• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ゴジラ退治に、自衛隊は「防衛出動」できるか

2016年9月5日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

日経ビジネスオンラインでは、各界のキーパーソンや人気連載陣に「シン・ゴジラ」を読み解いてもらうキャンペーン「「シン・ゴジラ」、私はこう読む」を展開しています。
※この記事には映画「シン・ゴジラ」の内容に関する記述が含まれています。

 話題沸騰の映画「シン・ゴジラ」を封切り直後に、夏期休暇でたまたま帰省中だった防衛大学校生の長女と一緒に鑑賞した。

 「もはや怪獣映画ではない。これは国防映画である」--8月8日に生出演したニッポン放送のラジオ番組「ザ・ボイス」で、そう評した。加えて、官邸のシーンや自衛隊が活躍する場面に高いリアリティを感じたとも語った。「私が旧防衛庁長官官房(現在の防衛省大臣官房)広報課で積極的な対外広報を担っていた1992~93年当時にゴジラ映画への全面協力体制が始まり、その成果が今回の最新作に結実した」――そう感想を述べた。

 その後、さまざまなメディアからコメントを求められた。いずれの媒体にも好意的なコメントを寄せた。事実、親子ともどもこの映画に感動した、そこに嘘はない。徹底したリアリズムを感じたことも本当である。作中、陸海空自衛隊の主要装備品が次々投入される。多くの場面で実機や実在する基地の格納庫や滑走路などが使われていた(と判断する)。例外は、都心上空における陸上自衛隊のヘリによるゴジラ攻撃シーンなど一部だけであろう(あれはCGと判断する)。

防衛省の幹部に対して防衛出動が命じられた(©2016 TOHO CO.,LTD.)

日本映画史上最高の自衛隊リアリティ

 戦闘機や護衛艦、戦車といったモノだけではない。登場する自衛官の役職名や階級、セリフや話し方に至るまで「本物」である。実機が基地から離陸するなどなどの映像に加え、言わば、脚本の中の自衛隊や自衛官も「本物」である。しかも本作では、小隊単位に至るまで実在の部隊名にこだわっている。自衛官の細かな立ち居振る舞いに至るまで「本物」である。自分(の役職名)が登場する幹部自衛官はもとより、登場する部隊に所属する現役隊員らも自然に感情移入できたのではないか。最終盤、主人公の政治家が「自衛隊は最後の砦」と鼓舞する場面に、みな感動したはずである。げんに、われわれ親子は感動した。

 他方、これまで日本映画に登場した自衛隊の大半が「偽物」であった。実在しない役職や部隊が平気で出てきた。現実にはあり得ない場面が目についた。自衛隊に対する制作サイド(ないし観客)の無関心が背景にあったと思う。自衛隊関係者が自然に感情移入できた作品は少ない。

 東宝の佐藤善宏プロデューサーによると「脚本の初期段階から」自衛隊とのミーティングを重ねたらしい。同氏は関連サイトでこう明かしている。

「例えば自衛隊員の号令など、セリフはとことん調べ尽くして、伝わりやすさではなく、リアルなセリフに拘っています。完成した映画でファンタジーなのはゴジラだけというくらい突きつめています。昨年の秋に自衛隊の組織改定がありましたが、階級をその時に変更されたものに合わせたり、劇中の“巨大不明生物”という呼び方も、実際に官僚の方の発言からいただきました」(シネマトゥデイ「庵野秀明、エヴァからゴジラへ創造の裏側2」)

 大言壮語ではあるまい。本作のリアリズムは徹底している。少なくとも自衛隊に関するかぎり、日本映画史上最高のリアリティと断じて間違いない。

防衛出動か、それとも…

 以上を前提に、私なりの視点にこだわった愚考を表明しておきたい。上記サイトはこうも明かす。「脚本の初期段階から、自衛隊の方々に読んでいただきました。こういった巨大な生物が現れた場合、防衛出動になるのか、治安出動になるのか、そんなところからスタートして、どのような武器で対処するのか、など何時間もかけて話をお聞きしました」(佐藤)

 だとすれば、いくつか専門的な疑問が湧く。ここでは「防衛出動になるか、治安出動になるのか」、そこにこだわりたい。防衛出動は国際法上の自衛権行使、つまり武力行使を可能とする、言わば切り札である。他方、治安出動は国内法上の警察権行使であり、武力行使が許されない。

 映画では自衛隊に防衛出動が下令される。本来なら自衛隊は災害派遣で対応するのが現実的だが、それでは武器の使用すらできない。一方、武力行使を可能とする法改正を待っていたら、間に合わない。

コメント14

「「シン・ゴジラ」、私はこう読む」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

誰もやらない領域を根気強く続けられるかが成功の秘訣。

田坂 正樹 ピーバンドットコム社長