• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

どう使う? ロボットと人工知能

2016年9月20日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

多様で高精度な作業を繰り返し行える汎用ヒト型ロボット「まほろ」

 産業技術総合研究所が企業と共同で開発した「まほろ」というロボットがある。汎用ヒト型ロボットと呼んでいるが、人間が行う様々な動きに対応しているという意味でヒト型ではあるものの、見た目は人間ではない。双碗多関節のアームで、精緻で多様な動きをするロボットだ。このロボットは、主として新薬開発や遺伝子解析などのライフサイエンスの現場で使われることを想定して設計され、産総研発のベンチャー企業がシステム販売を開始している。

 開発の中心となった産総研の研究者は、元々タンパク質の研究が専門だ。タンパク質の解析は、ピペッティングと呼ばれる作業を含め、多くの手作業が必要とされ、これに費やす研究者の手間と時間が膨大だと彼は言う。加えて、劇薬や細菌等の接触という危険性もはらむ。そのような苦労をして繰り返す実験も、手作業の限界で実験結果がばらつくこともあり、信頼性を確保することが困難だ。

 彼は、この状況に強い危機感を持ったと言う。このままでは、優秀な研究者の時間と労力が実験に取られ、本来彼らがすべき創造的な研究活動に使える時間が無くなってしまう。その上に、バイオハザードのような危険が伴うとなれば、ライフサイエンスの研究分野から、若い才能が育たない。彼はそう考え、何としてもこの実験プロセスの自動化を進めたいとロボットの開発を進めた。まさに「必要は発明の母」である。

 彼が中心となって開発したロボットの特徴は次のようなものである。

  • 実験室における人間の動作のほとんどを確実に行える
  • 作業を繰り返し行い、実験を長時間続けることができる
  • 様々な環境下で実験ができる。例えば、無酸素状態であっても作動し、劇薬や細菌等を扱う現場でも作業ができる
  • 人の手によらないため、実験精度が格段に上がる
  • このロボットを、同じプロトコルで動かせば、世界中で同一の実験ができる
  • クラウド環境でネットワーク化すれば、研究室から離れた場所、例えば自宅からでも研究活動ができる

 このロボットに付けられた「まほろ」という名前は、研究者にとってより良い研究の場を実現したいとの彼の思いから、「理想郷」を意味する日本の古語「まほろば」から取ったと言う。

ロボットは人間と競わせない

 彼のロボット開発にかけた思いは、今後、ロボット・人工知能をどう使うか? を考える上で、示唆に富んでいる。彼の考え方の基本は、人間の能力を生かすことにあり、ロボットを人間と競わせることではない。人間と共生し、共創することにある。人間より細密な作業が得意なロボットができれば、それはロボットにさせればいい、力の強いロボットが登場すれば、人間は力仕事をしなくて済む、そう考える。ある種の労働からの人間の解放だ。そうすれば、人間の本来持っている創造力を生かし、より高度な業務を行うことができる。

 彼の描くロボットのいる世界は、人間との協業が実現し、人間とロボットが共生する世界だ。

 この考え方に私も賛成だ。ロボットが人工知能を持ち、人間の仕事を行い、生活に入り込むことになれば、共生のためのコンセプトを確立し、ルール作りを進めていく必要がある。そのことについては、今後専門家を中心に議論を重ねてほしいと思うが、個人的には、以下の考え方が重要になると思う。

コメント3

「中鉢良治の「人在りて、想い有り」」のバックナンバー

一覧

「どう使う? ロボットと人工知能」の著者

中鉢 良治

中鉢 良治(ちゅうばち・りょうじ)

産業技術総合研究所理事長

1977年、東北大学大学院工学研究科博士課程修了。同年、ソニー入社。2005年、同社取締役代表執行役社長に就任。2013年より現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「絶対これしかありません」というプランが出てきたら、通しません。

鈴木 純 帝人社長