• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

わたしたちが北朝鮮危機に戸惑う本当の理由

日本に訪れている「楽園追放」の日

2018年3月20日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 それまで戦争とか紛争とかは、どこか遠い国のお話……と思って生きてきたのに、気付いたらすぐ隣に歴史的な危機が迫っていた。

 せめて、この「恐怖」を奇貨として、クライシスの背後にある直近の現代史と、日本と米国の関係を基本から理解しておこうではないか。外交・インテリジェンスの第一人者、手嶋龍一に、ジャーナリスト、清野由美が入門して、いろいろ聞いていきます。

米国の軍事力の象徴、航空母艦(写真はニミッツ級7番艦「ジョン・C・ステニス」)

清野:戦後の長い時間の中でも、2017年は北朝鮮クライシスが一気に具現化した年でした。日本でも危機感が高まり、メディアにはさまざまな情報や見立てが入り乱れています。しかもここにきて、米朝トップ会談の可能性が浮上するなど、情勢は刻々と動いて、予断を許さない。もう、どうなってしまうんだろう、と心配でたまりません。

手嶋:確かに「クライシス」ではあるのですが、各地の「戦争」と日常的に付き合ってきた者から見れば、日本でも危機はずっと以前から身近にあったはずです。ですから、清野さんのいう「北朝鮮クライシス」は、かなり主観的なものなのです。

清野:え、これって主観なんですか? のっけから引いてしまいました。

手嶋:「そもそも北朝鮮危機って何?」と問われた時に、清野さんならどう答えますか?

清野:さあ……ただ真っ白な地平が前に広がっていて……。

手嶋:正直なのはよろしいのですが、その地域に暮らす者として、ごく基本的な土地勘、歴史勘を持っていない、ということですね。

清野:はい、その通りです。しかし、その白く、漠然とした脳内状況は、私のような高度経済成長期に育った世代、つまり、「日経ビジネスオンライン」の読者の多くの方々にも共通しているものだと思うのです。

そりゃないよ、米国の「北朝鮮核容認論」

清野:私たち世代、というか、年齢でいうともっと幅広く、60代から今の若い人たちまでの大半は、戦後の民主主義教育の中で、太平洋戦争をはじめ戦争とは何か、という教育をきっちりと受けないまま、今に至っています。その事実に今更ながら愕然として、こうして教えをいただく機会を設けました。

手嶋:私だって偉そうなことは言えません。1980年代後半にワシントンに特派員として赴任するまでは、戦争の取材など、まったくしたことがありませんでしたから。

清野:冷戦末期ですね。

手嶋:戦後の日本は、大国による「力の行使」に真っ向から向き合った経験がなかったのです。超大国はいとも簡単に伝家の宝刀を抜く――ワシントンに行って初めて、その事実に大きな衝撃を受けました。

手嶋 龍一(てしま・りゅういち)
NHKの政治部記者として首相官邸、外務省、自民党を担当。ワシントン特派員となり、冷戦の終焉、湾岸戦争を取材。ハーバード大学CFIA・国際問題研究所に招聘された後、ドイツのボン支局長を経て、ワシントン支局長を8年間務める。2001年9.11の同時多発テロ事件では11日間の昼夜連続の中継放送を担った。2005年NHKから独立し、日本で初めてのインテリジェンス小説『ウルトラ・ダラー』(新潮社)を発表。姉妹篇『スギハラ・ダラー』と合わせ50万部のベストセラーに。近著に『汝の名はスパイ、裏切り者、あるいは詐欺師-インテリジェンス畸人伝』(マガジンハウス)。最新刊は、主要国が少数の政治指導者に強大な決定権を委ねる危うさを警告した『独裁の宴-世界の歪みを読み解く』(中公新書ラクレ・佐藤優氏と共著)。現在は、大学や外交研究機関で外交・安全保障を中心に後進の指導に取り組む。

清野:一連の北朝鮮クライシス報道の中で、私が最もドン引いたのは、米国の政権中枢に、北朝鮮の核を認めてもいいという「核容認論」があるということでした。

手嶋:米国の政権は、トランプ大統領にいたるまで、北朝鮮の核武装は絶対禁止という立場を取り続けています。が、ここにきてそういう論議が浮上しています。それも、共和党ではなく、民主党のオバマ政権で安全保障に携わった人たちから。

コメント17件コメント/レビュー

佐藤優さんもインテリジェンスの必要性を唱えていましたが、その意味がわかりませんでした。手嶋さんの説明でようやくわかりました。
「北朝鮮が核を持った。日本が核攻撃される」或いは「半島で戦争になったら、日本に何十万人の避難民が押し寄せてくる」と危機を煽る人たちがいます。「そういうことは起こりえない」といえば「平和ボケ」だと非難されます。
核戦争になれば、北朝鮮は世界地図から、人間が住んでいない地域として表示されることになります。このことを北朝鮮の指導者は知っていますから、半島では戦争は起こりえないし、日本が核攻撃されることもありえません。
こういうことを新聞・テレビで解説してくれる人がいないことが、日本人にとって悲しいです。(2018/03/27 14:08)

オススメ情報

「テッシー先生×キヨノの直近・現代史入門」のバックナンバー

一覧

「わたしたちが北朝鮮危機に戸惑う本当の理由」の著者

清野 由美

清野 由美(きよの・ゆみ)

ジャーナリスト

1960年生まれ。82年東京女子大学卒業後、草思社編集部勤務、英国留学を経て、トレンド情報誌創刊に参加。「世界を股にかけた地を這う取材」の経験を積み、91年にフリーランスに転じる。2017年、慶應義塾大学SDM研究科修士課程修了。英ケンブリッジ大学客員研究員。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

佐藤優さんもインテリジェンスの必要性を唱えていましたが、その意味がわかりませんでした。手嶋さんの説明でようやくわかりました。
「北朝鮮が核を持った。日本が核攻撃される」或いは「半島で戦争になったら、日本に何十万人の避難民が押し寄せてくる」と危機を煽る人たちがいます。「そういうことは起こりえない」といえば「平和ボケ」だと非難されます。
核戦争になれば、北朝鮮は世界地図から、人間が住んでいない地域として表示されることになります。このことを北朝鮮の指導者は知っていますから、半島では戦争は起こりえないし、日本が核攻撃されることもありえません。
こういうことを新聞・テレビで解説してくれる人がいないことが、日本人にとって悲しいです。(2018/03/27 14:08)

コメントの
>日本が他国の駐留先に比べて米軍にとって地位が低いとすれば、その理由はやはり、まず「駐留先の国民に共産主義者と戦う気概・法制度・軍隊があるか?」ではないですか?

こんな理由なんて誤差の範囲位しか含まれはしないだろう。

単純に、
・旧敵国で準属国扱い
・守ってやっている意識
・日本・日本人を下に見る差別
・他所より危機意識の薄い敵視してくる事の多い連中(マスコミ含めて)
・(日本からみると)相対的に質の低い(素行の悪い)兵士が少なくなく
・全体の総数も多いだけに問題発生頻度も高い

少なくとも韓国は~云々は無いだろう。

貴方の言う前提が正しいなら正に今韓国こそ蹴飛ばしても良い位の立ち位置だろう?
今と言わずとも20年位前から日本より下でも良かろう。

>自国の安全に責任を持たない法整備もしない国・国民など無責任・幼稚に見えても不思議じゃない

アメリカ含めた戦勝国が日本をそう方向付けたのだから、それをアメリカが言うかね?
だから、未だに実質占領しているつもりが少なくとも上にはあるのであり、
それゆへにこそ地位が低い扱いなのではないか?(2018/03/25 01:09)

日本が他国の駐留先に比べて米軍にとって地位が低いとすれば、その理由はやはり、まず「駐留先の国民に共産主義者と戦う気概・法制度・軍隊があるか?」ではないですか?

NATO諸国は自国の軍と諜報機関を持ち、国連軍に参加して武力を提供してきました。韓国はベトナム戦争で米軍と共に血を流してきた、これが非常に大きいと思います。

日本は軍事的には米軍に依存している準州コスタリカに近いのでしょう。コスタリカは軍事を米軍に依存しているからこそ、米軍の在り方に物申さず、自国内で米兵が自由に活動する権利を与えています。
それでも常設の地方警備隊(他国からは準軍隊扱い)が現在いて、周辺の軍保有国を超えるレベルの予算を使い、有事には徴兵制度復活・軍再編される法整備ができています。日本はそれすらありませんから、コスタリカ以下くらいに思っている米軍関係者もいるかもしれない。

世界約200ヶ国の常識でグローバルに考えれば、自国の安全に責任を持たない法整備もしない国・国民など無責任・幼稚に見えても不思議じゃないですね。(2018/03/22 21:27)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

宇宙にゴミを出し続けていては、宇宙産業のビッグバンも、月旅行も、火星移住も実現できない。

新谷 美保子 TMI総合法律事務所弁護士