• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

生産性を高める4種のコミュニケーション術

2017年8月30日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 会社の上層部からも現場からも、そして国家からも働き方改革という旗印のもと、業種業態に関わらず、生産性向上が叫ばれるようになりました。単に生産性向上というわけではなく、世相を表すかのように同時に労働時間短縮も両立せよ、の大合唱です。

 経済協力開発機構(OECD)加盟国中で日本のホワイトカラーの労働生産性が低い、というデータは各所で引用されていますので、それを目にされた読者も多いと思います。戦後の奇跡と呼ばれた日本。ただ上記のデータが示すように労働生産性は低い。言葉は悪いですが、日本人はあまり器用ではなく、どちらかというと不器用と分類されるような仕事のやり方しかしていないのでしょうか?

 実はそんなことはないのです。日本人は勤勉で真面目、一生懸命働く、というのは世界が認めるところです。それを表すように製造業における労働生産性はOECD加盟国中上位に常に位置しています。ホワイトカラーと呼ばれる人たちだけが製造業に従事している人たちに見劣りするとは誰も思わないでしょう。

 日本のホワイトカラーの労働生産性が低い理由は明らかです。それは「過剰サービス要求」「過剰サービス体制」です。日本人の誰が言い出しかは定かではありませんが「お客様は神様です」の掛け声よろしく、これでどうですか、これでいかがですか、もっとこうですか、とサービスの嵐状態になっています。

 確かにお客様は神様ですと呼んでもよかった時代がありました。大量消費が行われた少品種大量生産の時代に、軒先に並んでいる商品を値引き要請もせず購入し、クレーマーなどの言葉がなかった時代は、それで企業も潤い、そこで働く人たちも今日よりも明日、今年よりも来年はもっと良くなると信じていればそれが実現していく社会構造でした。勤勉で伝統を重んじる日本企業はその時代の慣習を今も続けることによって苦しみ、労働生産性の低下を招いています。

 そんな状況下において、世界各国においてお金儲けの代名詞とも一部で言われている華僑たちの考え方や働き方は非常に参考になります。「衣錦環郷(いきんかんきょう)、故郷に錦を飾る」を誓って祖国を後にする華僑たちは、言葉が不自由な中でも、自分や親族のメンツを守るためにも失敗は許されない、成功以外は帰郷さえできない状況の中、常に生産性向上、スピードアップを意識した行動をとります。そんな彼らのスピードや思考を支えているのが、中国古典です。

コメント3件コメント/レビュー

いつも楽しみに読んでおります。が。今回はあまりピンと来ませんでした。タイトル倒れの感もあり、残念です。(2017/09/01 13:06)

「華僑直伝ずるゆる処世術」のバックナンバー

一覧

「生産性を高める4種のコミュニケーション術」の著者

大城 太

大城 太(おおしろ・だい)

前仲原物産社長

大学卒業後、外資系金融機関、医療機器メーカーを経て、華僑の大物と言われる人物に師事。起業1年目でアルバイトと2人で年商1億ビジネスを作成。現在、前仲原物産、エスディーメディカルなど5社の代表を務める。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

いつも楽しみに読んでおります。が。今回はあまりピンと来ませんでした。タイトル倒れの感もあり、残念です。(2017/09/01 13:06)

日本人の場合、やらない事リストではなく
優先順位で仕事しているんじゃないかとは思う(私もそう

私の場合で言えば、その優先順位の最下位は漏れなく
やらない(よほど暇にならない限り手を出さない)に入るかな。(2017/09/01 12:20)

日本の製造業では「サービスはタダ」という考え方が全体に深く根を張っていた。例えばコンピューターを買う場合、ハードウェアには金を払うが、付随するソフトはおまけでもらえるという風潮だ。「サービス」という言葉自体、日本では「無償」とほぼ同義だったのだ。富士通などの日本企業はその呪縛から長いこと抜けられなかったが、外資系である日本IBMは当初からサービスに対価を要求していた。公共のシステム導入で、ソフトを「1円」で入札した日本企業もあった。サービス業にしても、例えばホテルや旅館では宿泊費や食事に金を払うことはあっても、その他の人で作業は「タダ」だと思っている客も未だに多い。本来「サービス」は極上の「商品」なのだが、何故多くの人達がそれを理解出来ないのか、正直言って良く分からない。恐らく、原因は、顧客の不評を買うのを恐れて、サービスが有料である事を明確に押し出す事を躊躇させた結果であろう。だからサービス提供者が責任を持ってそれを顧客に伝えるしか無いのだと思う。(2017/08/30 08:29)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

店長や売り場主任などの管理職は、パートを含む社員の声を吸い上げて戦略を立てることが重要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長