• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

怒鳴り合い、喧嘩ができるのが、ハッピーな労使

「カルト」と呼ばれながら相談者が絶えない東京管理職ユニオン

2017年5月11日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 3回にわたって「東京管理職ユニオンこそ、カルトではないのか?」とするシリーズをお送りしました。
 今回が、労働組合・東京管理職ユニオン委員長の鈴木剛さんと、アドバイザーの設楽清嗣さんに取材を試みたやりとりの最終回となります。過去2回を振り返っていただくと、これまでの話の流れなどをご理解いただけるかと思います。
 最後に東京管理職ユニオンに対しての見方はさまざまですが、同時に、彼らに相談に行く会社員が後を絶たないのも事実なのです。

自己犠牲を払っても労働者を守る

「カルト」と批判・非難を受ける理由の1つは、経営者らと激しい争いすることもあるのではないか、と私は思います。これまでに経験した中で特にすさまじいものには、どのようなケースがあったのでしょうか?

鈴木:例えば、水商売の店で働く人への賃金未払い。これは完全な違法行為なのですが、泣き寝入りをする人が少なくない。我々が店の経営者らと団体交渉をすると、激しい言い争いになることもあります。店の経営者などが、
殴りかかってくることもありました。賃金不払いや不当解雇などをめぐり、ある産廃業者とは乱闘になりましたよ。

設楽:確かに、あれはすごかった。向こうは、鉄パイプを振り回し、追っ掛けてくる。だけど、我々は逃げない。自己犠牲を払い、闘う気概がなければ労働者を守れない。

設楽さんは、自らを「ナショナリスト」と認めておられますね。2015年9月に取材をしたとき、次のように話されています。少々長くなりますが、これら一連の発言が、現在の東京管理職ユニオンの思想として受け継がれていると私には思えます。

【以下2015年9月のインタビューより>

 1960年、17歳の少年が社会党委員長の浅沼稲次郎氏を殺害した事件が、当時、学生運動の闘士だった設楽さんに大きな影響を与えたそうです。

「すごいことをやるもんだ、やられたと思った。私は“テロがけしからん”という考え方が大嫌い。闘えば、殺し合いもある。

 彼らの思想ならば、一人一殺もあるだろう。政治のためには、一命を賭して闘うことはあり得る。あのような行動やその動機は、容易に理解できる。

 外国にすり寄るような発言をする政治家たちに対して、国を憂い、愛国の思いがみなぎるあまり、『何を売国的なことを言っているんだ! いい加減にしろ!』と怒る思いは十分すぎるほどにわかる。

 私は今でも、労働者がこんなに格差で苦しんでいる状況に対し、『ふざけるな!』という激しい怒りを持つことはある」

「私は、本当のナショナリズムを否定しない。左翼の意義は国や社会、労働者のことを憂いて愛することだと思う。国を愛しているならば、左翼か右翼しかない。

 私は(1960年の)日米安保には反対だったし、今も賛成できない。学生時代、日米安保を破棄し、日本人による義勇軍をつくって自主独立を守るべきだと主張した。

 1970~80年代、北海道にソビエトの軍が侵攻してくるといわれていた。そのときは義勇軍を結成すべきだと思っていた。70年代の成田空港反対闘争の頃は、自衛隊出身の男たちと武力闘争の訓練もしていた。

 いざとなれば銃をとって自己犠牲を払って闘う気概がなければ、労働者や国を守れない。そうでないとナショナルなものは成立しない」

 1990年代から東京管理職ユニオンを取材者として観察する私には、このあたりが、東京管理職ユニオンの真骨頂だと思うのです。それが、現委員長の鈴木さんらに受け継がれているように感じます。

設楽:自己犠牲を払って闘う気概がなければ、労働者や国を守れない思いは変わらないね。今は、カオス(混沌)の世の中なんですよ。だから、労働の最前線の東京管理職ユニオンもカオスになる。左翼もいれば、右翼もいる。

 いろいろな意見があって、もみ合っている状態を維持している。それを「カルト」と呼ぶなんて…。

 へえ~、そうなの、それを「カルト」とみなし、批判するわけね。私なんかは、「(そのとらえ方が)おもしろいね」って言いたい。「カオス」を「カルト」と言うのね。その区別もついていないのね。

鈴木:「カオス」を「カルト」とレッテルをはるならば、むしろ、「カルト」でありたい。記事にも、「カルト集団」と書いておいてください。

設楽:そうそう…。はっきりいって、私は「カルト」と言われてうれしいよ。

組合・東京管理職ユニオンアドバイザーの設楽清嗣さん

コメント6件コメント/レビュー

90年代にお世話になったご縁があり懐かしく読みました。設楽さんのお名前は珍しさもあり忘れません。思想的背景は今回初めて知りましたが(笑)、真の同胞愛・愛国はそこにも向かう筈で。
私も今で言うブラック企業での退職強要でしたが、最近聞くひどいイジメに比べれば全然牧歌的で可愛いもので、それだけ最近の事例には胸が痛みます。当方の無知に付け込み脅す連中なので、こっちが知識をつければ折れて出る。
当時の板橋?の事務所にお邪魔して無料相談に乗って頂いただけで最後は一人で済ませたのですが、「キミ、自宅待機期間の筈だが、昨日は留守だったじゃないか」「はあ、労働法の専門家に相談に行ってまして~。専門家は私に退職すべき落ち度はないという意見で~、ニヤリ」という会話を経て、「辞表出せ」(退職金なし)を「会社都合」(退職金あり)に譲歩(つか当然)させ手を打ったのが懐しい思い出です。かちとった僅かな退職金から壱枚だけ相談のお礼にお送りしたと記憶^^。
むしろ泣き寝入りのほうが次の被害者を生む背景にもなるわけで反撃は当然。胸を張るべきことでしょう。私の相手よりもっと狡猾で性悪な連中なら手荒なやり方もやむなし。訳知り顔でつべこべ言う外野も、ご自分がイジメに会い泣かされて一人ぼっちで味方なくクビにされればわかるでしょうね。
以上、記事化された吉田さんと編集部さんに拍手します。(2017/05/22 20:30)

「職場を生き抜け!」のバックナンバー

一覧

「怒鳴り合い、喧嘩ができるのが、ハッピーな労使」の著者

吉田 典史

吉田 典史(よしだ・のりふみ)

ジャーナリスト・記者・ライター

1967年、岐阜県大垣市生まれ。2006年以降、フリーランスに。特に人事・労務の観点から企業を取材し、記事や本を書く。一方で、事件・事故など社会分野の取材を続ける。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

90年代にお世話になったご縁があり懐かしく読みました。設楽さんのお名前は珍しさもあり忘れません。思想的背景は今回初めて知りましたが(笑)、真の同胞愛・愛国はそこにも向かう筈で。
私も今で言うブラック企業での退職強要でしたが、最近聞くひどいイジメに比べれば全然牧歌的で可愛いもので、それだけ最近の事例には胸が痛みます。当方の無知に付け込み脅す連中なので、こっちが知識をつければ折れて出る。
当時の板橋?の事務所にお邪魔して無料相談に乗って頂いただけで最後は一人で済ませたのですが、「キミ、自宅待機期間の筈だが、昨日は留守だったじゃないか」「はあ、労働法の専門家に相談に行ってまして~。専門家は私に退職すべき落ち度はないという意見で~、ニヤリ」という会話を経て、「辞表出せ」(退職金なし)を「会社都合」(退職金あり)に譲歩(つか当然)させ手を打ったのが懐しい思い出です。かちとった僅かな退職金から壱枚だけ相談のお礼にお送りしたと記憶^^。
むしろ泣き寝入りのほうが次の被害者を生む背景にもなるわけで反撃は当然。胸を張るべきことでしょう。私の相手よりもっと狡猾で性悪な連中なら手荒なやり方もやむなし。訳知り顔でつべこべ言う外野も、ご自分がイジメに会い泣かされて一人ぼっちで味方なくクビにされればわかるでしょうね。
以上、記事化された吉田さんと編集部さんに拍手します。(2017/05/22 20:30)

設楽さんと、宮崎学氏との対談本「敗者復活」(1999年刊)を、まさに今
地元の図書館で借りて読んでます。

今はもう、サラリーマンをやめ、自営的な立場で働いていますので
けっこうフラットに読めてますけれど、会社員続けてたら
かなりドキドキする内容が含まれているように思います。

まあ、「カルトじゃん」「政治的じゃん」と忌み嫌うのは自由ですが
多くの会社員さんにとって、「自分が会社から切り捨てられる可能性」は
十分に「将来には」ありえることだと思います。

このユニオンのことを知らないまま、親子、夫婦ともども
悲しみにくれるだけで職を失うもよし。

「自分が困ったとき」だけ「都合よく存在を思い出して」
「結果的に、誇りを持って、失職、再出発する」のも良し。

まあ、人生、「選択肢が多い」に越したことはおませんぜ。


「このユニオンの存在、知ってて」「損はしまへん」で。(2017/05/22 14:59)

何年ぶりでしょう。吉田さんのコラムを久々に拝読させて頂きました。まだ続いていたんですね。(失敬!)

最近、転職したばかりの企業を1ヶ月で退職しました。社長のパワハラと部長(女性)の嫌がらせがすごくて。前者は病的な暴君・・・後者はライバルになる人間を蹴落として起きたいからかな。一番傷ついたのは、引き継ぎのスタッフの影での私への失敗工作。会社に病気を理由に退職勧告を受けてるらしく、しがみつきたいみたいなので、後任をなんだかんだで追い出してるみたいです。私で何代目だったのでしょうか。たった1ヶ月ですが、本当に疲労困憊。私を入れた後に、もっと希望通りの人材が見つかったので、試用期間中に急いで追い出したかったのかな?ある日突然に態度がそれはもうひどくなりました。自主退職を仕向けるような言動が度々ありました。示し合わせたかのようにそれは急に始まりましたから。私のポジション以外にも、人の入れ替わりがすごいので、過去には壮絶なことも色々あったのでしょう。恐怖とたくさんの変なルールに支配されていた職場で異常な雰囲気でした。当初は理不尽すぎて悔しくて仕方なかったけど、今は自分のために早く逃げ出してよかったと思います。

この問題で、労働基準監督署に相談したんですが・・・こちらで紹介されていた東京管理職ユニオンさんのこと存じ上げてたらと残念です。

これからもコラム、楽しみに拝見させて頂きます。(2017/05/22 13:34)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

お客様が低価格に慣れてきている。

片岡 優 ジェットスター・ジャパン社長