• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

中間管理職は本当に必要か?

モーニングスターとザッポスの例

2015年7月13日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ここ数年の経営学の世界で最も有名なグルの1人、ゲイリー・ハメルは以前「ハーバード・ビシネス・レビュー」誌に“まずすべてのマネージャーを解雇せよ”という記事を掲載した。同氏の理論によれば、組織には管理のためのヒエラルキーが惰性的に存在し続けており、ある一定数の労働者の集団(業種やビシネスのスタイルによって数は変わるが)には、必ずそれを管理するマネジャーが必要だ、と盲目的に考えている。

 しかし現実的には、この層を維持するのは高くつく。高額の給与、そして必要経費もこれに付随してくる。またこれをサポートする人材や設備も必要、などだ。ハメルはこれへの反証として米モーニング・スターの例を挙げている。同社は米国の食品会社で、ヒエラルキーも管理職も存在しない。労働者はグループになって自主管理し、グループ単位でMOUs (memorandum of understanding)を作成したり変更したりする。

MOUsがもたらした「組織の民主化」

 MOUsとは業務内容に関する合意といったようなもので、グループ単位、そしてそれを構成する個別労働者が自ら定めた目標を達成するためのものである。モーニング・スター社のほか、防水透湿性素材のレインウエアやウインドブレーカーで有名なGoreTex社も同じ道を選択している。

 これらの企業に起こっているのは“組織の民主化”と呼ばれる現象の、1つの顕著な例である。もちろん政治で言われるところの民主化とは意味が違う。労働者が社内のリーダーたちが述べる公約を聞いて、数年に1回ずつ投票する権利を持ったにしても、これには全く意味がないからだ。ここで述べる組織の民主化とは、企業が下す数々の決断において労働者各人が積極的に参加するシステムのことだ。

 これよって企業において決定権を持つ人の数が増え、従業員の自由裁量が増大する。しかしこれはマネージャーを解雇するというわけではなく、その決定権を縮小し、企業においてヒエラルキーに重きを置かない、という考え方だ。この例のパイオニア的存在は米ヒューレット・パッカードだ。同社の戦略上、重要な課題であった組織改革を断行して業績を上げている。

コメント1件コメント/レビュー

大辞林によると、「中間管理職」とは課長、係長をを指すらしい。一番人口の多い管理職だ。世界中で同じかどうかは分からないが、中間管理職はモチベーションを上げるための仕組みと言える。係長と言う職位はそれ以外の意味合いは少ないと思う。それに対して課長は個々の社員を評価する大事な仕事を担っている。だから、営業に於ける売り上げ、粗利益などが個人毎に把握できる部門の場合、「評価者」は不要になる。但しチームで仕事をする場合、評価を機械的に按分出来ないから、チームリーダーによる評価は欠かせない。「チーム」が課と一体であれば問題ないが、プロジェクト毎にチームメンバーが入れ替わる場合、課長ですら部下の評価はチームリーダーに託さざるを得ない。プロジェクトによる業務運営の比率が高い会社では中間管理職は廃止して、部長がチームリーダーを指名し、リーダーがメンバー集めをしプロジェクト期間の管理者として十分機能出来る。但し、リーダーになる者はメンバーの評価方法などは修得しなければならず、プロジェクトの費用管理も身につけなければ滅茶苦茶になりかねない。「課」という固定した組織よりも、その時々に合致したプロジェクトによる会社運営の方が柔軟性が高く、現代にマッチしていると言える。(2015/12/29 10:10)

「1分で読める経営理論」のバックナンバー

一覧

「中間管理職は本当に必要か?」の著者

Cサイモン

Cサイモン(くりすてぃーな・さいもん)

IEビジネススクール教授

スペインのマドリード自治大学で心理学の学位を取得、英オープンユニバーシティで技術のPh.D.を取得。2000年からIEビジネススクールの人材管理教授。2008年からIE大学の心理学部長。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

大辞林によると、「中間管理職」とは課長、係長をを指すらしい。一番人口の多い管理職だ。世界中で同じかどうかは分からないが、中間管理職はモチベーションを上げるための仕組みと言える。係長と言う職位はそれ以外の意味合いは少ないと思う。それに対して課長は個々の社員を評価する大事な仕事を担っている。だから、営業に於ける売り上げ、粗利益などが個人毎に把握できる部門の場合、「評価者」は不要になる。但しチームで仕事をする場合、評価を機械的に按分出来ないから、チームリーダーによる評価は欠かせない。「チーム」が課と一体であれば問題ないが、プロジェクト毎にチームメンバーが入れ替わる場合、課長ですら部下の評価はチームリーダーに託さざるを得ない。プロジェクトによる業務運営の比率が高い会社では中間管理職は廃止して、部長がチームリーダーを指名し、リーダーがメンバー集めをしプロジェクト期間の管理者として十分機能出来る。但し、リーダーになる者はメンバーの評価方法などは修得しなければならず、プロジェクトの費用管理も身につけなければ滅茶苦茶になりかねない。「課」という固定した組織よりも、その時々に合致したプロジェクトによる会社運営の方が柔軟性が高く、現代にマッチしていると言える。(2015/12/29 10:10)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授