• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

2人に1人がかかるがん、最新治療を医師が解説

第19回 話題の免疫療法、そして未来のテーラーメイド療法

2017年11月30日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 こんにちは、総合南東北病院外科の中山祐次郎です。

 私が4月から住んでいる福島県郡山市は、11月に入り猛烈に寒くなりました。こちら不思議なもので、郡山市より北に位置する福島市よりも、少し寒いくらいなのです。これは、「磐梯おろし」という磐梯山からの風が郡山の街に吹いているからなのだそうです。時折雪が舞っていますが、これも郡山に雪が降っているわけではなく磐梯山に降る雪が磐梯おろしに乗って運ばれてきているそう。せっかく寒い街に住んでいるのですから、満喫しない手はない。そう思って福島で造られた日本酒の熱燗をいただいています。

フロントガラスは時々凍結しています

 いつか一度特集したいと思っていますが、福島は日本酒が有名な所です。「平成28酒造年度全国新酒鑑評会」で金賞を受賞し、5年連続の受賞で獲得が最多の県となったのですね(詳しくはこの県のページをご覧ください)。

 中でも寛政6年に創業した老舗酒造である「鶴の江酒造」の「ゆり」という日本酒は、トランプ大統領が来日した際の晩餐会で出されたことで話題になりました。なんでもゆりさんという女性の杜氏が作っているそうで、私も早く呑んでみたいと思っております。なおインターネットでも購入できるようですが、「70過ぎのどっぷりの日本酒晩酌派の方にはフルーティーすぎます」(インターネットのページより)とのことです。ご注意を。

「指導医講習会」の帰りに寄った、福島駅近くの名店「餃子会館」

 さて今回は、最新のがん治療の流れ、中でも新しく登場した「免疫療法」という治療法について解説したいと思います。なるべく専門用語を使わずにお話ししましょう。

がんの3大治療は局所治療と全身治療に分けられる

 がん治療について語る場合、この3大療法を欠かすことはできません。すなわち、

  • ・手術
  • ・化学療法(抗がん剤)
  • ・放射線

です。

 この3つは、「効果の出る範囲」という視点から大きく2種類に大別することができます。それは、「局所の治療」と「全身の治療」です。局所とは、肺がんなら肺、胃がんなら胃といったようにその病気がある場所あるいは臓器のことです。

 「局所の治療」は手術と放射線です。手術はがんを切って取るという治療法で、放射線療法は放射線でがんを焼き壊死(腐らせる)させることで治療をします。手術で全身の臓器を切除してしまったら生存できませんし、放射線も全身に浴びせることは副作用の点からほぼ不可能です。そういう意味では手術と放射線は「がんのある部分だけの治療」で「似た者同士」となります。

 事実、手術で取るか放射線を当てるかという議論になることはあり、例えば大腸がんがお腹の中で再発した場合(局所再発といいます)は、手術で取るか放射線を当てるか、私もしばしば悩むことがあるくらいです。手術をするとお腹を切らねばなりませんし、他の臓器をかじりとらなければならないこともあり、術後は足がしびれっぱなしになったり人工肛門が必要になったりするなど手術後の生活の質が下がることがあります。局所再発の手術だと1000mlほど多量に出血することもまれではなく、それに耐えられなさそうな体力のない患者さんだと放射線を選択するか、なんて議論になります。

 放射線療法はどんどん進化していて、がんの種類によっては手術で切って取るのと同等かそれ以上の効果を発揮するものもあります。また放射線にもいろんな種類があり、特殊な放射線である重粒子線や陽子線といった治療も一部の病院では受けることができます。

コメント7件コメント/レビュー

とても参考になりました。

どの業界でも同じだと思いますが、昨今は最先端技術の進歩が非常に早く、自分の知識が時代遅れにならないようにキャッチアップしていくのがとても大変です。
特に医師の方々は、日常の業務でのミスは患者の生命に関わるため気を抜けず、自己研鑽と日々の業務遂行の両立がより一層困難です。
最先端技術を分かり易く解説していただける中山先生には頭が下がります。

今後も、ご自身の健康を第一に、継続可能な範囲で記事を読ませていただければ幸いです。(2017/12/01 13:44)

「一介の外科医、日々是絶筆」のバックナンバー

一覧

「2人に1人がかかるがん、最新治療を医師が解説」の著者

中山 祐次郎

中山 祐次郎(なかやま・ゆうじろう)

外科医

1980年生まれ。聖光学院高等学校を卒業後、2浪を経て、鹿児島大学医学部医学科を卒業。その後、都立駒込病院外科初期・後期研修医を修了。2017年2~3月は福島県広野町の高野病院院長、現在は郡山市の総合南東北病院で外科医長として勤務。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

とても参考になりました。

どの業界でも同じだと思いますが、昨今は最先端技術の進歩が非常に早く、自分の知識が時代遅れにならないようにキャッチアップしていくのがとても大変です。
特に医師の方々は、日常の業務でのミスは患者の生命に関わるため気を抜けず、自己研鑽と日々の業務遂行の両立がより一層困難です。
最先端技術を分かり易く解説していただける中山先生には頭が下がります。

今後も、ご自身の健康を第一に、継続可能な範囲で記事を読ませていただければ幸いです。(2017/12/01 13:44)

分子標的薬にしろ,免疫CP阻害薬にせよ,使える人が限られるということをもう少しちゃんと書かないといけなくないですか?テーラーメードのくだりとのつながりが明確に書かれていないので.これだと「あの医者はオプジーボ使ってくれなかった!」とかクレームきそう.(2017/11/30 17:03)

結論としてガンは切らずに治すということでしょうか。薬は効くか効かないかやってみなければ分からない、あくまで補助的または最終的な手段のような気がします。有名医学部卒のK医師が提唱して論議を生んでいるように、手術を忌避する風潮を生んでしまうとそれはそれで問題でしょう。(2017/11/30 13:00)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長