語がひしめき合う中で、ヒンディー語と英語を公用語にせざるを得ない事情があります。
従って、インドのエリートは母国語では意思疎通が出来ないから英語を使わざるを得ず、日本は先人たちが頑張ったお蔭で母国語で意思疎通ができる、これが裏目になっているだけの話です。(2016/01/25 12:37)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員