• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

マインドフルネスって何?

2015年6月22日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 アングロサクソン系の企業で今注目を集めているのは“マインドフルネス”である。その意味は“意識すること”である。マインドフルネスのエキスパートであるカバット・ジン氏によると、今この瞬間に起こっていることに意識を集中し、それをそのまま受け入れることだという。マインドフルネスの状態とは、

-目の前に起こっていることに集中できるようになること。
-好奇心、寛容さ、受容の姿勢をベースにしてその瞬間に体験していることをそのまま受け止めること。

…だということだ。

マインドフルネスのパイオニア、グーグル

 これを初めて聞いた人は何か神秘的で、ビシネスの世界とはあまりにかけ離れているように感じるかもしれない。しかしながらさまざまな企業でこのメソッドを取り入れるところが増えてきている。

 例えばグーグルはマインドフルネスのパイオニア的企業で、瞑想の哲学をベースとしたこのプログラム導入に大きな投資を行っている。このプログラムの考案者チャンディー・メン・タンはその著書『Search Inside Yourself』の中でその基本的考えを著している。

コメント0

「1分で読める経営理論」のバックナンバー

一覧

「マインドフルネスって何?」の著者

Cサイモン

Cサイモン(くりすてぃーな・さいもん)

IEビジネススクール教授

スペインのマドリード自治大学で心理学の学位を取得、英オープンユニバーシティで技術のPh.D.を取得。2000年からIEビジネススクールの人材管理教授。2008年からIE大学の心理学部長。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック