• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

投資信託はおまけ、売るのは将来の夢や希望

レオス・キャピタルワークス 藤野英人社長に聞く

2017年3月30日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 一連の金融庁の改革を、金融機関はどう見ているのか。今回はひふみ投信を運用するレオス・キャピタルワークスの藤野英人社長を訪れた。かつて中小型株投資で驚異的なパフォーマンスを上げ「カリスマファンドマネジャー」と呼ばれた藤野氏。「国民のためのファンドを作り育てたい」と立ち上げたひふみ投信にこめられた思いを聞いた。

(構成 日経BPコンサルティング 金融コンテンツLab.

藤野英人(ふじの・ひでと)氏
レオス・キャピタルワークス社長兼最高投資責任者
1966年、富山県生まれ。1990年、早稲田大学卒業後、野村投資顧問(当時)、ジャーディンフレミング投資顧問(当時)、ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントを経て、2003年にレオス・キャピタルワークス創業。現在は社長兼最高投資責任者。販売会社を通さずに投資信託を直接販売する直販ファンドの「ひふみ投信」を運用する。

錦の御旗がこちら側にやってきた

金融庁が顧客の利益を第一に考える営業を金融機関に強く求めていますが、独立系の投資信託会社については、「すでにしっかりやっている」と評価しているようです。

藤野社長(以下、藤野):森信親長官が登場されて、私と同じようなことをおっしゃる方だと、とても驚いた。それまで金融庁は、どちらかと言えば敵対する立場だと思っていたが、森長官はこちらの言いたいことを代弁してくださる。そんな方が金融行政のトップになられた。まるで錦の御旗が突然、こちら側にやってきたような感覚だ。

コメント0

「どうなる、金融改革2017」のバックナンバー

一覧

「投資信託はおまけ、売るのは将来の夢や希望」の著者

鈴木 亮

鈴木 亮(すずき・りょう)

日本経済新聞社編集委員兼キャスター

1960年生まれ。1985年早稲田大学政治経済学部卒、日本経済新聞入社。 1997年ロンドン駐在特派員、東京本社証券部次長、日経マネー編集長、日経電子版マネー編集長兼マーケット編集長などを経て現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員