• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

[332] 混乱しているうちに食事の約束をしてしまえ

2016年3月3日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

女性の口説き方を教えてください

Q37歳の独身男です。女性の口説き方を教えてください。趣味でヒップホップダンスを習っているのですが、同じクラスに気になる女性がいます。と言っても、話すチャンスといえば始まる前に数分ホールの前でみんなで待っているときか、終わって着替える前くらいしかありません。合コンや友人の紹介で付き合ったことはあるので、そういった場合のやり方はわかるのですが、こういった場で出会ったときはみんなどうやって口説いているのかなと不思議です。島地さんならどうされるか、ご教示ください。

(37歳・男性)

ミツハシ:何ともまあストレートな相談ですね。

シマジ:言うまでもないが女性の口説き方に王道などない。こうすればどんな女も必ず口説けるなんていう魔法の方法があれば、誰も苦労しない。

ミツハシ:ホント、そんな方法があれば教えてほしいですよ。

シマジ:いや、ミツハシ、必ず成功する口説き方なんてものがあったら、わざわざ女を口説こうなんて気持ちにはならないんじゃないか。100%勝てる相手と将棋や囲碁をしようという奴はいないし、どんな暇人だって1回解いたクロスワードパズルをもう一度やろうとはしない。フラれたり、無視されたりする可能性があるからこそ、男は女を口説き落とすために知恵を絞り、時間を使い、カネを費やす。

ミツハシ:確かにその通りかもしれません。オスがメスを100%獲得できる方法があれば、性淘汰なんて起こりえないし、そうすればクジャクやシマジさんがここまで派手な装いになることもなかったでしょうね。

シマジ:ちょっと違う気もするが、概ねそういうことだ。だから、これから話すことは、こうすれば相談者が意中の女を口説けると保証するものではない。俺が74年の人生の中で実践してきた個人的な方法にすぎない。「こういった場で出会ったときはみんなどうやって口説いているのかなと不思議です」と相談者は言うが、37歳にもなる男がこんなことを訊いてはいけない。みんなそれぞれの方法で口説いているんだよ。

「スケベ光線を取材してこい」

ミツハシ:ということで、シマジさんの方法を聞かせてもらいましょうか。

シマジ:目は口ほどにモノを言う。

ミツハシ:またスケベ光線ですか。

シマジ:左様。男と女のことはすべてスケベ光線から始まる。フランク・シナトラもStrangers in the nightで歌っているじゃないか。「知らない者同士が夜、視線を交わす。夜が終わるまでに愛を交わす機会はないかと」。これだよ。あらゆるカップルは最初、見知らぬ者同士だったんだ。そんな男女がexchanging glancesによって惹かれあう。このglancesこそスケベ光線だ。目と目で会話をするんだよ。

ミツハシ:シナトラの名曲はスケベ光線の歌だったんですね。

シマジ:間違いないね。「週刊プレイボーイ」の編集長時代、部員のコミネに「スケベ光線の取材をしてこい」と命じたことがあるんだ。コミネは「スケベ光線なんてあるんですか。だいたいそんなものどこで何を取材すればいいんですか」と納得できない顔をしていたから、「まずは大沢在昌と北方謙三に話を聞いて来い」とアドバイスしてやった。

 早速コミネは大沢のことろに電話をして「先生、スケベ光線というテーマで取材をしているんですが」と説明し始めた。大沢から「何だそれは?」と訊かれたんだろうな、「モテる男女の目から出る光線で、これを浴びると……」と汗をかぎながら一生懸命説明をしていた。

コメント5件コメント/レビュー

素晴らしいリズム感のある爆笑対談。脊髄からぐぐっともちあげるスケベ光線の放ち方に大笑いしました。吾妻ひでおによると、幽体離脱をするには「体と魂がつながってるところをぱっと放す」と出来るそうですが、達人たちの言うことは違うものですね。(2016/03/04 14:15)

「乗り移り人生相談」のバックナンバー

一覧

「[332] 混乱しているうちに食事の約束をしてしまえ」の著者

島地 勝彦

島地 勝彦(しまじ・かつひこ)

コラムニスト

「週刊プレイボーイ」の編集長として同誌を100万部雑誌に。各誌編集長を歴任後、2008年11月集英社インターナショナル社長を退き、現在はコラムニスト。シガーとシングルモルトとゴルフをこよなく愛する。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

素晴らしいリズム感のある爆笑対談。脊髄からぐぐっともちあげるスケベ光線の放ち方に大笑いしました。吾妻ひでおによると、幽体離脱をするには「体と魂がつながってるところをぱっと放す」と出来るそうですが、達人たちの言うことは違うものですね。(2016/03/04 14:15)

今回のは特に面白かったです。
ヒグマのステーキには吹き出してしまいました。

女性側の意見ですが、二人きりになったときに「今度飲みに行かない?」でOKです。
「お酒飲めない」とか言われたら「じゃあ、食事」でいかが。
(酔った勢い、ってのは大きいので、お酒有りが原則)
露骨に彼女狙いだと引きますから、他の人ともフランクに話をしましょう。
スケベ光線(笑)は誰も見ていない時にしてくださいね!
他の人が見ると多分気持ち悪いのでwww(2016/03/03 13:19)

今週も島地さん最高♡
私は、こんな、男の「嘘バレバレの誘い文句」が大好きです。
嬉しくて楽しくて。喜んで乗っかりますよ。
これだから男は愛しいのです。(2016/03/03 11:58)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授