• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

最新手術ロボットのデモ機に大興奮

第15回 一介の外科医、手術ロボット・ベンチャーを行く(前)

2017年10月13日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 こんにちは、総合南東北病院の中山祐次郎と申します。大腸がんの手術を専門とする外科医です。福島県の病院で毎日、手術室で汗を垂らしてナースに拭いてもらいながら手術をし、時折、この日経ビジネスオンラインで連載を執筆させていただいている、37歳の男です。

 私がやる手術は、主にお腹の手術。方法としては「腹腔鏡(ふくくうきょう)手術」というものをやっています。今回と次回の2回にわたって取り上げる「ロボット手術」は、腹腔鏡手術と似ていて、以前から強く興味を持っていました。

 というのも、「ロボット手術は外科手術に革命を起こす」と言われており、私自身もこれからやっていくことになりそうだからです。ちょっとそのあたりの事情を、実際のロボット開発現場の取材レポートを交えながら、お話しいたしましょう。

米国メーカーの独壇場に日本のベンチャーが挑戦

 あまり知られていませんが、手術ロボット(実際には手術を支援するロボット)市場はある米国メーカーの独壇場となっています。もはや世界中のマーケットが独占されているといっても過言ではありません。そして今、日本発のロボットを世に送り出そうと複数のベンチャー企業がしのぎを削っています。

 そのうちの2社に取材を申し込むと、うれしいことにどちらも快諾してくれました。まず、医療機器ベンチャーであるリバーフィールド(東京・新宿) に2017年9月初旬に行き、デモ機を体験してきたので、前編の今回はその衝撃の体験記を書きたいと思います。

これがデモ機。おお!ロボットっぽい!企業秘密の部分は消しています……詳細は後で

 一番大切なことを先に書いちゃいます。リバーフィールドのロボットの一番の売りは、空気圧を用いた「力覚(りきかく)」のフィードバック。現在、世界で最も普及している手術支援ロボット「ダヴィンチ」にはない機能です。

 力覚とは、触覚と言い換えてもいいでしょう。例えば、何か硬いものをロボットアームの手で押した時、操作している私の手元にぐぐっと抵抗があるというものです。この「力覚」が完全に欠落しているという点が、従来のロボットの大きな欠点でした。

コメント6件コメント/レビュー

コメントありがとうございます。著者の中山です。
おっしゃる通り、力覚のフィードバックの衝撃は凄まじいものがありました。この一つの機能で、ダヴィンチと戦えるかもしれません。
また、ご遺体での手術トレーニングは海外では多いようですが、日本では受け入れ側(主に大学病院です)のシステムの整備も未発達だそうで、まだまだ普及が進んでいません。
「死後も社会的貢献」という考え方はとても素敵ですし、外科医としてもこんなにありがたいことはないように存じます。ありがとうございました。


(いただいたコメント)
空気圧を用いた「力覚(りきかく)」のフィードバックは、実に画期的な発明だと思います。
手術の経験が多い著者だからこそ、その素晴らしさを実感できるような気がします。医学生や研修医が使いこなせるようになるために、献体の提供を推進して、生前だけでなく、死後も社会的貢献をする人生観や死生観について、社会的啓蒙活動を行うことを提言したいと思います。(2017/10/15 19:10)

「一介の外科医、日々是絶筆」のバックナンバー

一覧

「最新手術ロボットのデモ機に大興奮」の著者

中山 祐次郎

中山 祐次郎(なかやま・ゆうじろう)

外科医

1980年生まれ。聖光学院高等学校を卒業後、2浪を経て、鹿児島大学医学部医学科を卒業。その後、都立駒込病院外科初期・後期研修医を修了。2017年2~3月は福島県広野町の高野病院院長、現在は郡山市の総合南東北病院で外科医長として勤務。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

コメントありがとうございます。著者の中山です。
おっしゃる通り、力覚のフィードバックの衝撃は凄まじいものがありました。この一つの機能で、ダヴィンチと戦えるかもしれません。
また、ご遺体での手術トレーニングは海外では多いようですが、日本では受け入れ側(主に大学病院です)のシステムの整備も未発達だそうで、まだまだ普及が進んでいません。
「死後も社会的貢献」という考え方はとても素敵ですし、外科医としてもこんなにありがたいことはないように存じます。ありがとうございました。


(いただいたコメント)
空気圧を用いた「力覚(りきかく)」のフィードバックは、実に画期的な発明だと思います。
手術の経験が多い著者だからこそ、その素晴らしさを実感できるような気がします。医学生や研修医が使いこなせるようになるために、献体の提供を推進して、生前だけでなく、死後も社会的貢献をする人生観や死生観について、社会的啓蒙活動を行うことを提言したいと思います。(2017/10/15 19:10)

コメントありがとうございます。著者の中山です。
ロボットによる手術時間は、術式にもよりますがおおむね延長しています。特に導入時にはかなり延長することが多いようです。なんとなくロボットのほうが速い気がしますけれどね。
そして医療費の差ですが、手術だけで言えば今のコストはロボットの費用が格段に高くなります。しかし全体でみると、開腹手術はきずが大きく腹が痛いため、入院日数は長くなりますのでちょっと差は縮まります。しかしロボットだとひとつ5万円以上するような道具や器械をバンバン使うので、かなりコストはかかりますね。

例えば私の専門の大腸がんの手術であれば、ロボット手術は保険適応されていないので患者さんが自腹で200万円~250万円支払っています。


(いただいたコメント)
現役医師の使用経験はとても勉強になります。
ところで、オペロボットを使用するとオペ時間は短縮されるのでしょうか?また、開腹、オペロボットでは医療費の差はあるのでしょうか?(2017/10/15 19:06)

ありがとうございます。著者の中山です。なるほど特許での攻勢が予想されるのですね、勉強になりました。今回の取材ではベンチャーの方々の並々ならぬ熱を感じました。なんとか日本初ロボット、頑張っていただきたいと思っております。

(いただいたコメント)
開発者も過去の歴史は学んでいると思うので、対応は準備できていると思うが、この記事で紹介されている技術がダビンチの強敵になるとすると、ダビンチ側は「特許侵害」を盾に身動きが取れなくなるまで攻めてくる。場合によっては告訴を取り下げる条件としてダビンチの特許利用を認める様な手も出してくるだろう。兎も角、ありとあらゆる手段を駆使して手術ロボットの牙城をも守ろうとする。VBだと、法務担当や特許担当が手薄、特に相手側の内情調査などにおいてはかなり不利であろう。日本は嘗て産業用ロボットではダントツの世界一であったが、気付いてみれば「One of them」でしかない。特に、ロボットの頭脳との組み合わせにおいては周回遅れと言わざるを得ない状況らしい。そんな中で、既存のロボット大企業ではなく、VBが既成観念を超えて新しい取り組みを行っているのは嬉しい限りだ。(2017/10/15 18:57)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授