• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「カッコ悪くていいじゃないですか!」

相模屋食料・鳥越淳司社長(最終回)

2016年10月24日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2005年7月、前代未聞、ロボットがおとうふをつくる「相模屋食料第三工場」が稼働した。人の手を介さないから、おとうふをアツアツのままパッキングができ、風味がよい。さらには雑菌が繁殖しにくく消費期限が伸びた。それまでおとうふは毎日、小売店に運んでいたが、相模屋のおとうふは長持ちするから、大きなトラックで小売店に運べる。すなわち流通効率がよくなり、小売店はますます相模屋の商品を仕入れるようになった。こうして、鳥越はおとうふの市場を一気に変えていった。

 彼は「その過程で“常識のアップデート”を繰り返すことが重要だった」と話す。

 「以前はできなかったことが、自分でも気付かないうちにできるようになっている場合があるんです。例えば “3個パック”のおとうふがあります。個食化が進み、小分けにしたおとうふの方が使い勝手がよいため生まれた商品です。実はそれまで“3個パック”は絹のなかでも『充填とうふ』と呼ばれる商品しかなかったのですが、気付けば、木綿もつくれるようになっていたんです」

 「充填とうふ」は、豆乳とにがりをパックに封入し、熱を加えて固めればできあがり。全自動でつくれるから、3個パックにしても手間がかからず値段が高くならない。そして鳥越は、自動車や電車に乗っている時、たまに「常識のアップデート」を行う。昔はできなかったことができるようになっているのではないか? と検証する作業だ。すると彼は「木綿も全自動でつくっているんだから、うちなら木綿の3個パックもつくれるじゃないか!」と気付いた。

 新しいことを始めて成功すると、それにつれ、目の前に続々と「できること」が現れるのだ。

 だが、彼の話を総合すると別の感想もある。たしかに「常識のアップデート」は大切だ。しかし、多くの人はそもそも最初の飛躍――例えば「おとうふの生産にロボットを導入しよう」といった飛躍ができずにいるのではないか? 

 出会いの履歴書、第6回、鳥越氏インタビューの最終回は、彼独特の「新しい自分との出会い方」について記したい。

相模屋の「木綿3個パック」。「木綿VS絹 3個パック」も

背負っていた三重苦

 いったん、話を第三工場設立時に戻したい。

 この時、彼はいわば“三重苦”を背負っていた。まず、資金がない。次に、機械ができるかどうかわからない。最後に、その機械を運用できるかわからなかった。

 まずは資金だ。結果的に、地元の金融機関から年商を超えるほどの額を借りられたことを考えると、鳥越はよほど特別な事業計画書でもつくったのだろうか? いや、彼は「むしろできはよくなかったかもしれません」と話す。

コメント2件コメント/レビュー

出来る前に止めるから出来ない。どんなこともできるまでやり抜けば出来る。確かにそうなのですが、スタートの案件で、いつまでもやっていたら、それは失敗ではないが、経済的には成功と言えない。リソースに限りある中で、いかに事業的に「成功」させるか、が命題であって、そこには成功の見込みをあらかじめ立てる事も含まれる。やってみて考えるにしろ、そうしたやり方でも成功できると言う読みがまずあり、実際成功したわけですから、その中身をひも解かないと、参考にならないじゃないですか!行き当たりばったりでも成功できるだけの要素がそこにあるはずですよね。じゃなければ失敗する人がいる事がおかしいと言う事になりませんか。(2016/10/24 14:51)

「未完の履歴書」のバックナンバー

一覧

「「カッコ悪くていいじゃないですか!」」の著者

夏目 幸明

夏目 幸明(なつめ・ゆきあき)

企業ジャーナリスト

1972年生まれ。愛知県出身。早稲田大学卒業後、広告代理店入社。退職後、ビジネス系の記事を中心に経済ジャーナリストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

出来る前に止めるから出来ない。どんなこともできるまでやり抜けば出来る。確かにそうなのですが、スタートの案件で、いつまでもやっていたら、それは失敗ではないが、経済的には成功と言えない。リソースに限りある中で、いかに事業的に「成功」させるか、が命題であって、そこには成功の見込みをあらかじめ立てる事も含まれる。やってみて考えるにしろ、そうしたやり方でも成功できると言う読みがまずあり、実際成功したわけですから、その中身をひも解かないと、参考にならないじゃないですか!行き当たりばったりでも成功できるだけの要素がそこにあるはずですよね。じゃなければ失敗する人がいる事がおかしいと言う事になりませんか。(2016/10/24 14:51)

▼ 何かモノを立ち上げる時って、そんな感じですよね。特に全く新しい物であれば尚更、諦めない強さが必要だと思います。▼ 相模屋のこの取り組みに関しては素晴らしいし他の企業の範ともなり得るものだとは思いますが、ここであの電通の事件を考えてみると、少しだけ複雑な気持ちになります。「できるかできないかなんて、やってから考えればいいんですよ。… 必死でやって、やりながら『できること』に変えていけばいいじゃないですか」ーーこの言葉は、それが出来たから言えている、ということを忘れてはいけないと考えます。▼ 新規プロジェクトの立ち上げ時は、しばしば長時間労働に陥ります。当然肉体的にも精神的にもついていけない人が出てくる。そのような人に対し、どう接していくか。また、この言葉を信じて仕事を進めてみたものの、どうにも上手く行かなそうだという時、メンバー(または部下)に対し仕事への想いを共有できるか、押し付けてしまうのか。または撤退する勇気を持てるかどうか。▼ 彼女を襲った悲劇を繰り返さないためにも、よくよく考えて行動しなければならないと強く思う次第です。その困難、自分なら乗り越えられても他人が乗り越えられるとは限らない訳ですから。▼ そして、おとうふ屋さんのこの言葉、教訓にはすれど金科玉条にしてはいけない、と考えています。(2016/10/24 10:23)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授