• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

華僑は忙しくてもスケジュールがゆるい

遅れてもずらしても良い「ゆるアポ」がカギ

2016年3月2日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 書店に並ぶスケジュール術や手帳術の本の豊富さを見る限り、それだけ多くの人がこの分野で困っていることが分かります。すき間時間の有効活用などさまざまな切り口がありますが、どんなことを試してもうまくいかず、次々と新しい方法に手を出しているような人も多く見られます(かつて私自身もその1人でした)。

 なぜうまくいかないのか? 人によって脳のタイプが違うというのもありますが、もっとシンプルに考えれば「突発事項があるのが仕事だから」だということになります。そして、この突発事項には、意外と大きなチャンスが潜んでいるもので、そのときに外せない用事が入っていれば、悔しい思いをすることになります。

 突発事項と聞くとネガティブな印象を持つ方もいらっしゃるかもしれません。しかし、突発事項=想定外の出来事=レベルアップのチャンス、という図式で考えることができます。

 想定内の仕事はいわゆるルーチンと呼ばれるものです。ルーチンを毎日続けていても、それがいくら「真面目」に取り組んでいるからといって、「できるやつ」という評価を得るのは難しい。ルーチンから抜け出すためにはレベルアップする必要があるのです。

 レベルアップするには、突発事項に慣れていく必要があります。慣れていくことは誰にでも簡単にできるはず。慣れて簡単にできることが増えれば、それだけあらゆるものごとをスピードアップしてこなせる術を身に付けることができる、と考えられます。

 逆説的に考えれば、想定外の出来事が訪れるのを「待つ」ということがスケジュールを制する、ということにほかなりません。

 そう、ビジネスが上手くいくスケジュール術とは突き詰めれば「スケジュールを埋めないこと」。重要人物から急に声がかかった時、いつでも時間を作れるようにいかに空白欄をつくるかが肝になるのです。

コメント5件コメント/レビュー

特に、大企業のトップに立つ人は
ゆとりが一番大事だと思います。
その意味で中国人に学ぶべき点は多いと思います。
春節、国慶節で、最低2週間ずつ休暇を取るので、
日本人よりも休暇が多いのが中国人です。(2016/03/03 12:10)

「華僑直伝ずるゆる処世術」のバックナンバー

一覧

「華僑は忙しくてもスケジュールがゆるい」の著者

大城 太

大城 太(おおしろ・だい)

前仲原物産社長

大学卒業後、外資系金融機関、医療機器メーカーを経て、華僑の大物と言われる人物に師事。起業1年目でアルバイトと2人で年商1億ビジネスを作成。現在、前仲原物産、エスディーメディカルなど5社の代表を務める。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

特に、大企業のトップに立つ人は
ゆとりが一番大事だと思います。
その意味で中国人に学ぶべき点は多いと思います。
春節、国慶節で、最低2週間ずつ休暇を取るので、
日本人よりも休暇が多いのが中国人です。(2016/03/03 12:10)

「ゆとり」の意味を考える必要があるということか。「時間に正確」なのは「第2の波」の産業に有利な文化であり,日本が明治以降に欧米から輸入した文化の一つだ。ここから「第3の波」あるいは「それ以降の波」に乗る産業は「時間に正確」が必ずしも必須ではない。そうした世界史なベーストレンドの変化がアジアに「追い波」になっているともいえる。要はかたくなにならず,さまざまな文化やペースに対応できる「柳」のような柔軟性が必要だということだろう。(2016/03/03 11:51)

華僑がというが、そうではなく、日本以外のアジアの人は根本的に時間に対してルーズであると考える。それは日本以外のアジア全体の文化なので、それをベースとした考え方や方法を日本で取り入れることは本質的に不可能なことであり、日本人としては単純に人に迷惑をかけるだけのことだ。ゆるアポ等と言うが、簡単に言えば相手の時間を無駄に使い、相手を待たせるということである。これができるのは相手との力関係が強い時に限るわけで、なおかつ、相手からは悪い印象は持たれても良い印象を持たれることはない。計画性がきちんとして約束を守るのが日本人の優れた文化であることをまず考えるべきだと思う。(2016/03/03 01:56)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

テスラのような会社と一緒にできないのなら、パナソニックはイノベーションを起こせないだろう。

津賀 一宏 パナソニック社長