• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

リハビリに全力、不安が増幅していく病院の夜

いざ始めてみるとこれが本当にキツかった

2017年5月31日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 一般の人のスポーツジムでのトレーニングと、脳梗塞のリハビリの根本的な違いは、神経伝達の方向が真逆であることだ。

 脳梗塞の麻痺は運動神経をつかさどる脳細胞が死滅し、司令塔の機能を失うことによって手足が動かなる。話がしづらくなるのも、頬や舌に正しく動かせという信号を脳が送れないことによって起こる。つまりリハビリとは、筋トレではなく、脳トレなのである。手や足を動かすことで末梢の神経に刺激を与え、神経回路を遡って、脳を再教育するのだ。

 入院中にこんな光景も目にした。

 私と同世代の男性だったが、全身麻痺で話すこともできない。目の動きだけでかろうじて意思の疎通を図るという重度の麻痺で、私の胸は張り裂けた。当然の事ながらリハビリも寝たきりで行われていた。ところがある日、ストレッチャーに乗せられてリハビリルームに現れた。すると理学療法士が4人がかりで、彼の体を起こし、床に立たせたのだ。理学療法士たちは汗だくになりながら、時間にして30秒か1分か、決して長い時間ではなかったが、とにかく彼を自分の足で立たせたのだ。

末梢神経から刺激を入れて、脳を再教育する

 それがどれほどの意味を持っているのか? 私はその中の1人の理学療法士に尋ねてみた。

 「二足歩行が人間の特徴です。寝たきりの状況であっても、自分の足で立ち、足の裏から刺激を入れることがとても重要なんです」

 まさにリハビリの原点だが、手足を動かして刺激を入れさえすればよくなるというほど単純ではない。私の腕は、手首と肘をつなぐ内側の筋肉が拘縮(過度に緊張)していたために、手のひらが真上を向くように返すことができなかった。手先を動かすためには、手先から肘、肩甲骨、肩まわりの複雑な筋肉の、ある部分は緊張をゆるめ、またある部分は鍛えるという非常に複雑なリハビリに、長い時間をかけて取り組まなければならなかった。

 実際にリハビリをやると、手や腕の改善を図る作業療法の疲労度が一番激しい。とにかく頭が疲れる。末梢から刺激を入れて脳を再教育することを実感するのが作業療法だった。

コメント3件コメント/レビュー

財部さん、貴殿にしてそうか― よかった!と言って、それは何かというと、記述がご自身という事だ。一寸彼岸を瞥見されて(帰)生還された証として免罪符を進呈しよう。斯様な例は数少なく、大切なのは言ってはなんだが、惜しむべきは惜しむべしで話が盛り上がるのは如何なものかと兼ねがね思っていたからだ。生きた耳で聞けるこうした実体験は真に貴重と言える。自らの不明を含めた自戒は散見できるものの、此岸での職業意識から不平不満の言辞が多い印象。願わくば高齢者優遇処置の挙句が高齢者による医療費増大をどう防ぐか等、此岸の喫緊の課題に向けた貴殿らしい提言、箴言が欲しかった。茶化すようだが、生き延びた者の生き延びたなりの役目(ミッション)がある筈、一所懸命でなくていいと思うが是非お願いしたい。私も亦できると思う。(2017/06/21 15:42)

「財部誠一 脳梗塞からの帰還」のバックナンバー

一覧

「リハビリに全力、不安が増幅していく病院の夜」の著者

財部 誠一

財部 誠一(たからべ・せいいち)

経済ジャーナリスト

1980年、慶應義塾大学を卒業し野村證券入社。出版社勤務を経て、1986年からフリーランスジャーナリスト。BSイレブンの「財部誠一の『異見拝察』」などTVやラジオで幅広く活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

財部さん、貴殿にしてそうか― よかった!と言って、それは何かというと、記述がご自身という事だ。一寸彼岸を瞥見されて(帰)生還された証として免罪符を進呈しよう。斯様な例は数少なく、大切なのは言ってはなんだが、惜しむべきは惜しむべしで話が盛り上がるのは如何なものかと兼ねがね思っていたからだ。生きた耳で聞けるこうした実体験は真に貴重と言える。自らの不明を含めた自戒は散見できるものの、此岸での職業意識から不平不満の言辞が多い印象。願わくば高齢者優遇処置の挙句が高齢者による医療費増大をどう防ぐか等、此岸の喫緊の課題に向けた貴殿らしい提言、箴言が欲しかった。茶化すようだが、生き延びた者の生き延びたなりの役目(ミッション)がある筈、一所懸命でなくていいと思うが是非お願いしたい。私も亦できると思う。(2017/06/21 15:42)

私も少し遅れて2015年11月に脳梗塞で入院し、2016年2月に退院しました。
初台ではありませんでしたが、正月も含めてリハビリをして頂きました。
ほぼ同じ体験でしたが、父も脳梗塞だったので「来るべきものが来たか」
くらいで焦りは無く、不眠にもなりませんでした。
理由はが
1.知名度がない。
2.テレワークの専門家であった。PCとスマホを抱えて救急車に乗った人は初めてと言われた。
3.ネット通販で入院に必要なものは手にはいる。
でしょうか。
方針が社会復帰優先の病院で補装具着用が前提なのが財部氏との差でしょうか。
もっとも、その補装具も歩き過ぎで2か月で破壊してしまい、医師とメーカーが茫然としていましたが。
この病気は田中角栄氏のイメージが強いので、こういう連載があると上書きできて良いと思います。(2017/06/01 00:55)

こういう言い方は叱られるかもしれませんが、筆者はまだ恵まれた環境にあると思います。
私の父も脳梗塞で入院しましたが、リハビリの保険適用は6ヶ月と退院を迫られ、しかもそのリハビリも1日30分程度では効果は限定され、その余の時間は手持ち無沙汰でなすこともなくかえって全身の運動機能や意欲が衰える結果となってしまいました。
でも、こうやって体験談を見聞きしておくことは、将来自分や家族がそうなったときの準備として必要だと感じます。これからは少子高齢化で誰もが親の介護に直面する、まさに他人事ではないのです。(2017/05/31 16:16)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

店長や売り場主任などの管理職は、パートを含む社員の声を吸い上げて戦略を立てることが重要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長