• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

読者の皆様からのフィードバック

もしトランプが大統領になったら… 石破氏:「トランプ大統領」は豹変する

とても参考になった
 

67%

まあ参考になった
 

23%

参考にならなかった
 

9%

ぜひ読むべき
 

57%

読んだほうがよい
 

30%

どちらでもよい
 

12%

いただいたコメント

ご協力いただきありがとうございます。日経BP社は,読者の皆様からの投稿の内容につきまして,その信頼性,適法性などを一切保証いたしません。何らかのトラブルが発生した場合,日経BP社は一切,責任を負いませんので,皆様の自己責任においてご利用願います。その他,コメントに関する諸注意はこちらをご覧ください。

ひたすら泣き喚くマスコミと違って石破さんはさすがに冷静ですね。安心しました。
トランプ大統領の誕生はこれまで米軍に頼りきりだった国防について日本人がまじめに考える良い機会だと思います。マスコミや野党、「市民」団体が妨害しないことを望みます。(2016/11/10)

前回も石破さんのコメントは的を射てると感じてましたが、トランプさんはアメリカの経営者として成功を収めている人ですので、自分の意見に拘らず臨機応変に対応するはずです。ただ違うのは株主が国民となった事です。国防に関しては未知数ですが、トランプさんは同盟国という定義を主人に仕える「妻」としてではなく、共に戦える「友人」と見たいのだろう。アメリカ国歌のように。(2016/11/10)

あれ、石破さんは、日本の民主党の例を忘れたのでしょうか。知性と見識のない人がリーダーになると国を誤ると。少なくとも平気で暴言を吐く人に十分な知性があるとは思えないし、演技ならば詐欺師です。いずれにしてもまともじゃない。日本と違ってブレーンにかなりの優れものが集まるのかも知れれませんが、トップの力量を超える政治はできないのだと思います。途中で投げ出すこともあり得るんじゃないですか。(2016/11/10)

変化を求めてトランプに投票したのだから、そのトランプが豹変しちゃあ意味ないでしょ。(2016/11/10)

トランプ勝利を予想していた人がいないなんてことはありえない。それこそインテリの浅はかなところだ。私もトランプの過激な発言は嫌いだし、不安もあるが、結果は十分想定内。「信じられない」と言っているやつは現実が見えていなかったというだけ。これはマスコミの責任も大きいだろう。仮に投票率が100%近くになれば、クリントン勝利だっただろうが、選挙の実態を無視しようとした結果読み違えたということだろう。(2016/11/10)

素早い取材ですね。
トランプ氏の選挙戦略は随分と、特に女性に対してヘイトをまき散らしながら危ないやり方しているなとは見ていました。ただ、これまでの人物評が最低だったらこれ以上下がることは無く、これからの働き次第で見違えるようになるかもしれませんね。
今回の取材で出てきた情報からは、彼は今までの政治や軍の経験はなく素人臭い感じを受けていた言動の裏で、きちんと物事を考えているような期待を感じます。
就任後も選挙の時のような態度では話になりませんが、そうならないことを期待します。(2016/11/10)

今まで日本国家は防衛をアメリカに丸投げして、
日本国民は国家運営を政治家や官僚に丸投げしてきました。
その構図を一歩ずつ、少しずつでも、
今すぐできることから、変えていかなければならない、
ということだと考えます。

もう他の誰かに考えてもらうことも、
他の誰かに丸投げして、
結果を批判ばかりするような無責任は通用しない。
いつになるかはわかりませんが、
次の日本の国政選挙で、投票率がどうなるか。
それで日本の政治や、民主主義に対する覚悟が見えると考えます。
まずは、自分の足元をきちんと見てみることです。(2016/11/10)

安全保障に関しては、従来通り負担も増えず継続すると考えます。
【韓国やドイツに対して、経費を増やせなどと言えない】ならば、
日本にだけ負担を押し付けるのも、不公平な話ですから。

経済も一緒です。ドイツvsカナダの自由貿易協定のように
「下品な応酬」になるのは避けられないでしょうけど。(2016/11/10)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

もっと事業を効率化して、料金を下げて、消費者に貢献しないと業界はだめになってしまう。

和田 眞治 日本瓦斯(ニチガス)社長