• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

武藤章:日中戦争と太平洋戦争の引き金を引いた男

知られざる昭和陸軍のキーパーソンたち(後編)

2015年8月7日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

1945年の終戦から70年が経った。
これだけの月日が経ってもなお、我々は、この戦争に端を発する問題と直面し続けている――慰安婦問題、韓国徴用工訴訟、閣僚による靖国神社参拝の是非…。
そこで、あの戦争がなぜ起こったのかを改めて考える。
今回のテーマは「昭和陸軍のキーパーソンたち」だ。
盧溝橋事件の拡大、南方(東南アジア)への進出――結果論ではあるけれども、日本を悪い方へ導く決断をした男がいた。武藤章だ。彼は当時の状況をどのように判断し、決断したのか。その過程を追う。(司会は森 永輔・日経ビジネス副編集長)

(中編はこちら

ここからは、武藤章についてお話をいただければと思います。一般の人はほとんど知らない人物です。しかし、日中戦争が始まり太平洋戦争へと拡大していく過程の節目、節目で大事なことを決めています――盧溝橋事件の拡大、南方(東南アジア)への進出方針。結果論ではあるけれども、彼が下したこれらの決定は、日本を悪い方へ、悪い方へと導きました。

 そこで、武藤章という人物の位置付けと、彼が下した決断についてご意見をお伺いできればと思います。

川田:永田鉄山とか小畑(おばた)敏四郎、岡村寧次(やすじ)らが中心になって一夕会を作ったという話をしました(前回)。武藤章も一夕会のメンバーです。武藤は永田から強い影響を受けました。

 永田が参謀本部の情報部長だった時、武藤は、情報部長が直轄する総合班の班長を務めていました。情報部は支那課とか欧米課などの課を抱えています。各課から上がってくる情報をまとめるのが総合班で、永田が創設しました。そこに武藤が入り、二人は非常に密接な関係を築いた。だから、武藤は永田の後継者であると言って差し支えないでしょう。

 なので、まず永田の話をしましょう。

永田鉄山:次期大戦に備え華北・華中の資源を押さえろ

川田 稔(かわだ・みのる)氏
日本福祉大学社会福祉学部教授、名古屋大学名誉教授。専門は政治外交史、政治思想史。1947年生まれ。名古屋大学大学院法学研究科博士課程修了。名古屋大学環境学研究科教授などを経て現職。法学博士。著書に『戦前日本の安全保障』『浜口雄幸と永田鉄山』『昭和陸軍全史1~3』など。

 一夕会の中心である永田は、第1次世界大戦を経験した後、「次期大戦が必ず起こる」と考えていました。そして、それに日本は必ず巻き込まれると。巻き込まれることが確実ならば、それに対処する国家総動員体制を作る準備が必要になる。

 この観点から彼が重視したことが2つあります。1つは工業生産力を上げること。もう1つは資源の自給です。資源の自給について永田が考えていたのは中国、特に華北と華中の資源でした。これを抑えれば国家総力戦に必要な資源を賄うことができると計算していたのです。

 今から考えたら、当時のアメリカとイギリスの力は圧倒的で、次期総力戦は彼らが必ず勝つと思います。しかし、永田は「そんなことは分からない」と考えていた。だから日本は、どちらの側に付くかを自主独立して決める選択肢を保持しておく必要があると。

 宇垣派の考えはアメリカの資源に頼るものでした。従って、基本的にアメリカの方針にならって動くしかない。永田は「それはまずかろう。有利な陣営にフリーハンドでコミットできる体制を維持しておく必要がある」と考えた。永田は、宇垣派が支持する対米英協調に距離を感じていたと私は思っています。

 永田は、次期世界大戦はどこで起こるかも考えていました。彼が出した答えはドイツです。ドイツは1935年にいわゆる再軍備宣言をして、ヴェルサイユ条約を破棄します。

 これによって、いよいよ欧州で火が吹く可能性が出てきました。それまでは理論的な可能性だけだった次期大戦が現実に起こる可能性を帯びてきた。永田は「中国の資源に足がかりをつける必要がある」と考えました。

 この時、華北分離工作というものが現地で始まっていました。華北にいる親日的な人たちを集めて、彼らに政権を作らせ、政治的な手法で華北の資源を確保するものです。軍事行動によって資源を確保しようとしたら大変なことになりますから。

 当時、陸軍の実務面でのトップである陸軍省軍務局長を務めていた永田は、この工作を彼のコントロールの下で進めるようにしました。

コメント7件コメント/レビュー

「永田>石原>武藤」は、この時代を扱った類書でも頻出する話だが、
一番わからないのは、「なぜ、陸軍内世論が9カ国条約違反の強硬路線を支持したのか」。本連載でも指摘あるとおり、宇垣派ですら今から見れば強硬。

本連載の「前史」、1914-1930の「満州事変前史」が最大の問題と感じる。司馬遼太郎氏の如く「統帥権」に押し付けても解決しない。「ブレーキが効かなかった」のは事実でも、「アクセルを踏んだ」説明がない。カタルシスのない話だが、問題はこの「平時の軍内および国民世論の形成」にあると感じる。「反軍縮」「ソ・米ふたつの仮想敵国両立」といった軍人のエゴと、国民の「国際感覚の無さ」が引き金か?

川田氏にはその腑分けを期待したい。これは現代にも通じる話。幕末から安保闘争にかけて、日本では合理的でまともな世論形成ができた試しが、実はないのではないか。(2015/08/14 18:13)

「終戦から70年、改めて歴史に学ぶ」のバックナンバー

一覧

「武藤章:日中戦争と太平洋戦争の引き金を引いた男」の著者

森 永輔

森 永輔(もり・えいすけ)

日経ビジネス副編集長

早稲田大学を卒業し、日経BP社に入社。コンピュータ雑誌で記者を務める。2008年から米国に留学し安全保障を学ぶ。国際政策の修士。帰国後、日経ビジネス副編集長。外交と安全保障の分野をカバー。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

「永田>石原>武藤」は、この時代を扱った類書でも頻出する話だが、
一番わからないのは、「なぜ、陸軍内世論が9カ国条約違反の強硬路線を支持したのか」。本連載でも指摘あるとおり、宇垣派ですら今から見れば強硬。

本連載の「前史」、1914-1930の「満州事変前史」が最大の問題と感じる。司馬遼太郎氏の如く「統帥権」に押し付けても解決しない。「ブレーキが効かなかった」のは事実でも、「アクセルを踏んだ」説明がない。カタルシスのない話だが、問題はこの「平時の軍内および国民世論の形成」にあると感じる。「反軍縮」「ソ・米ふたつの仮想敵国両立」といった軍人のエゴと、国民の「国際感覚の無さ」が引き金か?

川田氏にはその腑分けを期待したい。これは現代にも通じる話。幕末から安保闘争にかけて、日本では合理的でまともな世論形成ができた試しが、実はないのではないか。(2015/08/14 18:13)

「早読み 深読み 朝鮮半島」と本稿とのコメント数の落差に慄然とする。本当に「コメント数0」なのか?
前者の分析は確かに秀逸だが、読む側のストレスを解消する方向。
本稿の分析は、読む側のストレスを増大させる方向。
日経がエンターテインメント提供を意図するなら問題ないが、ジャーナリズムを意図するなら、ストレス増大話への無反応ぶりには危険信号を感じとるべき。
安易にナショナリズムに頼ると、強硬な発言ほど支持されがちになり、それこそ「韓国面」に落ちるこことになる。開戦前後の東條首相に対する「投書のベクトルの偏り」は、決して過去の話ではない。(2015/08/14 17:52)

開戦は失敗だった。その失敗がなぜもたらされたのかを突き詰めることは今後の取り組みに参考になるが、戦後、アメリカが主導した教育と日教組の中ソより教育により本質が見えにくくなっている。
 本論は、現代に生きる我々に多くの示唆を与えた。
① 統帥権。システム的な問題を見つけ改善しなかった。
② 運用で対応できたが、システムに埋没し軍と外交がばらばらの動きをした。
③ 生活が悪いのは政治のせい⇒責任転嫁
④ 長州の人間を排除⇒気に入ったものだけで派閥⇒活性度低下、憾みアップ、あとの反動甚大
⑤ 一撃論、自己中心的で相手を読まない。
⑥ 「機会主義的」経営から見ればチャンスに乗るのは危ないのに戦略を考え切らずに先に行動する
⑦ 戦略なき中での大衆迎合
 これらは企業経営にも参考になる。
 よく、歴史認識といわれるが、項目一つ一つで議論していることが実態。要因はすべて出してそこから議論したほうがいい。
 本論とは関係ないが、原爆の投下について、良かったか悪かったかを決めてから論を立てるのは参考にならない。
 開戦の失敗も、考えられる要素を全て出して客観的に検証したほうが良い。
 日本の群舞が力を増した時期、ナチスが力を増した時期はいずれも参政権の拡大と時期が一致している。
 一見、良いことが、実際には奈落の入口であったという視点も大切だと思う。(2015/08/14 15:56)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長