• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

[304]本好きなら、ブックカバーは使うな

2015年7月23日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

ブックカバーは何をお使いですか?

Q初めまして。学生から今まで乱読の限りであり、出会った本一冊一冊に対して真摯に向き合ったことがないことが反省点です。今師匠の「本に対して批判精神を持て」と仰っていたことが心の重荷となりつつも乱読の毎日です。さて、突然ですが、ブックカバーは何をお使いですか? 文庫本はラムスキンの柔らかなモノを使っていますが、困るのは文庫以外の本です。ツヴァイク全集のカバーはオーダーで作ってみましたが、イマイチとなり、勉強代となりました。ぜひ、愛用の品をご自慢ください。

(36歳・男性)

ミツハシ:7月16日の「絶倫料理の夕べ」にはたくさんの方にお集まりいただきまして、誠にありがとうございました。

シマジ:大盛況だったな。何人くらい集まったんだ?

ミツハシ:90人の善男善女にご参加いただきました。

シマジ:参加者の3~4割くらいが女性だったな。精力絶倫になるためのディナーにこれだけ多くの女性が集まるというのはどう解釈すべきなのかね。男が弱くなったと言われるこの日本で、精をつけなければいけないほど激しいセックスに日夜励んでいる女性がそんなに多いとは思えないんだがな。

 コンドームメーカーの調査によると日本の成人男女のセックス回数は世界最低レベルだそうじゃないか。しかも、「絶倫料理の夕べ」での小泉(武夫)先生の話によると、日本人男性の精液に含まれる精子の数も世界最低レベルとのことだ。まさに民族の危機だよ。女性たちは、日本の男たちの危機的状況を敏感に察知して、いつでも戦いに臨んで戦果を挙げられるよう、準備怠りないのかもしれない。

ミツハシ:少ないチャンスを最大限生かすための絶倫料理というわけですか。まあ、それもあるかもしれませんが、小泉先生とシマジさんの愉快なお話を聞きたいという女性たちが集まってくれたんだと思いますよ。

シマジ:それにしても、あのマカだがな、あれは凄い効き目だ。

ミツハシ:ステーキの薬味に使ったマカのすりおろしですか。

シマジ:いや、あの場に置いてあったカプセル入りのサプリメントだよ。あれから毎日4粒ずつ飲んでいるんだが、驚くべき効き目だ。74歳の俺が1日に3人くらいお相手できそうなくらいの勢いなんだよ。ミツハシ、どうしてくれるんだ。

ミツハシ:どうしてくれんだと言われましても……。それにしても、1日4粒は摂り過ぎじゃないですか。「目利き問屋」の店長としては1日1粒飲んでいただくことをお奨めします。

コメント7件コメント/レビュー

私はよく図書館の本を利用しています、エチケットでもあり、その場合はブックカバーを利用しています。
もちろん自分の本にはブックカバーはしていませんね。
ケースバイケースで使用しております。(2015/07/26 11:46)

「乗り移り人生相談」のバックナンバー

一覧

「[304]本好きなら、ブックカバーは使うな」の著者

島地 勝彦

島地 勝彦(しまじ・かつひこ)

コラムニスト

「週刊プレイボーイ」の編集長として同誌を100万部雑誌に。各誌編集長を歴任後、2008年11月集英社インターナショナル社長を退き、現在はコラムニスト。シガーとシングルモルトとゴルフをこよなく愛する。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

私はよく図書館の本を利用しています、エチケットでもあり、その場合はブックカバーを利用しています。
もちろん自分の本にはブックカバーはしていませんね。
ケースバイケースで使用しております。(2015/07/26 11:46)

相談者です。
なるほど!とても勉強になりました。
ありがとうございます。

本を読む場所が電車の中や、同僚がいる場所が多いので気恥ずかしかったのです。うーむ、まだまだちっちゃいです。

明日からはマスクを脱ぎ捨てて堂々と読んでみます!(2015/07/23 21:13)

海外在住で日本の新刊がすぐ手にできないため電子書籍でまず読みますが、シマジ様のご本はどれも装丁が美しく、必ず印刷の本も入手しております。
『お洒落極道』はカバーを外すと夜のサロン・ド・シマジが現れる仕掛けだったので、手元にあったシマジ様のご著書全てのカバーを外して見た事がありますが、同じようないたずらは他に一冊あるきりですね。
かつて知り合いに、本にカバーをかけるのではなく、装丁カバーを外して読むご仁がいましたが、これなんかは美女に目出し帽を被せるどころか裸にひん剥いて連れ歩いているようなものでしょうか・・・堅実な良い夫・父親タイプで、男としての魅力は全くない方でしたが、隠れた願望の表れだったのかどうか。(2015/07/23 18:24)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長