• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

快気祝いはできず、ここからどう生きる?

退院すると我が家が「苦痛」に満ちた環境に

2018年3月30日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

前回から読む)

急性期病院からリハビリ専門病院に転院、その後退院したが、脳梗塞との本当の闘いは退院後に待っていた(写真:PIXTA)

我が家が「苦痛」と「違和感」に満ちた環境に変貌した

「快気祝い」という習慣がある。

 病気が全快した時に、見舞いをしてくれた人々に贈り物などをしてお礼をすることだが、脳梗塞の場合は勝手が違う。 発症直後、急性期の病院に2週間ほど入院した後、ほとんどの患者はリハビリ専門病院に転院する。私も初台リハビリテーション病院で3カ月間入院し、2015年の6月に退院した。待ちに待った我が家に帰れる喜びと、厳しいリハビリをやりとげた達成感。天候にも恵まれ、新緑の季節の快晴のもと、晴れやかに私は退院した。

 ところが帰宅してみると、慣れ親しんだ我が家は、くつろぐどころか、とんでもない苦痛と違和感に満ちた環境へと変貌しまっていたのである。

 玄関の扉を開け、居間のソファに腰かけた瞬間から違和感が始まった。

 ソファは座面が低く、奥行きが広い。肘掛けのないソファを真ん中にして直角に組合せているから、ゴロリと寝転ぶこともできる。気分しだいでゆったり、のんびり、気ままに使えるはずなのに、私の身体はその形状についていけなくなっていたのだ。

 浅く座ったまま、背もたれに寄りかかると、身体が後ろに倒れ過ぎて不自然なうえ、半身麻痺が残った右側にずるりと傾いてしまう。姿勢をキープすることが出来ないのだ。ならば一度立ち上がって深く座りなおせばいいだけのことだが、それがまた一苦労なのだ。

「随分回復した」と思っていただけにショックだった

 3カ月間の厳しいリハビリ特訓で、身体の機能は随分回復したと思い込んでいたものだからショックだった。「歩く」「手を動かす」「話す」という機能に特化したリハビリに明け暮れているうちに、腹筋や背筋など身体全体の筋力がおそろしく低下していたのだ。仕方なく私は麻痺のない左手が使えるソファ左側の肘かけにくっつき、背もたれ側には大きめのクッションを2、3個置いて座ることになった。

コメント1件コメント/レビュー

この文章は実際にご本人がお書きになっているのか、口述筆記なのか、わかりませんが、実に具体的かつ実用的な視点と記述は、大いに参考になり、また勉強にもなります。財部氏の頭脳は明晰なので、仕事復帰はすぐでしょう。再開を大いに期待します。(2018/03/30 09:14)

オススメ情報

「財部誠一 脳梗塞からの帰還」のバックナンバー

一覧

「快気祝いはできず、ここからどう生きる?」の著者

財部 誠一

財部 誠一(たからべ・せいいち)

経済ジャーナリスト

1980年、慶應義塾大学を卒業し野村證券入社。出版社勤務を経て、1986年からフリーランスジャーナリスト。BSイレブンの「財部誠一の『異見拝察』」などTVやラジオで幅広く活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

この文章は実際にご本人がお書きになっているのか、口述筆記なのか、わかりませんが、実に具体的かつ実用的な視点と記述は、大いに参考になり、また勉強にもなります。財部氏の頭脳は明晰なので、仕事復帰はすぐでしょう。再開を大いに期待します。(2018/03/30 09:14)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

大学、社会で伸びる人材に なれるか否かは、高校の教育環境に 大きく左右される。

溝上 慎一 京都大学高等教育研究開発推進センター教授