• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

読者の皆様からのフィードバック

「飛べないMRJ」から考える日本の航空産業史 オスプレイの設計は見事、そして鳥人間の罠

レビュー

とても参考になった
 

97%

まあ参考になった
 

1%

参考にならなかった
 

1%

ぜひ読むべき
 

93%

読んだほうがよい
 

4%

どちらでもよい
 

2%

いただいたコメント

ご協力いただきありがとうございます。日経BP社は,読者の皆様からの投稿の内容につきまして,その信頼性,適法性などを一切保証いたしません。何らかのトラブルが発生した場合,日経BP社は一切,責任を負いませんので,皆様の自己責任においてご利用願います。

T-2のスポイラーは操舵時に薄翼の一部が上方に回転して翼下面から上面に気流が吹き抜けるタイプなので、たとえ迎え角がゼロでもマイナスでも通常のロール操縦が可能です。
記事全般は非常に興味深く読ませて頂きました。(2018/05/21 20:05)

>(2018/05/15 12:31)様
(2018/05/14 14:14)です。

>迎え角をゼロ乃至マイナスに取って、翼の揚力と(負の)機首軸線方向が釣り合うために結果として垂直降下できている

機体によって違うので厳密には言えませんが、主翼の揚力がほぼゼロである時、本来主翼よりかなり小さい胴体揚力も、垂直降下時は普通エンジン絞りますから推力の分力としての機体鉛直成分も無視出来ます。
「(負の)機首軸線方向」というのが何をイメージされているのか解りませんが、垂直降下中であれば機体軸線≒地平に対し垂直、これに対し垂直降下中の揚力は地平に対し水平方向に作用します。この揚力=地平に対する水平成分が、迎え角(進行方向に対する主翼の取り付け角度)をゼロあるいはマイナスによってほぼゼロになる、と言う事です。

以前、坂井三郎氏の著書「大空のサムライ」で、「急降下で逃げる敵機に対し、零戦は何故か浮くようで機銃が当たらない」と書かれていたのが思い出されます。これは、ネガティブGつまり揚力ゼロで自由落下に近い状態で降下する敵機に対し、これを照準器に捕らえようとすると機体特性の違いから零戦は主翼に迎え角が残ってどうしても軌跡が機体上方に逸れる(零戦でネガティブG降下するなら、もう少し機首を突っ込まないとイケない)ので撃っても当たらない(弾が敵の上を通る)、進行方向を合わせると今度は機首がやや下を向く=射軸がズレてやはり当たらない(弾が敵の下を通る)、と言う事だったのだと理解出来ます。

あと、オスプレイが美しくないとおっしゃる方が複数いらっしゃいます、美意識は個人差がありますから否定も意見もしませんが、私は同様にA-10やスーパーグッピーにもつきつめた機能美を感じます。(2018/05/16 15:39)

>垂直降下時には、揚力が発生してしまうと機体は地面に垂直な線≒想定する飛行経路に対し、機体の上方向つまり想定経路に対して>>鉛直方向に移動してしまいます。なので、本当に垂直降下したければ、主翼が揚力を発生しないように迎え角をゼロかマイナスにしないとダメです。

主翼は揚力を発生させているため、迎え角をゼロ乃至マイナスに取って、翼の揚力と(負の)機首軸線方向が釣り合うために結果として垂直降下できているということですよね。
つまり、その状態でも翼面に揚力は発生しているはず。であれば、スポイレロンの操作で片翼の揚力が変化すれば、垂直降下中でもロール軸方向に姿勢が変化するのでは? と思うのですが。(2018/05/15 12:31)

☆「垂直効果時にも揚力は発生しているはず」というコメントがありますが、揚力が発生していれば、機体は揚力方向(パイロットの頭の方向)に引っ張られるので、機体進路がそちらにずれます。(水平飛行時は重力をバランスさせていますが、垂直時には機体腹方向の力は存在しませんから)  ☆つまり垂直に降下する(している)ということは、揚力を打ち消すように制御している、ということです。    (2018/05/15 10:53)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

そもそも後藤という人間を理解してもらわなくてはならない。

後藤 高志 西武ホールディングス社長