• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

読者の皆様からのフィードバック

財部誠一 脳梗塞からの帰還 脳梗塞との戦いの始まりで、最善は尽くせたか?

レビュー

とても参考になった
 

80%

まあ参考になった
 

12%

参考にならなかった
 

8%

ぜひ読むべき
 

68%

読んだほうがよい
 

19%

どちらでもよい
 

12%

いただいたコメント

ご協力いただきありがとうございます。日経BP社は,読者の皆様からの投稿の内容につきまして,その信頼性,適法性などを一切保証いたしません。何らかのトラブルが発生した場合,日経BP社は一切,責任を負いませんので,皆様の自己責任においてご利用願います。

フリーだから目先の仕事を失いたくない気持ちはわからなくもありませんが、自分の命を賭けてまで拘ることかなぁ。入院中に自己責任ですよと医者から忠告されても外出を強行して体調を崩した。そんなワガママな患者まで一々気にかけていたら医療従事者も身が持ちません。
就寝中でも患者を起こし、4時間おきに看護師が手、足、口の動きなどをチェックする病院も、それだけの人員配置ができるだけの収入があるからできることでしょ? 自由診療で高額の差額ベッド代を徴収できる私立病院ならまだしも、救急患者を受け入れる赤字スレスレの経営を余儀なくされている公立病院にそれ期待します? ジャーナリストのしかも偉い人っぽいのに世の中の仕組みが分かっていないお子ちゃまですね。(2017/06/30 16:06)

財部さんが脳梗塞になられたのはお気の毒だと思います。
しかし、記事の中で暗に医師の措置を批判するなどというのは、
ジャーナリストらしくないのでは。
私怨をはらそうとしているだけのように思えました。
脳梗塞は一度なってしまうと、
なるようにしかならないというのはだいたい正しい。
発言力がある財部さんのような人が、
医師は常に120%の成果を出せというような文章を書けば、
救急の医師をやるような人はこの国からいなくなることでしょう。(2017/06/29 02:25)

基本的な医学知識において、誤解があるようなので指摘しておきます。

t-PAは、人生を諦めざるを得なかった重症脳梗塞の患者が後遺症なく回復するような奇跡をおこすこともあり、あたかもこれさえ適正に使えば皆後遺症なく治るような誤解が蔓延しているようですが、発症後速やかに使っても著効するとは限りません。また、使用によって6%程脳出血が増えるので、軽症の場合(一般の方は少しの麻痺でも重症と思うかもしれませんが、医学上の基準ではかなりの範囲が軽症です)は使わないことになっています。

カルテを見ていないのである程度のことしか言えませんが、主治医の治療や言動もほとんど違和感を感じません。何という薬をどの時点で使ったか大凡予測もできます。外出を許可したこと以外(医師が自己責任という言葉を持ち出す時は相当危ないと思っている時です)、標準的なものです。(2017/06/23 12:24)

実は、経済学部の前にもある学部を卒業してまして(笑)、学歴のアホさについては、最後の方でも「お受験バカ」としてあります、
自慢とは逆でして、15年前もその前も医学部学生に対する接待を医学部の友を通して実際に見た、これが伝えたかっただけです。
ジェネリックが「保険誘導で」とされますが、
保険誘導と(医師やジェネリック製薬以外の製薬が猛反対した)質の担保がされてのでしょうか?

数十人の医師の知人や友がいますが、
まともだと思うのは10人いませんね。

「激務」なら、休日は休みませんか?
「日本の医療が高品質」ならぱ、なぜ、海外から治療なり手術なりのオファーが少ないのか。

資本主義社会だから「最後は金」、
「生きていけません」。

でも、その「最後に」到達する経緯で、その人は決まると僕はおもいます。

少し不正確ですが、
「糖尿や透析患者は、(人口比?で)香川県と徳島県が一位を、10年間近く競ってました。」


透析をする必要がない腎臓その他の数値でも、
「さあ、透析へ」、
サービスの賜物ですかね。

長々と失礼しました。(2017/06/23 11:30)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

(マンションの即日完売という)異常な状況が、普通のところに戻ってきたのです。

沓掛 英二 野村不動産ホールディングス社長