• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「中国の人から受けるストレス」の理由

  • 田中 信彦

バックナンバー

2018年4月17日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 残念ながら(とあえて言うが)、「国の実力」という意味では日本は中国に太刀打ちできる状況ではもはやなくなった。人口が10倍、国土が25倍という国だから、そのことは仕方がない。これまでが特異な時代だったと考えるべきだろう。

 「国」としての中国は言うまでもなく「一党専制」の社会主義国であり、政治の決断次第でどうにでも動く国である。事態が日本にとってうまい方向へ運べばいいが、そうでなければ脅威は大きい。

 しかしその一方で、経済的に見て中国との関係抜きに日本企業、日本人個人の安定した将来を描くのは、極めて難しい。

 別に、中国という国が好きでも嫌いでも、中国人が好きでも嫌いでも、それは個人の自由で、どちらでもかまわない。大事なのは、正面から向き合う覚悟を決めるか、あるいは、自らの弱さに負けて目を逸らすか、である。今はそういう時代だ、と私は思う。

田中 信彦(たなか・のぶひこ)
 BHCC(Brighton Human Capital Consulting Co, Ltd. Beijing)パートナー。亜細亜大学大学院アジア・国際経営戦略研究科(MBA)講師(非常勤)、前リクルート ワークス研究所客員研究員。1983年早稲田大学政治経済学部卒。90年代初頭から中国での人事マネジメント領域で執筆、コンサルティング活動に従事。リクルート中国プロジェクト、大手カジュアルウェアチェーン中国事業などに参画。上海と東京を拠点に大手企業等のコンサルタント、アドバイザーとして活躍している。

 日本の国や企業、日本人が平和で豊かに生き延びるためには、冷静な目で中国の人々を見て、「中国人とはどういう人たちなのか」「中国の社会はどのような原理で動いているのか」を理解する必要がある。パソコンに例えて言えば、中国人、および中国社会のOSの構造を知っておくことが不可欠だ。少なくとも、知っておいて損はない。

 そのOSが好きかどうか、正しいと思えるかどうかは、個人差があるだろう。
 しかし、一つの社会には、その歴史を背景に生まれてきた価値観、そしてそれに見合った仕組みや習慣がある。その「現実」に異を唱えても、意味がない。自分が好きでも嫌いでも、相手の「現実」は存在しているし、それが変わるわけではないのだから。

 やるべきことは、その事実を正確に認識し、相手の原理を理解し、互いにメリットがある形で折り合いを付ける方法を考えることである。

ストレスを感じるのは、反応の相場が違うから

 私は中国と関わりあって40年近く、学生時代から中国語を学び、中国人と結婚し、一緒に商売をしてきた。もちろん嫌なことも、そして嬉しいこともたくさんあったが、学んだことは少なくない。悪い奴も、いい人もいたが、数の上ではいい人が圧倒的に多かった。

 中国には13億とも14億ともいわれる人がいるのだから、さまざまな個性があるのは当たり前である。いろんな考え方の人が、いろんなことを言って、いろんな行動をしている。しかし、そうは言っても、その社会にはその社会の長年の歴史的な蓄積の中から出来上がってきた共通の感覚、ある種の「クセ」のようなものがある。

 いわば
「こういうことを言われたら、こう反応するのが、この社会では普通である」
「こういう光景を見たら、こう感じるのが、この社会では普通である」
 といったようなことだ。これは日本社会にも当然ある。

 個人差の存在は認めつつも、社会のこうした「クセ」「妥当な反応の相場」はやはり存在する。歴史的な経験に培われた条件反射のようなもの……と言ってもいいかもしれない。それを知ることが、中国に限らず、異なる文化の下で育った人たちと付き合うには、非常に重要である。

 この連載では、40年近い個人的な経験の中から感じた、中国人がものを判断し、反応する時の「クセ」「反応の相場」とはどのようなものか、それらが、中国社会のどのような仕組みから生まれてきたのか、そんなことをお伝えしたい。

 いわば中国の人々や中国社会の判断基準の根底にあるもの、行動原理のようなものを、できる限り具体的かつロジカルに明らかにできれば、と思う。それだけで、日本人が感じるストレスはかなり軽減するはずだ。

コメント83件コメント/レビュー

「スジ」と「量」、世界的にはどうなんでしょうか。
イギリスは前者、アメリカは後者のような気は何となくしますが、他の国々はどうなのでしょう。

ご存じの方、教えてください。(2018/05/08 11:59)

オススメ情報

「「スジ」の日本、「量」の中国」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

「スジ」と「量」、世界的にはどうなんでしょうか。
イギリスは前者、アメリカは後者のような気は何となくしますが、他の国々はどうなのでしょう。

ご存じの方、教えてください。(2018/05/08 11:59)

フランス在住です。フランス人・フランス社会も中国的発想に限りなく近いものがあります。
以前、仏企業から精密機械を購入した日本企業とのやりとりを通訳しましたが、全てに事前確認をして、問題が起きないように念には念を入れたい日本側と、取り敢えずやってみて、ダメだったらその都度直す方式で進めるフランス側の間には、永遠に分かり合えないだろう大きな隔たりがありました。
スジと量。なるほど、そういうことだったのですね。すごく腑に落ちました。(2018/05/08 10:14)

これは現実がどうだという話ですね。日本人が、日本で中国人に日本的な行動を求めても問題なしでしょうが、中国で求めるとおかしい、その逆もまた同じ、ということですね。最近、中国でも海外の状況等を学んだ人たちの間から、文化度が低い/高いという議論が生まれていますね。国際社会に向けて、徐々にではありますが、中国も変わりつつあるということでしょう。中国でも、中国をそのままうのみに受け入れるのではなく、「通路の真ん中を避けて、片側で話すとお互いにいいよね」という考えもあるということを説明していくというのは重要なことではないかとも思います。(2018/05/08 07:07)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

今、当たり前と思っている社会の仕組みが、ずっと続くという保証はありません。

横倉 義武 日本医師会会長