• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「シン・ゴジラ」がリアルに描いた政治家と官僚

  • 清谷 信一

バックナンバー

2016年9月6日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

日経ビジネスオンラインでは、各界のキーパーソンや人気連載陣に「シン・ゴジラ」を読み解いてもらうキャンペーン「「シン・ゴジラ」、私はこう読む」を展開しています。
※この記事には映画「シン・ゴジラ」の内容に関する記述が含まれています。

 庵野秀明総監督の映画「シン・ゴジラ」が、大ヒットしている。怪獣映画といえば、普通は男性客が多いが、劇場には若い女性も多かったことに驚いた。筆者の周りでも、過去にゴジラシリーズはおろか、怪獣映画自体をみたことがないという若い女性が結構「シン・ゴジラ」をみている。

 初代ゴジラは水爆実験によって生まれたモンスターだった。当時は敗戦からさほど時間が経過しておらず、米ソ冷戦下で核兵器開発競争が行われていた。核戦争の危機が肌で感じられる時代だった。また水爆実験によって日本の漁船が被爆する事件もあり、核がホットな話題だった。

 対して、「シン・ゴジラ」のゴジラは海底に廃棄された原発の廃棄物によって生まれている。近代兵器でもかなわないゴジラは、大震災、大津波、原発事故が重なった東日本大震災を彷彿させる。つまり初代コジラが核兵器の申し子であるのに対して、「シン・ゴジラ」のゴジラは原子力発電、換言すれば東日本大震災の申し子といえるだろう。これは、先の大震災を経験した我々日本人にとって大変リアリティのある設定ではないだろうか。

本物の官僚が登場した

 「シン・ゴジラ」は怪獣映画というよりも、パニック映画であり、政治サスペンス映画であるといったほうがいいだろう。主人公はゴジラに立ち向かう人間たちだ。

矢口蘭堂・内閣官房副長官の下、一癖も二癖もある中堅官僚が集まった(©2016 TOHO CO.,LTD.)

 本作品は官僚や政治家の描き方が極めてリアルだった。主人公で内閣官房副長官の矢口蘭堂が、一癖も二癖もある中堅官僚(主として課長や課長補佐)を集めて対策本部をつくる。中央官庁を実際に動かしているのは課長や課長補佐クラスだ。

 課長というと、あまり偉くないイメージを受けるかもしれないが、中央官庁の課長のステイタスは大手企業の経営者に匹敵する。だから普通の映画やドラマでは、眼光鋭く高級スーツをパリッと着こなした、いかにもエリート風の人物として登場することが多い。だが筆者はそのような人物を現場で見たことがない。

 現実には、課長クラスでも普段はサンダル履きで、「市役所の課長さん?」というようなタイプが多い。シン・ゴジラに登場する官僚は、防衛省だけではなく、さまざまな官庁に出入りしている筆者からみて、実際にいそうなタイプの人物ばかりだった(筆者のネタ元にはこういうタイプの官僚が多い)。ドラマなどの「いかにも」居そうなタイプではなく、現実の官僚に近い雰囲気の役者を集めたことがリアリティを高めている。

 登場する女性官僚もよくある妖艶な権力志向の美女ではなかった。本作品で人気を独占している環境省の尾頭ヒロミ課長補佐(市川実日子さんが演じた)のような、化粧っけがなく、野暮ったいスーツを着た女性を現実の省庁内でよく見かける。

 また「シン・ゴジラ」に登場する官僚たちは若い女性を含めて、いかにも映画的な、きっちりとドーランを塗るメイクをしていないように見えた。このためアップのシーンでは、尾頭ヒロミを含めてシミやそばかすなどが目立った。このためまるでドキュメンタリー映画のように見えて、これもこの映画のリアルさを増している。庵野総監督やスタッフが極めて精緻に取材をした結果が活かされているのだろう。

コメント8

「「シン・ゴジラ」、私はこう読む」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック