• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

シン・ゴジラに見るテレビと映画の微妙な関係

2016年9月20日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

日経ビジネスオンラインでは、各界のキーパーソンや人気連載陣に「シン・ゴジラ」を読み解いてもらうキャンペーン「「シン・ゴジラ」、私はこう読む」を展開しています。
※この記事には映画「シン・ゴジラ」の内容に関する記述が含まれています。

 「シン・ゴジラ」の想定外ともいえるヒットは、かつて、やはり予想外の大ヒット作となり、業界の常識を変えた「踊る大捜査線 the Movie」を思い起こさせる――。映画、テレビ、ネットで映像コンテンツに関わり続けてきた境治氏が、この作品が映画ビジネスに与える影響を語る。

 日本の映画ビジネスを変えた!映画界の変わり目はあの作品だった! そう言える作品はいくつかあると思う。「シン・ゴジラ」は、十数年後に振り返っても、「あそこで何かが変わったよね」と言われる映画になるのではないか…

 などと大袈裟に言うわりに、私は正直、「シン・ゴジラ」にほとんど期待していなかった。生まれて初めて映画館で見た実写映画が1971年の「ゴジラ対ヘドラ」で、ゴジラには思い入れはあるものの、子ども心にもゴジラは子どもっぽく、ある時期からもう見なくなった。シリーズを止め、復活を2回繰り返した時も、見ようと思えなかった。

境 治(さかい・おさむ)

コピーライター/クリエイティブディレクター/メディア戦略家
1962年福岡市生まれ。東京大学文学部を卒業後、1987年、広告代理店I&S(現I&SBBDO)に入社しコピーライターとなる。1992年、日本テレビ巨人戦中継”劇空間プロ野球”の新聞広告「巨人を観ずに、めしが食えるか。」でTCC(Tokyo Copywriters Club)新人賞を受賞。翌年独立し、フリーランスとしてCM・ポスターなどの制作に携わり、トヨタ、JR、日立製作所、フジテレビなど多方面のスポンサーを担当してきた。2006年、長年つきあっていた株式会社ロボットの経営企画室長に任じられ、プロダクション経営の制度再構築を担う。2011年からは株式会社ビデオプロモーションでコミュニケーションデザイン室長。2013年7月から、再びフリーランスに。サイトはこちら、近著に『拡張するテレビ 広告と動画とコンテンツビジネスの未来』。ウェブマガジン「MediaBorder」はこちらから

 「シン・ゴジラ」は、エヴァンゲリオンの庵野秀明氏が総監督と発表されたことで、かえって「かなり独特のゴジラ映画になりそうだ。あまりイメージが変わっちゃうのなら、見たくないな」と思っていた。

 ところが7月29日の公開翌日、30日の朝Twitterを眺めると、初日に「シン・ゴジラ」を見た人びとが興奮したつぶやきを並べ立てている。ただならぬ雰囲気を感じとって、すぐさま映画館に駆けつけて、2時間後には、自分の先入観を超えた作品のパワーに打ちひしがれていた。「こんなゴジラもありなんだ!」その後、1か月が過ぎても頭の中の3割が「シン・ゴジラ」に支配され、9月15日の「発声可能上映」にも参加してしまった。

 おそらく、ここまでのヒットは誰も予測していなかっただろう。エヴァンゲリオン世代の30代は「庵野はゴジラをやってる場合か」と不満を募らせ、私のようなオールドゴジラ世代は「庵野が撮るゴジラなんて」と侮っていた。フタを開ければ60億を超えるメガヒットだ。

誰も想像できなかった

 誰も想像できなかった興行成績と言えば、思い出す作品がある。1998年公開の「踊る大捜査線 the Movie」だ。

 あの時も、誰もあそこまでのヒットを予測できていなかった。その前に、当時は、そもそも実写の日本映画がハリウッド映画を凌駕する興行成績を上げるなんて考えられなかった。私はコピーライターとしてポスター制作などで映画界を外側から見ていたが、「もう日本での映画づくりはなくなってしまうのではないか」とさえ危惧していた。

 若者たちからは、「日本映画はダサくて暗い」と思われていて、デートのネタにもならない。興行面でも、「Shall We ダンス?」や「失楽園」が宝くじが当たるように偶然ヒットしたが、それも配給収入が10億~20億円台(いまの興行収入と比べるには2倍すればほぼ正しい)で、他のあまたの作品は惨憺たる成績。「作っても損するだけなのだから作らなければいいのに」と外から見て勝手に思っていた。

 テレビドラマで人気だった「踊る大捜査線」の映画化に、当たるんじゃないか、当たるといいな、と映画界は期待した。それはあくまで「Shall We ダンス?」や「失楽園」のようにという意味で、配給収入が20億円に届けば万万歳というものだった。

 ところが公開初日。映画館に行列ができていた。それも若い人が多い。

コメント3

「「シン・ゴジラ」、私はこう読む」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長