• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「馬」に始まり「骨董品」に終わる貿易のロマン

2017年グローバル関税番号改訂

2017年8月10日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

森羅万象に数字を与えるロマン

すべてのものに言葉や名称が存在することは、聖書において極めて深遠なテーマとして扱われている。一方、通商の世界に必須の「HSコード」もまた、輸出入され得る品目すべてに番号を付与している深遠な存在であると言える。(画像:PIXTA)

 「はじめに言(ことば)があった。言は神と共にあった。言は神であった。」

 新約聖書ヨハネ福音書は、このような書き出しから始まる。

 「言(ことば)」と訳されている単語は、古代ギリシャ哲学で森羅万象を司る「ロゴス」という存在からヨハネが用いたものだ。ヨハネ福音書のこの一行が、旧約聖書「創世記」にある「神は『光あれ』と言われた。すると光があった。」の一節が表わす順序の説明となっているとされる。

 物理的世界すべてのものに言葉や名称が存在することは、聖書において宇宙のはじまりの由来ともなる極めて深遠なテーマとして扱われているのだ。

 通商の世界には、これに準ずる壮大なロマンがある。

 「商品の名称及び分類についての統一システム(Harmonized Commodity Description Coding System)に関する国際条約」に基づく番号、通称「HSコード」についてご存知だろうか。

 世界税関機構(WCO)が管理する「HSコード」は、輸出入され得る品目すべてに連番を付与している。気が遠くなるような作業過程を経て出来上がったこの仕組みによって、目に見えるほぼ全てのモノに番号がついていると考えてよい。

 例えば、液晶テレビであれば「8528.72.010」、スパークリングワインであれば「2204.10.000」といった具合だ。

世界共通の言語としての「HSコード」

 商品につけられる番号としてはほかに、バーコードの下部に記載されているJANコード(国際的にはEANコード)が存在するが、これと貿易の「HSコード」は根本的な思想が違う。

 JANコードは、企業が商品を発売するたびに新たな番号が設定されるのに対し、「HSコード」は世の中の輸出入品に対し、最初から体系立った連番を設計して付与しているのだ。

 森羅万象にはじめから番号を与えるという執念の結晶である「HSコード」はさらに、世界共通の体系となっている点にも一神教的な物語を感じさせる。

「通商の課外授業」のバックナンバー

一覧

「「馬」に始まり「骨董品」に終わる貿易のロマン」の著者

羽生田 慶介

羽生田 慶介(はにゅうだ・けいすけ)

デロイト トーマツ パートナー

経済産業省、キヤノン、A.T.カーニーを経て、デロイト トーマツ コンサルティングへ。現在は、パートナー/執行役員 レギュラトリストラテジー リーダー。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長