• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

座間事件容疑者、「限りなく普通の人」の可能性

第18回 医者の目から見た4つの違和感

2017年11月14日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 こんにちは、総合南東北病院外科の中山祐次郎です。

 私の住む福島県では日に日に冬が近づいています。朝7時ごろに家を出ると吐く息は白く、通勤用の車には霜が降りるようになりました。こちらではそろそろ車のタイヤをスタッドレスに換えなければならないそうです。東京から新幹線で80分しかかからないのに、気候はぜんぜん違うものですね。

 さて今回は、ほぼ連日新聞やテレビで報道されている「座間9遺体事件」について医師の視点から分析し、さらには27歳の容疑者とそれほど歳が離れていない立場から現代の若者の闇を見つめてみたいと思います。

 この事件についてご存知ない方はいないでしょうが、念のため簡単におさらいします。事件現場は神奈川県座間市のあるアパート。警視庁は、「10月下旬に行方不明になった東京都八王子市の女性(23)を捜索していた際に白石容疑者のアパートを訪問。玄関にあったクーラーボックスから2人分の頭部が見つかり、事件が発覚」(日本経済新聞の記事より)したのです。そして女性8体、男性1体の遺体が発見されました。

(写真:AFP/アフロ)

コメント24件コメント/レビュー

こういう余計な煽りを入れて騒動を起こしたい人間が、普通面して近くに居るということを警鐘している記事だと判らないから不思議である。

こういう記事とは関係のない擁護コメントがつくのも不思議である。
これでは本質的な議論に発展していかないと思う。著者にはこのように持ち上げる読者が多くおられるようだ。(2018/01/17 15:29)

オススメ情報

「一介の外科医、日々是絶筆」のバックナンバー

一覧

「座間事件容疑者、「限りなく普通の人」の可能性」の著者

中山 祐次郎

中山 祐次郎(なかやま・ゆうじろう)

外科医

1980年生まれ。聖光学院高等学校を卒業後、2浪を経て、鹿児島大学医学部医学科を卒業。その後、都立駒込病院外科初期・後期研修医を修了。2017年2~3月は福島県広野町の高野病院院長、現在は郡山市の総合南東北病院で外科医長として勤務。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

こういう余計な煽りを入れて騒動を起こしたい人間が、普通面して近くに居るということを警鐘している記事だと判らないから不思議である。

こういう記事とは関係のない擁護コメントがつくのも不思議である。
これでは本質的な議論に発展していかないと思う。著者にはこのように持ち上げる読者が多くおられるようだ。(2018/01/17 15:29)

>他の方が書かれているようにアクセス数稼ぎが目的でしょうか。
こういう余計な煽りを入れて騒動を起こしたい人間が、普通面して近くに居るということを警鐘している記事だと判らないから不思議である。(2017/12/20 15:21)

「かぎりなく普通の人」と書かれていますが、かぎりなく普通の人であれば今回のような事件になってないと思います。
どこかが普通ではないから今回の事件を起こしたのですよね。
「普通」と言われる人は、9人も連続して殺害し、遺体を解体するなどしません。

また、「誰しも悪の芽を持っている」この書き方では犯人を擁護しているようにも聞こえます。

考察が明らかにズレてしまっているので読む人に大きな違和感を与えているようで、否定的なコメントが目立ちます。
私もそのように感じた一人です。(2017/11/19 14:17)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

断ればいいんです。値段を上げればいいんです。そうしないと労働時間の短縮なんて、できるはずないですよ

神津 里季生 連合会長