• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

読者の皆様からのフィードバック

誰がアパレルを殺すのか アパレル企業を悩ませる“量産系女子”

レビュー

とても参考になった
 

61%

まあ参考になった
 

30%

参考にならなかった
 

8%

ぜひ読むべき
 

44%

読んだほうがよい
 

36%

どちらでもよい
 

18%

いただいたコメント

ご協力いただきありがとうございます。日経BP社は,読者の皆様からの投稿の内容につきまして,その信頼性,適法性などを一切保証いたしません。何らかのトラブルが発生した場合,日経BP社は一切,責任を負いませんので,皆様の自己責任においてご利用願います。

女子に限らず、量産系の若い人を見る機会が本当に増えました。
同調思考やファッションへの興味の無さが原因と思っておりましたが、情報過多で選べない・自信が無いとの理由もあるのは、確かになるほどと思いました。
アパレルに限らず、若者向けのマーケティングの際に参考になりそうです。(2017/06/19 16:46)

モノをコトと共に買うというのが、今のトレンドなんでしょうかね。
個人向けにファッションコーディネートしてくれる「パーソナルスタイリスト」という職業があるそうです。
コトが重視されるならば、店に縛られる販売員よりもそちらを選ぶ人が多くなるのではと思います。
お店に行く理由はネットでは分からない質感の確認や「発見」する為だと思います。
そうなると実店舗の役目はただのディスプレイになるのでは?

また今後、AI化されてアプリ化してある程度の服装の指針になる未来も来そうですね(私が知らないだけですでに来てるかも?)(2017/06/19 12:04)

約40年前、10才位年上の従兄弟から、シングルの紺ブレのお下がりを母がもらってきた。古めかしい紺ブレをどの場面で着ていいかわからなかったが、渋谷でデートをした17歳の時に、手元にあった紺と白の横しまのTシャツみたいなのと、ストレートのジーンズ、茶のローファーを併せた。ある物を寄せ集めて、なんとなく良かっただけで、古着の紺ブレにTシャツは誰もいなかったように感じたが、後の渋カジの定番になった。今でいうアメカジも僕としては40年以上続けているが、アメカジブームで恥ずかしくなった。チョイ悪おじさんファッションもブームになったので、チョイ良いおじさんにしようか迷っている。
海外生産だとロットの大きさが生命線になるから、右を見ても左を見てもユニクロっていう時もあった。和柄も好きだったが、しまむらが取り扱ってから、和柄おじさんが増えてしまって僕はコーディネートに苦労する。一見ファッションが豊になったようで、選択肢は少なくなったように思うし、小ロットの国産衣料は高くて手が出ない。ブランドへのアンチテーゼも浸透した。マイコーディネートしやすい環境になっていかないとダメと40年前の若者としては思うのだが。(2017/06/19 11:52)

"量産系女子"…迷彩の柄やエンジン音の違いで戦車や潜水艦の個体識別をするようなイメージですな。 そりゃ知識と繊細な耳目を持った玄人でなければ見分けが難しいし、小手先のお勧めでは撃破が難しそうだ。 とはいえエースパイロットの派手柄戦闘機も、悪目立ちしない戦車みたいなのもトレンドに関係なくずっと変わらずに居るよなぁとは思う。 ただ、エースパイロットの派手柄戦闘機タイプは明らかに新作よりも古着の比重が増えたようには見えます。(2017/06/19 11:42)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

すきま時間を活用できることに気づいた消費者は、時間価値をかつてないほど意識している。

松岡 真宏 フロンティア・マネジメント代表