• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

[333]ミツハシ、長い間ご苦労だった

2016年3月10日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

会社の中でダメな奴だと軽蔑されています

Q中小企業(社員100人程度)に勤めております。悩みがあります。新卒4年目になるのですが私の頭や要領が悪いのです。 会社の習慣で日記を書くのですが、私に対することが書いてあることがあります。営業で同行 した先輩の日記を読むと、「知識が足りない」「母親(お客様)とダメな息子(私)みたいだ」と書かれていました。あとは、「私 に対して周囲の対応がきつくなっている」などとも。そのほか、他の人の日記には私に対するダメ出しが書いてあり、専務も気にしているそうです。みんな優しいのですが、それだけに、こうしたことが書かれていることを知ってとてもショックでした。狭い会社の中でダメな奴だと蔑視されていると思うと視線が怖いです。どうしたらよいのでしょうか。

(26歳・男性)

ミツハシ:読者のみなさまに残念なお知らせがございます。約7年にわたってご愛読いただきました「乗り移り人生相談」ですが、3月いっぱいをもって連載を終了いたします。

シマジ:人生は恐ろしい冗談の連続だが、これは冗談ではない。

ミツハシ:誠に申し訳ございませんが、本当のことです。

恨むならミツハシを恨んでくれ

シマジ:ミツハシが新しい人生のスタートを切ることになってね。3月いっぱいで日経BPを退職するんだ。もちろん、担当者が代わって連載を継続するという手もあるが、「乗り移り」はミツハシが俺にじか当たりをして来てスタートした企画であり、相方がミツハシでなければ成立しない読み物だ。だから、ミツハシ以外と組むつもりはない。というわけで、愛読者諸君、恨むならミツハシを恨んでくれ。

ミツハシ:えーっ、そういう展開ですか。「ミツハシ、長い間ご苦労」とか「これからも頑張ってくれ」とか、そういうのを少しは期待していたのですが。

シマジ:ミツハシ、長い間ご苦労。これからも頑張ってくれ。

ミツハシ:そんな取って付けたような。

シマジ:俺はこれからも「乗り移り」を通じて日本を明るくしたいという気持ちを持っているんだよ。それは、シバレン(柴田錬三郎)先生、今東光大僧正、開高健文豪の3人から薫陶を受けた俺の使命だと思っているからだ。だが、ミツハシが退職してしまうのだから、俺にはどうにもできない。読者諸君、恨むならミツハシを恨んでくれ。

ミツハシ:私だって、「乗り移り」を愉しみにしてきた皆さんの落胆の気持ちを思うと申し訳ない気持ちでいっぱいなんです。せめてもの罪滅ぼしに読者のみなさんと「乗り移り」の7年を振り返る懇親会を企画しました。名づけて「乗り移り人生相談 酒池肉林祭」です。

シマジ:これは俺とミツハシから読者諸君への感謝の宴だ。酒池はもちろん、タリスカーのスパイシーハイボールであり、肉林は我が故郷、一関が生んだお肉の変態千葉祐士が目利きした熟成和牛だ。美酒と美味なるビーフを愉しみながら、乗り移りにまつわるこぼれ話を披露したいと思う。

ミツハシこちらからご応募いただけます。参加人数に限りがございますので、お早めにお申し込みください。

シマジ:間違いなく愉しいひとときになるはずだから、期待してくれ。申し込みに間に合わなかったり、東京から遠く離れた土地に住み参加できなかったりする読者は、恨むならミツハシを恨んでくれ。

ミツハシ:もう恨んでもらって結構です。はい、何もかも悪いのは私でございます。

コメント49件コメント/レビュー

アソシエ時代からずっと楽しみにしていました。
悩み苦しんでいた時もいくつかの相談を自分のことのように読んですごく救われました。

島地さんが仰られていたようにミツハシさんの絶妙の合いの手があっての名コラムだったと思います。名残惜しいです。
しかし、この7年のコラムが言い続けていたことをなぞらえるなら、「形あるものはいつか必ず無くなる。終わるならそれもまたよし。しかしいつぞや再会を期さん」ですかね。お疲れ様でした。(2016/03/15 13:30)

「乗り移り人生相談」のバックナンバー

一覧

「[333]ミツハシ、長い間ご苦労だった」の著者

島地 勝彦

島地 勝彦(しまじ・かつひこ)

コラムニスト

「週刊プレイボーイ」の編集長として同誌を100万部雑誌に。各誌編集長を歴任後、2008年11月集英社インターナショナル社長を退き、現在はコラムニスト。シガーとシングルモルトとゴルフをこよなく愛する。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

アソシエ時代からずっと楽しみにしていました。
悩み苦しんでいた時もいくつかの相談を自分のことのように読んですごく救われました。

島地さんが仰られていたようにミツハシさんの絶妙の合いの手があっての名コラムだったと思います。名残惜しいです。
しかし、この7年のコラムが言い続けていたことをなぞらえるなら、「形あるものはいつか必ず無くなる。終わるならそれもまたよし。しかしいつぞや再会を期さん」ですかね。お疲れ様でした。(2016/03/15 13:30)

私が相談しているんではないかと思うような回がたびたびあって、とっても楽しみにしておりましたのに!!!
いつかは私も相談してみたいと思っておりましたのに!!!

シマジさんとミツハシさんの会話は、あっという間に終わってしまうので、ぜひぜひ何かの形での再開をずっとずっと祈っております。

酒池肉林祭はあっという間に定員になってましたが、どこかでお二人の生人生相談を拝見したいと願っております。(2016/03/14 17:44)

相談者の方、私は貴殿の頃はダメ人間でしたが、40過ぎていまは公私ともにある程度立派にやれています。まだまだ判断するには早い。まず努力できるところはやる、例えば知識や気づきのメモやノートを取って復習を繰り返すとか。苦手なことは平均点までは持っていく。そして英語や会計なんでもいいですが、得意なものを作ることです。いずれもコツコツやること。スキーは夏に上達するのですよ。耐えて、勝つ。(2016/03/14 16:53)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長