• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

徹夜明けの外科医に手術されるの、嫌ですか?

第6回 ブラック企業も真っ青の外科医という仕事

2017年5月8日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2017年2~3月まで滞在していた福島県広野町を離れ、4月に郡山市に引っ越してきました。現在は、総合南東北病院で外科医長として勤務しています。さて、まずは近況と郡山の街について少し。

 郡山市は、東京から新幹線で約1時間半とそれほど遠くない場所にある人口30万人ほどの都市です。広野町のある「浜通り」(福島県の海沿いの地域)よりも気温の低い「中通り」(浜通りの内陸側の地域)に位置するため、かなり厚着をしての新生活スタートになりました。

私の住んでいる所から見える郡山の街の景色。四方を山に囲まれている

 1月まで住んでいた東京に比べて気温が4~5度は低く、風も強いのが特徴。今年は桜の見頃が東京の約1週間後となり、私は唯一の移動手段である自転車(ドン・キホーテで9000円で購入しました)を漕ぎながら横目で楽しんだだけでした。

東京から1週間遅れの、少し控えめな郡山の桜

 冬にはマイナス10度にもなるそうですから、早く車を買わねばなりません。知人のフェル(ディナンド・ヤマグチ)さんが日経ビジネスオンラインで書いている連載も購入の参考にと拝読していますが、価格の面で全く参考になりません(笑)。

「豊富な人材がいる」病院はなかなかない

 今回のテーマは「徹夜明けの外科医による手術」。外科医の話ですから、私の勤める病院についても少し触れておきたいと思います。

 総合南東北病院は、ベッド数は約450床、JR郡山駅から車で15分ほどの便利な場所にあります。隣にある第二病院が約150床ですから、まあまあ規模の大きな病院と言っていいでしょう。私はここで、腹腔鏡手術という小さなキズで済む手術を中心に、大腸がんの最先端手術や治療を実施しています。

私が4月から勤めている病院です。郡山の街は風が強く、この日も強風でした

 当院には外科医が全部で13人、大腸がんの手術を専門とする医師は私を入れて4人もいます。これほど豊富な人材がいる病院は、全国でもなかなかないと思います。ちなみに院長先生も外科医で、今もよく手術室や病棟に来られる現役バリバリの先生です。

 と宣伝のようになってしまいましたが、「豊富な人材がいる」ということは今回のテーマと深い関わりがあります。

コメント16件コメント/レビュー

すでに指摘されていますが、9000円の自転車はヤバいですよー…。
溶接がいい加減だったりパイプが低品質だったりで、走行中に突然壊れて大けが、という事例が増えています。新品でもです。
まっとうな自転車は5万円から、と言われますが、せめて2~3万円の、それなりに名のあるメーカー品にした方が良いです。BAAマークやSGマークといった品質保証のあるものが安心かと思います。

安価な折りたたみ自転車が特に危険と聞きますので、ご注意いただければと思います。
こんなしょーもない事で貴重な外科医を失いたくありません…。(2017/06/09 10:59)

「一介の外科医、日々是絶筆」のバックナンバー

一覧

「徹夜明けの外科医に手術されるの、嫌ですか?」の著者

中山 祐次郎

中山 祐次郎(なかやま・ゆうじろう)

外科医

1980年生まれ。聖光学院高等学校を卒業後、2浪を経て、鹿児島大学医学部医学科を卒業。その後、都立駒込病院外科初期・後期研修医を修了。2017年2~3月は福島県広野町の高野病院院長、現在は郡山市の総合南東北病院で外科医長として勤務。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

すでに指摘されていますが、9000円の自転車はヤバいですよー…。
溶接がいい加減だったりパイプが低品質だったりで、走行中に突然壊れて大けが、という事例が増えています。新品でもです。
まっとうな自転車は5万円から、と言われますが、せめて2~3万円の、それなりに名のあるメーカー品にした方が良いです。BAAマークやSGマークといった品質保証のあるものが安心かと思います。

安価な折りたたみ自転車が特に危険と聞きますので、ご注意いただければと思います。
こんなしょーもない事で貴重な外科医を失いたくありません…。(2017/06/09 10:59)

いろいろな対策案があるのでしょうが、つまるところは国民の医療費負担額を上げることしかなかろうと思います。 それを政治はきちんと国民に説明したうえで痛みを分かち合うことの理解をえることでしょう。 が、残念ながら消費税の与党野党メディアの対応を見ていると無理だろうなと思います。 個々のお医者様がご自身の健康を害さぬよう「うまく」やっていただくしかなかろうと。(2017/05/09 14:30)

800床前後、年間1000件程度の手術を行っている都心の大規模病院の消化器外科医の立場からコメントさせていただきます。先生の提言は極めて重要ですが、病院の性質が違えば、随分現状も違います。大規模病院で外科医の労働条件が非常に悪い最大の理由は「医師間の業務量の不均衡」です。外科勤務医には、サラリーマンの如く厳しい年功序列制があるからです。ご指摘の通り当直明けでも助手としての手術参加は許されますが、助手の方がよほど仕事量が多く体力的に辛い手術も多くあり、これを担当するのはほとんどが若手外科医です。また「当直明けは自由、自己判断で帰宅して良い」と上司に言われても本当に帰る部下はいません。大規模病院では複数主治医制がむしろ普通ですが、複数で担当していても業務の大半は若手が行い、上司はスーパーバイザーです。「仕事を彼に任せられるから旅行に行ける、当直明けは帰宅できる」というパートナーが本当にいるなら外科医は当直明けは帰宅します。「外科医の矜持」がないわけではありません。分業体制がきっちりとれるなら、より確実に患者の安全が担保されるという意味です。都心の大規模病院では外科医の減少や手術件数の増加に耐えうる人材はまだ豊富にあります。問題は勤務システムです。(2017/05/08 23:48)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

夢の実現にあたっては強く「念ずる」。そうした心構えを支えにビジネスの世界の荒波を渡ってきました。

後藤 忠治 セントラルスポーツ会長