• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

[331]セックスレスでも夫婦の愛情は確め合える

2016年2月25日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

妻との夫婦生活がなくなりました

Q ひとつ下の妻がいます。青空が好きな明るい、いつもきれいにしているよく出来た世話女房です。相談は、妻との関係についてです。

 妻は元来性的には淡泊でしたが、最近夫婦生活が全くなくなりました。話し合いもしたが結果変わらず。仕事は脂が乗って、愛人や男女の友人もおり、自分はまだこれからだと思っています。妻へは感謝と尊敬の念は勿論、愛情を感じていますが、妻は私に対して人類愛以上ではないようです。当面私も人類愛レベルで妻に接することで日々の生活に滞りはなく、それもまた愛情の形かと思うところもあれ、当方が卑怯でつまらぬ気もします。海の向こうから師とお慕い申し上げる島地さんのご意見を頂戴できましたら幸甚です。

(44歳・男性)

ミツハシ:44歳、妻とのセックスがなくなった男性からの相談です。しかし、何でしょうね、これ。妻がセックスを拒否し、欲求不満を抱える夫という構図なら分かりますが、相談者には愛人がいて、とりあえずそこで欲求は満たされているようです。「妻へは感謝と尊敬の念は勿論、愛情を感じていますが、妻は私に対して人類愛以上ではないようです」と書いていますから、妻からもセックスを求められたいということでしょうか。

シマジ:俺もよく分からないな。毎度言っているが、結婚して10年、20年も経って毎晩激しく求め合う夫婦は変態だ。もちろん、それは悪いことではない。俺の親友で、SM作家の舘淳一によると、1万組に1組くらい、女房でなければ、亭主でなければ、セックスできないという夫婦がいるらしい。

 鍵と錠前のような関係だな。ピタッと隙間なく凸と凹が合致し、快感の扉がバチンと開く。そういう奇跡のカップルというのがごくたまにいる。だが、たいていの夫婦は、残念ながらそういう唯一無二の肉体的相性を持っていない。そして、ひとつ屋根の下に長く一緒に暮らしていると、男と女は徐々にオスとメスではなくなっていく。戦友というか同士というか、肉体よりも精神的な絆でつながった人生の伴走者になっていく。相談者が言うところの「人類愛」で結ばれた男女だ。

 相談者は何歳だ?

ミツハシ:44歳です。

シマジ:ならば、セックスレスだとしても別に珍しくはないだろう。妻が応じてくれず、性的な欲求が爆発しそうで困っているというなら、同情もするが、愛人がいるならそれでいいじゃないか。「当方が卑怯でつまらぬ気がする」と書いているが、これも奥方が応じてくれないのだから仕方ない。いいセックスをすることは基本的人権だから、卑怯などと考える必要もないだろう。

ミツハシ:この「卑怯」の意味が難しいですね。夫婦である以上、セックスレスの問題を2人できちんと話し合い続け、妻が受け入れられるスキンシップやセックスの方法を模索すべきである。それをせずに、「人類愛レベル」で夫婦を続けている俺は、現実から目を背け、面倒な問題を回避する「卑怯でつまらない」人間であるという意味かもしれません。

シマジ:だとしたら、真面目すぎる相談者だな。相談者だって一度は話し合いをしたわけだろ。それでも奥方がセックスを望まないのだから、それ以上悩んでも仕方ない。100組の夫婦があれば100通りの愛情の示し方がある。相談者の場合は、セックス以外で奥方への愛情をしっかり示してやればいい。

 相談者の奥方は性的に淡白らしいが、実は、俺の女房もそうなんだ。30歳になってしばらくした頃「私、ああゆうこと本当は好きじゃないの」というから俺も「うん、俺もご先祖様の仏壇がある部屋でああゆうことはすべきじゃないと思っていたんだ」と同意して、それから見事にセックスレスだ。アメリカなんかでは夫婦間でセックスがないことがまるで犯罪のごとく言われるが、フィジカルコンタクトでしか愛情を確認できないような連中の言葉に惑わされる必要はない。穏やかな、しかし、強固な同士愛や絆で結ばれていればセックスなんてなくても立派に夫婦として死ぬまで添い遂げられる。

コメント4

「乗り移り人生相談」のバックナンバー

一覧

「[331]セックスレスでも夫婦の愛情は確め合える」の著者

島地 勝彦

島地 勝彦(しまじ・かつひこ)

コラムニスト

「週刊プレイボーイ」の編集長として同誌を100万部雑誌に。各誌編集長を歴任後、2008年11月集英社インターナショナル社長を退き、現在はコラムニスト。シガーとシングルモルトとゴルフをこよなく愛する。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の社会に足りないのは起業家精神です。

デイビッド・ルーベンシュタイン 米カーライル・グループ共同創業者兼共同最高経営責任者