• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

[308]お言葉に甘えて単身赴任しなさい

2015年8月27日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

妻に単身赴任をしろと言われています

Q シマジ様、いつも楽しみに拝見させていただいております。現在大阪に住んでいます。キャリアプランを考え、東京のコンサルティング会社に転職をしようと考えていますが、妻からは単身赴任してこいと言われております。息子は1歳半の可愛い盛りで、単身赴任になれば毎日成長を見守ることができません。仕事、家庭どちらを優先すべきでしょうか? 仕事一筋のシマジ様のお考えをお願いします。

(28歳・男性)

シマジ:単身赴任してこいと言われているのか。ということは、相談者の奥さんも働いているんだろうな。

ミツハシ:そうかもしれませんが、大阪で生まれた女やさかい東京へはようついていかんのかも知れませんよ。

シマジ:いまどきそんな歌謡曲みたいな女はいないだろう。奥さんも働いているという前提で答えるぞ。だとすると、子供が1歳半ということは、彼女は産休後に職場復帰してまだ間もないのだろう。会社に迷惑をかけたくないという気持ちか、仕事が面白くて今の職場で働き続けたいと思っているのかは分からないが、いずれにせよ、相談者の奥さんは賢夫人だと思うね。

ミツハシ:出ました賢夫人。シマジさんにかかると男性相談者の奥さんはいつも賢夫人ですね。私はやはり大阪で生まれた女だからだと思います。「あほらし。東京なんかあんた一人で行ってきて」と言われているんですよ。

シマジ:んっ、ミツハシは大阪の女に何か嫌な思い出でもあるのか?

ミツハシ:私のことはいいので先に進みましょう。何ゆえ賢夫人だと思うのですか?

シマジ:1歳半の子供がいるわけだから、恐らく相談者夫婦は3~4年前には結婚しているんだろう。結婚前の交際期間を含めれば、5~6年の付き合いになるんじゃないか。相談者の年齢を考えると、学生時代から付き合っていた可能性もあるな。

 つまり、そろそろ倦怠期を迎えても不思議じゃないということだよ。どんなに愛し合って結婚した男女も、結婚して数年もしたらオスとメスではなくなる。同じ屋根の下で毎日暮らしていると夫婦は家族となり、ほとんど肉親同然となる。肉親とのセックスは近親相姦だから罪悪感が働く。そしてセックスレスになる。

ミツハシ:かなり強引な立論ですが、まあ、いいでしょう。

シマジ:相談者の奥さんは倦怠の芽生えを敏感に感じ取っているんだろう。このままの生活を続けると倦怠はスクスク成長していく可能性が高い。ここらで一度亭主と別々に暮らせば、またお互いの大切さに気づいて新鮮な気持ちになれると考えたんだよ。ゆえに賢夫人だと言うわけだ。

ミツハシ:そうですか? 「妻からは単身赴任してこいと言われております」と相談者は書いているじゃないですか。この「してこい」という表現に、妻の尻に敷かれた相談者の姿を思い浮かべてしまうのですが。

コメント5件コメント/レビュー

子供ができて半年で単身赴任しました。最初は嫁に泣かれ、また生来の子供好きもあって辛かったですが、結果から言えば良い経験でした。毎週帰るたびに成長している子供を眺めるのは、毎日見守るのとは違った感動がありました。まさにシマジさんがおっしゃったとおりです。もちろん私も単身生活を十分に謳歌できました(嫁には一生頭が上がりませんが)。
なので、単身赴任自体は否定すべきものではないと思いますが、相談者様の場合は、子供がまだ手のかかる時期なのにわざわざ単身赴任となるような道を考えていることに対し、奥様が怒っているのではないでしょうか?
なお、単身赴任家庭の子供は父親に高い確率で良い感情を持っていないというコメントがありましたが、問題は単身赴任でも確率でもなく、父親がどれだけ自分の子供に関心を持ち、愛情を持ち、希望を持っているかだと思います。手前味噌ながら、私は毎週子供が玄関まで迎えてくれましたよ。(2015/09/03 17:46)

「乗り移り人生相談」のバックナンバー

一覧

「[308]お言葉に甘えて単身赴任しなさい」の著者

島地 勝彦

島地 勝彦(しまじ・かつひこ)

コラムニスト

「週刊プレイボーイ」の編集長として同誌を100万部雑誌に。各誌編集長を歴任後、2008年11月集英社インターナショナル社長を退き、現在はコラムニスト。シガーとシングルモルトとゴルフをこよなく愛する。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

子供ができて半年で単身赴任しました。最初は嫁に泣かれ、また生来の子供好きもあって辛かったですが、結果から言えば良い経験でした。毎週帰るたびに成長している子供を眺めるのは、毎日見守るのとは違った感動がありました。まさにシマジさんがおっしゃったとおりです。もちろん私も単身生活を十分に謳歌できました(嫁には一生頭が上がりませんが)。
なので、単身赴任自体は否定すべきものではないと思いますが、相談者様の場合は、子供がまだ手のかかる時期なのにわざわざ単身赴任となるような道を考えていることに対し、奥様が怒っているのではないでしょうか?
なお、単身赴任家庭の子供は父親に高い確率で良い感情を持っていないというコメントがありましたが、問題は単身赴任でも確率でもなく、父親がどれだけ自分の子供に関心を持ち、愛情を持ち、希望を持っているかだと思います。手前味噌ながら、私は毎週子供が玄関まで迎えてくれましたよ。(2015/09/03 17:46)

女性目線で言うと、この男性は育児に関してはあまり役に立っていないのでは?
まだまだ手のかかる一歳のお子さんを抱えてらっしゃる奥様が単身赴任を勧めるということは、単純に「夫がいない方が子育てしやすい」と考えているのかと思います。
奥様のご実家が近いとか、夫が手のかかる男性なのか、はたまた他の理由があるのかはわかりませんが。
因みに、父親が単身赴任をしていた過程に育った人間は、高い確率で父親にあまり良い感情を持っていないと感じています。(自分もまた、同じく)(2015/08/31 10:33)

前回に引き続き今回も「遊ぶなら独身とは偽るな」という事を島地先生は強く仰られていましたが、特に男性は分かっていない方が多いですよね。男女関係においては大事なマナー&基本ルールなんですけどね。楽しく始まった恋愛の結果が人生をめちゃくちゃにするようなつまらないトラブルにならないよう、ぜひ教義として今後も信者・読者の方々に掲げ続けてほしいです。(2015/08/28 10:52)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

組織を正しい方向に導き、 作り変えていける人が、優れたリーダーです。

ジェニー・ダロック 米ピーター・F・ドラッカー伊藤雅俊経営大学院学長