• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

貧困×認知症×暴力=「高齢者犯罪」拡大の現実

高齢化社会が直面する難題、見て見ぬふりはもうやめよう

2017年3月8日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2014年12月4日、NHK『クローズアップ現代』で、高齢社会研究の関係者の間で大変ショッキングな内容の放送があり、話題になった。タイトルは「犯罪を繰り返す高齢者 ~負の連鎖をどう断つか~」[1]。府中刑務所では高齢の犯罪者の受刑者が急増し、10年で2倍の400名になったという事実だ。家族がなく失うものもない高齢者が、犯罪を繰り返しては逮捕、収監され、刑務所で衣食住を満たすという負のスパイラルが報じられている。犯罪者の更生を政策レベルで考える上で、再犯率引き下げの実現を阻むものは「犯罪を犯すことで失うものがある」あるいは「犯罪を行わないことで安寧な生活を送ることができる」ことだ。こう考えられる状況にないか、考える能力がない高齢犯罪者の実態が詳らかになったことに多くの関係者は衝撃を受けた。

悲劇の主役は「取り残された人々」

 もともと、戦後の犯罪史的にも、世界的な犯罪動向でも、必ずしも高齢者による犯罪そのものが累犯率が高いものとは言えない。高齢になってから窃盗や寸借詐欺などを働いて検挙される人の初犯率は90年代までにかけてずっと高い割合で推移している。つまり、いままで犯罪には縁のなかった人が、高齢になって初めて犯罪に踏み込んでしまう傾向だ。むしろ、衝動的な犯罪や強盗・殺人など重度の犯罪はずっと若者が主たる割合を占めていた。この手の犯罪を抑え込むには若者の社会化を促したり、職業・家庭の安定といった、将来を見据えた居場所づくりを奨励していた。未熟な若者が「犯罪など犯さずとも幸福に暮らしていける良い環境づくり」を社会や地域、家庭、職場が一体となって行うことで、高度成長を背景に豊かであった日本社会は、若者による犯罪の抑え込みに成功したと言える。

 しかしながら、2000年代以降になると高度成長が終わり、失われた10年を経て日本経済自体の低成長が日本人の「未来に対する安心感」を損ない始めた。また人口構成上も急速かつ不可逆に進行する高齢化、少子化の影響を受けて、犯罪の年齢構成も徐々に変容していった。また、それまで明るみに出ることが少なかった高齢者同士の介護疲れからの殺人が増加。2000年の介護保険制度導入前の1998年には20件であった介護疲れによる殺人や無理心中事件が、2014年には42件と倍増。重大な刑事事案にはならない日常的な高齢者への虐待も問題視されるという意見が増えているが、水面下で具体的にどのくらい増えているかは現段階では分からない。また、介護する側の認知問題や経済困窮などの事由もあり、事情を加味し本人に反省があるなどとして、起訴されないケースも多数報告が上がるようになっている。高齢社会と言われて久しい日本において、むしろ繁栄から取り残された人々が高齢者の犯罪の主役になってしまっているのが実情と言えよう。

 法務省は2007年、高齢者と犯罪の関係についての研究文書『高齢犯罪者の実態と意識に関する研究』を発表[2]。その後も、重点的な再犯率抑え込み政策の主眼として10年間の取り組みにおける数値目標として、「刑務所出所後2年以内に再び刑務所に入所する者等の割合を今後10年間で20%以上削減する」ことを定めた『再犯防止に向けた総合対策』(2012年)[3]を策定。また2016年には「薬物依存者・高齢犯罪者等の再犯防止緊急対策 ~立ち直りに向けた"息の長い"支援につなげるネットワーク構築~」を閣議決定[4]し、前面に打ち出している。

コメント18件コメント/レビュー

「明日は我が身」と思わないので「自己責任論」で終わってしまう人 . . . というコメントですが、その通りだと思います。

それに加えて、自己責任論が仮に正しいとしても、問題の解決には繋がりません。犯罪・再犯を減らすには、何かをしないといけない。この記事は、そういう問題提起と解決案を提示しているものです。(2017/03/09 14:36)

「パラシュート無き落下の日本学 首都圏の今後」のバックナンバー

一覧

「貧困×認知症×暴力=「高齢者犯罪」拡大の現実」の著者

山本 一郎

山本 一郎(やまもと・いちろう)

個人投資家、作家

IT技術関連のコンサルティングや知的財産権管理、コンテンツの企画・制作に携わる一方、高齢社会研究や時事問題の状況調査も。「ネットビジネスの終わり(Voice select)」、など著書多数。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

「明日は我が身」と思わないので「自己責任論」で終わってしまう人 . . . というコメントですが、その通りだと思います。

それに加えて、自己責任論が仮に正しいとしても、問題の解決には繋がりません。犯罪・再犯を減らすには、何かをしないといけない。この記事は、そういう問題提起と解決案を提示しているものです。(2017/03/09 14:36)

予想通りの記事内容だったので、特に驚かなかった。
矯正施設では、出所後就職することを視野に職業訓練を行うところが多い。
現実的に(私は憲法違反の「年齢差別」だと考えている)定年制を設定している企業・官庁は多く、たとえ犯罪経験がなくとも、高度な技術ならともかく少々の(刑務所で短期間に身につくレベルの)技術を有した高齢労働者を採用するところがあるのか?と問えば、予想はつくでしょう。
ましてやムショ帰りとなれば、推して知るべし。

私なりの対策案は、社会保険制度より先に労働法制の欧米並み強化でしょうね。
残業自体が違法となれば、高齢者でも雇用せざるを得なくなります。(2017/03/09 10:07)

内容的にはよくまとまっているだけに、5ページ目に入って、突然独身を謳歌だの著者の豹変振りに、思わず 殿ご乱心かと突っ込みたくなりました。
世の中には自分は結婚に向かないと独り身を貫く人もいれば、結婚する心の準備もできていないのに器だけ求めて結婚したがる困った人達もいます。後者も割れ鍋に綴じ蓋になれば問題は表面化しませんが、現実問題としては夫婦のどちらかが我慢を強いられメンタルをやられるか、一家でご近所さんから鼻つまみ者扱いされているのが現実でしょう。どう地域に軟着陸するかは自分自身にも重なる決して他人事とは思えない問題と自覚していますが、静かに生きたい単身者から見れば、カネさえあればどんなわがままでも通用すると現役時代のパワハラ気質が抜けない人の方が余程迷惑です。(2017/03/09 09:05)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

テスラのような会社と一緒にできないのなら、パナソニックはイノベーションを起こせないだろう。

津賀 一宏 パナソニック社長