• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「“アフリカの北朝鮮”では全国民が奴隷だ」

拷問から逃れた亡命ライターが体験したエリトリアの惨状

2017年7月11日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

様々な人種や民族の集まるロンドンや欧州各地などで出会った人たちの姿から、世界の鼓動や胎動を伝えるコラム。今回は亡命エリトリア人ライターの話。人権活動に従事していたが突然、逮捕・拷問された。その後、命からがら脱走し、国外に亡命。「アフリカの北朝鮮」とも言われる実態をリポートし続けている。彼が体験したエリトリアの惨状とは。

 サウジアラビアを始めとする中東4カ国が、カタールとの国交を断絶すると突然発表してから、およそ1カ月が過ぎた。中東で起きた外交問題が、アフリカ北東部のいわゆる「アフリカの角」に位置するエリトリアとジブチにまで飛び火し、思わぬ余波をもたらしている。2008年に勃発した両国間の国境紛争を、これまではカタールが仲介し、平和維持軍が衝突を回避させてきていたからだ。

 今回の国交断絶騒動で、エリトリアとジブチはサウジアラビアへの支持を表明。それを受けて、カタールは平和維持軍を撤退させた。ジブチは、エリトリア軍がその直後に係争地を占領したと主張。これにより一気に緊張が高まり、アフリカ連合(AU)が仲裁に乗り出す事態に発展している(7月6日現在)。BBCは分析記事で、両国間の軍事衝突は、エリトリアと長く対立してきたエチオピアも巻き込み、さらに大きな戦禍の火種となりかねないと指摘している。

 こうした軍事行動で犠牲になるのは、エリトリアの一般市民だ。現在のエリトリア軍を支えているのは、「ナショナル・サービス」という名の下、実質無期限の徴兵制度で働かされているエリトリアの一般市民である。複数の報道や調査報告書などによれば、一般市民がナショナル・サービスの劣悪な環境下で過酷な労働を強いられている。微々たる報酬で重労働を課され、国を逃れる人が後を絶たない。ここ数年、命がけで地中海を渡ろうとして溺死した多くの難民が、この奴隷のような生活から逃れようとしたエリトリア出身の人たちだ。

地中海を渡る難民の中には、多くのエリトリア人が含まれている(写真:ロイター/アフロ)

 エリトリアでは1991年まで30年間にわたり、エチオピアからの独立戦争が続いた。その後、解放戦線を率いたイサイアス・アフェウェルキ氏が大統領に就任。以来、野党や独立した報道機関が存在せず、しばしば国連や国際NGO(非政府機関)などが、深刻な人権侵害の実態を伝えている。事実上の独裁政権と呼ばれ、その圧政ぶりから「アフリカの北朝鮮」と揶揄されることもある。

 筆者はこの春、エリトリアに関するロンドンでの講演会で、国外に亡命中のエリトリア人ライターに出会った。国外から祖国の悲惨な状況を伝え続けているこの人物は、日本の人々にも現状を知って欲しいと、自らの体験を筆者に話してくれた。安全上の理由から「ムシエ・ハドグ」という仮名および、動画では顔を隠し、音声を加工してお伝えする。

コメント0

「ロンドン発 世界の鼓動・胎動」のバックナンバー

一覧

「「“アフリカの北朝鮮”では全国民が奴隷だ」」の著者

伏見 香名子

伏見 香名子(ふしみ・かなこ)

フリーテレビディレクター(ロンドン在住)

フリーテレビディレクター(ロンドン在住)。東京出身、旧西ベルリン育ち。英国放送協会(BBC)東京支局プロデューサー、テレビ東京・ロンドン支局ディレクター兼レポーターなどを経て、2013年からフリーに。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

定年後の社会との断絶はシニアの心身の健康を急速に衰えさせる要因となっている。

檜山 敦 東京大学先端科学技術研究センター 講師