• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

気持ちよいスタートを切るため洗面所を改造

2016年2月20日(土)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

(撮影協力=TOTO立川ショールーム、以下同)

 皆様、こんにちは。整理収納アドバイザーの江間みはるです。

 日々のストレスを解放するために、普段過ごす空間をどのようにするべきか、そのヒントをお伝えするこのコラム。今回、取り上げるのは洗面所です。

 洗顔、歯磨き、髭剃りなどを行う1日のスタートを切る洗面所は、気持ちよい空間に整えておきたいものです。ただ、どうでしょう。昨夜歯磨きした歯ブラシが置きっぱなし、髪を乾かしたドライヤーがコンセントにつながったまま、そんなことはないですか。

 もちろん、それらを片付ければ少し綺麗になるかもしれません。ただ、ここは全体的に見直してみましょう。物の置き方や素材などをちょっと見直すことで洗面所全体の見え方が変わり、洗顔など気持ち良く行うことができます。毎朝、良いスタートが切れること間違いなしです。

 洗面所を見直すポイントは4つ。①タオル②収納ケース③ボトル④素材――です。

①タオル

 まず、タオルです。タオルはハンガーに掛けていると思うのですが、どのように掛かっているでしょう? いちいちタオルの掛け方まで気にしていられない、と声が聞こえてきそうですが、ここは是非、見直してください。

タオルはピーンと伸ばしてハンガーに掛ける

 掛かったタオルのラインが一直線にすると場が整い、それと共に気持ちも整います。

 もちろん、タオルは毎日変えて清潔な状態にしましょう。数日かかったタオルを使用していては、衛生面で心配です。新しいタオルで顔を拭くのは気持ちが良く、またまっすぐに掛かったタオルを見ると、背筋もまっすぐに伸びて、気持ちがシャキッとして、心もリセットされて仕事への活力が涌きます。

コメント1

「仕事に活力!「ストレス」知らずの空間づくり」のバックナンバー

一覧

「気持ちよいスタートを切るため洗面所を改造」の著者

江間 みはる

江間 みはる(えま・みはる)

整理収納アドバイザー

1967年東京生まれ。2008年より整理収納アドバイザーとしての活動を開始し、これまでに600件以上の方に指導する。現在は企業研修、講演活動を中心に活動している。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

誰もやらない領域を根気強く続けられるかが成功の秘訣。

田坂 正樹 ピーバンドットコム社長