• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

短距離100mとリハビリ、共通する「10秒の壁」

突破する日が来るとは想像すらできなかった

2017年10月2日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

前回から読む)

2013年4月29日、当時17歳の桐生祥秀選手は100メートル10秒01の記録を出すが足踏みを続け、10秒の壁を破るまでにそれから約4年4カ月を要した。(写真:アフロスポーツ)

一度「壁」が破られると、心理的限界は消える

 9月9日、福井市で行われた日本学生対校選手権の男子100メートル決勝で、桐生祥秀選手(21歳)が9秒98の日本新記録を樹立した。

 高校3年生で10秒01を叩き出し「10秒の壁を突破するのは時間の問題だ」と言われた18歳は、時に怪我に泣き、思うように記録を伸ばせずにいた。サニブラウン・ハキーム選手や多田修平選手など次々と10秒1を切る新しいライバル達の出現により、日本選手権の決勝では4位。7月に開かれた世界選手権、個人種目の代表メンバーから外されるという屈辱を味わった直後の快挙であった。

 従来の日本記録は1998年のアジア大会で伊東浩司がマークした10秒00だったから、それから日本人が「10秒の壁」を突破するまでに19年もの歳月を要したことになる。

 私も中学校時代は陸上の短距離をやっていた。中3の時には、東京都の代表で全国大会に出場したこともあり、100メートルには特別な思いを持って見てきた。正直なところを言えば、まさか日本人が100メートルを9秒台で走る日が来るとは、数年前までは思いもよらなかった。だが一度「10秒の壁」が破られてしまうと、長いこと日本人アスリートの前に立ちはだかってきた心理的な圧迫は消え、9秒台で走る選手が続々と現れてくるだろう。

 事実、桐生選手の9秒台突入直後、山縣亮太選手は追い風0.2メートルで10秒00をマーク。桐生選手と同じ追い風1.8メートルで試算すると9秒87が出ていたことになるという説もある。日本人アスリートの9秒台は「夢」から「日常」へと変わっていくに違いない。

リハビリの世界で10秒を切るということ

 じつはリハビリの世界にも「10秒の壁」がある。

 アスリートの世界と比べればとんでもなくスローモーな話で恐縮だが、10メートルの歩行速度が「10秒」を切ることが重大な意味を持っている。「10秒の壁」を突破できるようになれば、歩行中に転倒してしまうリスクはもうないと判断される。

コメント5件コメント/レビュー

財部さん
私、神奈川在住51歳会社員、妻と娘二人(大1、高2)あり。8月の初めに埼玉に住む、元々血圧が高い私の父が小脳梗塞で入院しました。幸い麻痺は無く10日ほどでに急性期病棟からリハビリ病棟に移り、約1ヶ月で退院しました。だから財部さんの記事は身近に感じます、遺伝で私も血圧は高いほうなので自分にもいつ起きるかわかりませんし。母は1年前に癌で他界したので父は家で1人の生活に戻りました、母亡き後、毎日プール、温泉、グラウンドゴルフ、畑、と元気に過ごしていたのですが、全く元通りの生活には戻れないだろうと思うので気の毒です。少しふらつくことが有り、まだ車の運転は出来ず買い物や病院に行けないので、父の住む実家から車で20分ほどのところに住む弟夫婦、私もほぼ毎週末帰省して分担してサポートしています。今回のことでいろいろ考えます、もし麻痺が残たらどうすれば良いのか?等々。財部さんの今回の体験、ぜひ本にしてくださいね、絶対買います!(2017/10/02 18:02)

「財部誠一 脳梗塞からの帰還」のバックナンバー

一覧

「短距離100mとリハビリ、共通する「10秒の壁」」の著者

財部 誠一

財部 誠一(たからべ・せいいち)

経済ジャーナリスト

1980年、慶應義塾大学を卒業し野村證券入社。出版社勤務を経て、1986年からフリーランスジャーナリスト。BSイレブンの「財部誠一の『異見拝察』」などTVやラジオで幅広く活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

財部さん
私、神奈川在住51歳会社員、妻と娘二人(大1、高2)あり。8月の初めに埼玉に住む、元々血圧が高い私の父が小脳梗塞で入院しました。幸い麻痺は無く10日ほどでに急性期病棟からリハビリ病棟に移り、約1ヶ月で退院しました。だから財部さんの記事は身近に感じます、遺伝で私も血圧は高いほうなので自分にもいつ起きるかわかりませんし。母は1年前に癌で他界したので父は家で1人の生活に戻りました、母亡き後、毎日プール、温泉、グラウンドゴルフ、畑、と元気に過ごしていたのですが、全く元通りの生活には戻れないだろうと思うので気の毒です。少しふらつくことが有り、まだ車の運転は出来ず買い物や病院に行けないので、父の住む実家から車で20分ほどのところに住む弟夫婦、私もほぼ毎週末帰省して分担してサポートしています。今回のことでいろいろ考えます、もし麻痺が残たらどうすれば良いのか?等々。財部さんの今回の体験、ぜひ本にしてくださいね、絶対買います!(2017/10/02 18:02)

55歳の経営者です。私も46歳の時に突然脳梗塞になり2名の専属医師より「自分の足で歩行する事は一生無理です。」と最終宣告の様な事を言われリハビリへのモチベーションを失い自暴自棄に成りかけていた所に理学療法士の方(1200人近くの患者をお世話された方)より「大丈夫です。必ず歩けます。自分はドクターでは無いので頭の中の事は分かりませんが足を触った感覚と足の先がピクッと
動くのは神経が繋がっている証拠。10日後に歩けないと言われた医師の前を歩いて驚かせましょうよ」と言う励ましの言葉に一念発起して人の6倍のリハビリメニューをこなしました。現在は中国にもベトナムにも国内にも出張をしておりますし、ゴルフは全く出来ませんが魚釣りを教えて貰って趣味をつくり友人をつくり経営の仕事も出来ております。療法士を信じる事にしたと言う筆者の言葉
10m10秒に挑戦した経験が全く同じでしたので、思わずコメントをしたくなりました。退院後9年が経過いましたが、現在も家内が3KMの散歩(歩行訓練)に毎日の様に付き合ってくれています。
同じ病で雲をも掴む気持ちで情報を探っておられる方の少しでもお役に立てば幸甚です。(2017/10/02 15:32)

筆者が10秒の壁を切れたのは、過去の記事で触れていたように数百万円もかかるリハビリ専門病院を選択しその手厚い訓練の成果だと思います。一般の病院ではここまでの効果、サポートは期待できません。残念ながらリハビリの世もカネ次第ということであり、本当にQOLの維持を望むならここでケチってはいけないということでしょう。(2017/10/02 15:30)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授