• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

社内の「武勇伝」はいかにして生まれるか

インフォーマルな情報伝達の効果

2015年6月29日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 シティにそびえ立つ高層ビル。私がその中のある多国籍企業で働き始めた時、入社早々、新しい同僚たちが、エレベーター内の会話で上司にある顧客のことを話したことが原因で解雇されてしまったマネジャーのエピソードを話してくれた。

 そのマネジャーはエレベーターに乗り合わせた上司に「どうだい?今どんなプロジェクトをやってるのか?」と聞かれて答えただけだ。不思議に思う方もいるだろう。ところで私はその会社で働いていた数年間、一度も上司とエレベーターに乗り合わせたことがなかったので、この話はすっかり忘れていた。

潤滑油として効果的な「社内伝説」

 この手のエピソードはビジネススクールのケーススタディとしてよく取り上げられる。例えばサウスウエスト航空ではパイロットが機内の清掃もする準備ができているそうだ。マイクロソフトでは、ある技師が様々なプロジェクトで失敗を繰り返したにもかかわらず、昇進を続け、最後には副社長の地位にまで上りつめた――という話もある。

 あなたが属している組織にも必ずこの手の話があって、コーヒータイムの格好の話題となっているはずだ。これらのエピソードは社内のコミュニケーションを潤滑にし、その会社の社風を伝える効果を持っている。いわゆる、社内伝説と呼ばれるものである。

コメント1

「1分で読める経営理論」のバックナンバー

一覧

「社内の「武勇伝」はいかにして生まれるか」の著者

Cサイモン

Cサイモン(くりすてぃーな・さいもん)

IEビジネススクール教授

スペインのマドリード自治大学で心理学の学位を取得、英オープンユニバーシティで技術のPh.D.を取得。2000年からIEビジネススクールの人材管理教授。2008年からIE大学の心理学部長。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

定年後の社会との断絶はシニアの心身の健康を急速に衰えさせる要因となっている。

檜山 敦 東京大学先端科学技術研究センター 講師