• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ここ一番に強くなるには「予習をやめる」こと!

修羅場もへっちゃらな華僑は「復習」重視型

2016年3月16日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

プレゼン本番。しっかり準備したのに、予期せぬ質問を浴びせられて頭が真っ白…。本番に弱い人こそ、予習型から華僑流の復習型にチェンジすれば本来以上の力が出せる

 ビジネスでもプライベートでも、頼りになるのは「ここ一番」に強い人。普段は「いい加減ね」と言われていても、大事な場面で力を発揮する人がモテる、それが世の常ですね。

 逆に「ここ一番」に弱い人は、普段いくら努力をしていても評価されにくいものです。実際、普段は上手くやれているのに本番が苦手、焦って本来の力を発揮できないというお悩みをもつ人も多いのではないでしょうか?

 今回は、そんな本番が苦手な人におすすめの、華僑流「ここ一番に強くなる方法」をお伝えします。

本番慣れには「ぶっつけ本番」が効果的

 ビジネスにおいても、スポーツにおいても、「本番」は勝つか負けるかの戦いの場です。「修羅場をくぐる」などと言いますが、厳しい指摘や意地悪な質問が矢のように降り注ぐプレゼンの場などは、まさに「修羅場」ですね。

 そこで混乱して意味不明な受け答えをしてしまったり、緊張のあまり頭が真っ白になって思考停止してしまったり、慌てて言い訳に終始したり…。人によって現象はマチマチですが、何にせよ評価を下げることは間違いないので避けたいものです。

 本番での失敗の原因は2つあります。「経験の少なさ」と「予習偏重」です。1つ目は当たり前のことですが、修羅場の経験が少なければ、度胸がつきません。ただそれだけですので、まずは場数を踏んで修羅場・本番に慣れることですね。

 多くの人は修羅場を避けたがりますが、程度の差こそあれ完全に避けることは不可能だと考えたほうが現実的でしょう。逆に修羅場を積極的に経験して慣れてしまえば、この先どんなことが起こっても大丈夫。何も恐れることなく堂々としていられます。では修羅場に慣れるにはどうすればいいのでしょうか?

 修羅場 = ぶっつけ本番
 修羅場を多く体験する = ぶっつけ本番をたくさん経験する

 いっそ何も用意をせず、思い切って飛び込むのが「修羅場慣れ」への一番の近道なのです。

「途中の失敗」は失敗にあらず

 「そう言われても、やっぱり本番で失敗するのは怖い」

 そんな声が聞こえてきそうですが、華僑に言わせれば「苦くない失敗こそ無駄」。悔しい、恥ずかしいなど、苦い思いをした経験こそ身につくのであって、すぐに忘れてしまうような失敗など何の役にも立たないでしょ、と。

コメント3

「華僑直伝ずるゆる処世術」のバックナンバー

一覧

「ここ一番に強くなるには「予習をやめる」こと!」の著者

大城 太

大城 太(おおしろ・だい)

前仲原物産社長

大学卒業後、外資系金融機関、医療機器メーカーを経て、華僑の大物と言われる人物に師事。起業1年目でアルバイトと2人で年商1億ビジネスを作成。現在、前仲原物産、エスディーメディカルなど5社の代表を務める。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長