• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

絶頂期からまさかの転落、そして迎えた新境地

第3回:イプスに苦しんだスター選手、羽川豊プロ

2015年6月26日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

レジリエンス(リジリエンス)。日本語では弾力性、回復力のことをいいます。神戸大学大学院の金井壽宏教授は、落ち込んでも跳ね返す力と言っています。また超回復力のことをリデンプションといいます。困難や大きな壁にぶつかって一度は心がポキッと折れてしまうのですが、立ち直った時には以前よりもしなやかにたくましくなっていることです。羽川豊プロはまさにその代表です。レギュラーツアーから一度は身を引きます。「何をどうやってもうまくいかなかった」。3年悩んだ上の決断です。3年間も悩んだ上での結論がツアーから距離を置くことでした。
なりたい自分があるからこそ、人は悩むと思います。なりたい自分がない人が、あがいたり、悩んだりするのか?そんな事を羽川プロは教えてくれます。その羽川プロは、50歳を過ぎて参加したシニアツアーでは復活優勝します。がむしゃらにチャレンジを続けるだけでなくどこかで決断し、メドをつけて、いったんその道を離れてしまう決断。著者は部分的引退と名付けました。会社員では難しいかもしれませんが、そのような仕組みを作ることも必要な時代なのではないでしょうか?
ゴルフ実況中継歴二十余年の名物アナウンサーが見た、羽川プロの人生とは(前回の記事はこちらをご覧ください)。

舞台を変えても、新たな楽しみや夢を見つける

 湯原信光プロ、倉本昌弘プロと並び称され、「三羽がらす」と呼ばれた羽川豊プロ。御三家と言われた芸能人がスターなのと同じように、羽川プロもゴルフ界のスターだった。

 大学を卒業した学士ゴルファーの先駆けでもあり、マスコミからも注目された。鳴り物入りでプロの世界に入った羽川プロは、早いうちに優勝を重ねる。その活躍は世間の期待を裏切らないものだった。ところが、転機が訪れる。

羽川 豊(はがわ・ゆたか)
1957年12月8日生まれ。栃木県出身。専修大学卒。プロ入り2年目の81年に日本オープンと日本シリーズで優勝。その後は84年から、どん底を経験。そこからはい上がるたるめジャンボ軍団の門をたたき、共同での練習を経験。88年ツアーでシード復活するが、その後はイプスにより、再びどん底へ。3年後の42歳でツアーを去る。2012年シニアでの復活優勝を遂げる。テレビ解説者や企業の顧問としても活躍

 イプスにかかり、本人がどん底と言うように、勝利から遠ざかることになったのだ。この間、ジャンボ軍団に入り、自分を客観的に見ることに気付いたにもかかわらず、3年間も悩み続けてツアーから去る決断をする。「プロは勝てなければ意味がない」という意識があった。

 ツアーから去った羽川プロは、テレビ解説者としての地位を築き、ネットワークを生かして新たな楽しみを見つけていく。ところが、50歳でシニアに勝つために参加する。羽川プロは見事54歳という年齢で復活優勝を飾った。ゴルフをいったんやめても、新たに挑戦できる場があればまた挑戦する。挑戦があれば、それがかなうこともある典型的な生き方かもしれない。

どん底での3つの苦難

 プロ入り後たちまち優勝し、今の石川遼プロや松山秀樹プロのような存在だった羽川プロ。だが、84年に”どん底”を味わった。

 「契約は切られる。契約が切れると、経済的な負担は大きくなり試合には出られない。ボールが曲り始める。どうにもならない。いろいろ聞いたり、アメリカへレッスンに行ったり、何をやっても駄目だった。今までうまくいっていたことが全部駄目になる。プロゴルファーなのにゴルフそのものに自信がなくなり、何をやっていいか分からない。周りに親身になってくれる人もいなくなった」

コメント0

「プロゴルファーの人生劇場」のバックナンバー

一覧

「絶頂期からまさかの転落、そして迎えた新境地」の著者

多賀 公人

多賀 公人(たが・きみと)

KSB瀬戸内海放送キャスター兼プロデューサー

1963年岡山県生まれ。青山学院大学を卒、サンフランシスコ州立大留学、神戸大学大学院経営学MBA。ニュースキャスターの傍ら、ゴルフの実況歴は20年以上。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長