• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「マック」と「てんや」の意外な関係

二人の創業者に見た“富士山の登り方”

2016年10月21日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今月26日まで販売している「黒マヨ鶏天丼」。黒マヨといっても、黒いマヨネーズではありません。黒酢×マヨネーズの食欲増進最強タッグです。黒酢があまりに強すぎると、すっぱすぎて、つーんとくる人もいますが、この頃合いを見切って、やや抑え気味にして、その上でマヨネーズと合わせますと、黒酢の個性とマヨのマイルドさがもうたまらない。若い人を中心にとても良く出ています。ハンバーグ、ローストビーフ、豚と、夏季の覚醒期には力強いタネをご用意し、秋になって気温も下がり、落ち着いてきたら鶏です。夏までは盛り上げて、秋からオーソドックス路線に入っていくのが、年間の予定なんですよ。

 鶏の銘柄としては初めて「但馬の味どり」を使いました。但馬牛は有名ですが、鶏もおいしかったのでこれでいこうと。さっぱりした鶏肉を塩麹に漬け込んで風味良く柔らかくしています。ヘルシー、さっぱり系ですが、半熟玉子を付けるのがおすすめです。やっぱり親子だけあって相性は最高です。

リーマンショックで躓く

 さて、前回はシズラーを初めとする、ロイヤルホスト以外の専門店を束ねる会社、ロイヤルカジュアルダイニングの社長をやらせてもらったお話でした。その前に、焼き肉チェーンの社長になったら狂牛病、という運の悪さをぼやかせていただきましたが、こちらでも実はえらいことになりました。リーマンショックです。

 リーマンショックは2008年9月、社長になって3年目でした。さすがのシズラーも、その他の専門店もどーんとやられてしまいました。これを契機にロイヤルホールディングス(以下ホールディングス)は、経営体制の見直しを行いました。

 それまでは遠心力の経営と言っていました。持ち株会社であるホールディングスはコーポレートを中心としてあまり口を挟まず、各事業会社が、マーケットに近いところで的確に、素早く判断を下して動いていく体制です。しかし、リーマンショックで大きく躓いた状況では、脇をぐいっと締めて、収益管理を厳しくせねばなりません。苦しい時期が過ぎるまで、求心力の経営に転じようとなったわけです。その目玉として事業統括本部を作って、各社をぐっとグリップし、伸ばすところと切り詰めるところを明確にして、難局を乗りきろう、と。

 これによって、私もリーマンショック翌年の2009年に事業統括本部の営業推進部長になりまして、各事業会社を直接担当する立場になりました。自分がいた会社も含め、外から見る立場になったわけです。

 これがまた、降格になったときのお話(「『部下が指示を忘れる?』降格で知るその理由」)じゃないですが、立場が変わると、見え方が全然変わる。

 事業会社の社長時代は、自分の事業を一生懸命考えることが大切だった。「思い」だけではもちろん経営はできませんけれど、それでも事業への強い思いや商品、人材育成に気をつけることで運営することができます。ところが、グループ全体を俯瞰する立場になると、もうちょっと客観性を持たねばなりませんし、見る目も分析的になる。

ばらばらになりかけていたロイヤルホスト

 岡目八目と言いますが、全体を見ていると「あ、この社長もう少しこうすればいいのに」と、ある程度クールになる分、わかることも出てくるのが驚きでした。これで1年くらい過ごしまして、そこから今度は、統廃合の一環として、地域別に4つに分けていたロイヤルホストをひとつにする仕事に取り組みました。

 ご存じなかったですか。そうなんです。当時のロイヤルホストは、4つの地域会社と、本部の企画部門に分かれていたんです。それらがバラバラに動き始めていたので、お客様から見たイメージに、統一感が薄れてしまった。人間の身体で言えば、やはり頭と身体がつながっていて、身体も一つの方がいいだろう。危機の最中、もう1回、ロイヤルホストを、グループの中のブランドの源泉として位置付けしよう。ということになったわけです。

 そのときに、ロイヤルホストの社長になったのが、現在はホールディングス専務の矢崎精二さん。「もう60歳だし、もっと若い人に」とずいぶん固辞されていたのですが、最後はトップから「あなたしかいない」と口説き落とされたそうです。

 当時私はホールディングスの事業統括本部にいたわけですが、矢崎さんに「ちょっと焼き鳥屋にいこう」とお誘いを受けて、「焼き鳥大好き!」と、いそいそと釣られて席を立ちました。店に入ると、やおら矢崎さんから「今度、ロイヤルホストの社長を引き受けた。ついては、お前も来い」と。

コメント1

「てんや社長の「めしばな奮闘記」」のバックナンバー

一覧

「「マック」と「てんや」の意外な関係」の著者

用松 靖弘

用松 靖弘(もちまつ・やすひろ)

テンコーポレーション社長

1955年、大分県生まれ。'77年3月に同志社大学経済学部を卒業し、ロイヤル(現ロイヤルホールディングス)入社。2011年にロイヤルホスト常務を経て、2012年より現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

高齢者に配るお金はあるが、少子化対策のお金はないと言うのは、おかしいでしょう。

小泉 進次郎 衆院議員