• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

みんなのTシャツで東京五輪の聖火を灯したい

第11回:日本環境設計 岩元美智彦社長(後編)

  • 斎藤 佑馬

バックナンバー

2015年12月17日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

2015年10月東京・お台場で映画の場面さながらに、デロリアンがゴミを再生した燃料で走った。このイベントは、日本で新しいリサイクルの仕組みが動き始めた象徴でもあった。新技術と新しい消費者ネットワークで、この動きを牽引する日本環境設計の岩元美智彦社長は、「次は東京オリンピックで聖火を灯したい」と言う(前回の記事はこちらをご覧ください。)

斎藤:日本環境設計の活動に賛同する大手企業が増えています。一般的には、ベンチャー企業が大手にアプローチすると、時間や労力がかかることが多いようです。岩元さんたちは、どの部署からあたるのですか?

岩元:最初はCSR(企業の社会的責任)、環境部門。それからエンターテインメントですからイベントや企画部門、といった順番で持っていくんですね。CSRってあまり予算がありませんから、まずCSRの人たちが本社で稟議が通しやすいような係数を出していくんです。まずそれが仕事の第一歩。価値がありますよ、ということ理解してもらうことからですね。

斎藤:なるほど。

岩元:例えばこんなこともあります。

 幼稚園の園長さんの悩みに、卒園と同時に使えなくなるおもちゃがたくさん出てくるということがありました。それをリサイクルしましょうということで、卒園と同時におもちゃも卒業させようというキャンペーンを張りました。おもちゃをリサイクルして新しいおもちゃにする。それによって戦争をなくすこともできる、といったことをずっと啓蒙していて、この1パッケージを5万円ぐらいで買ってもらっています。

 これを学校や商店街にも使ってもらっているのですが、2013年には3校だったのが、14年で300校以上に増えて、これがまたどんどん増えている。だからリサイクルってそれだけニーズがあるんです。自然と広がることによって、マネタイズできるような仕組みになっています。

幼稚園、学校、商店街など多様な相手との提携を進める岩元美智彦社長(写真:菊池一郎、以下同)

斎藤:海外展開はどのようにされていくのですか?

ユニバーサルでデロリアンを買ってきた

岩元:これは経済産業省のホームページにも載っている「DMICプロジェクト」というのがあります。日本のインフラを海外にということで、三菱重工業や日立、三井造船とか、三菱商事とか、三井物産など、大企業がずらずらっと並ぶ中にうちが選ばれています。

 インドがうちに注目してくれたのですが、それは技術だけじゃなくて思想であるとか、仕組みであるとか、ブランドといったところの評価が高かったと聞いています。いまやインドは豊かな国ですから、モノが集まるか試してみたら日本以上に集まったそうです。やはり、これはちゃんとリサイクル教育をして、それによって戦争をなくせるという話を、データを元に伝えていく。それがいまの海外事業の1つです。

 実はデロリアンの企画のためにアメリカのユニバーサルグループに交渉に行ったときも同じことを話しました。地上のごみを資源に変えたい、それで戦争をなくしたい、子供たちに笑顔を取り戻そう、そういう意味がありますよと。それを具現化したいから、ぜひデロリアンを貸して欲しいと言ったら、そこまで言うなら譲ってあげるから買いなさいと(笑)。

斎藤:買ってきたのですか?

岩元:ユニバーサルが何台か持っているのですが、そのうちの本物の1台を買ってきたんです。

コメント1

「ローカルベンチャーの旗手たち」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

高齢者に配るお金はあるが、少子化対策のお金はないと言うのは、おかしいでしょう。

小泉 進次郎 衆院議員